<自分の花火を打ち上げる-1> 9月の活動Ⅰ(3/27号)

 2014年の冬季オリンピックが終わり、今度はパラリンピックが始まりますね。その開会式や閉会式では、いつも花火がセレモニーの始まりを告げる様に空間の演出として盛大に打ち上げられますよね。花火の歴史を調べてみますと、日本での現在の様な打ち上げ花火の登場は19世紀になってからだそうで、それまでは筒から火の粉が吹き出すだけだったとか・・・。いずれにしろ、夜空に明るく輝く光というものは、いつの時代でも人の心をワクワクさせるものの様です・・・。

 さて、今回の活動は<花火を打ち上げる>と題しましたが、「ドドーン!パチパチパチッ!っと音が聴こえる花火を描くよー!」に、子どもたちは勢いづきます。
 まずは沢山のアクリルえのぐを水で溶いて用意しておきます。「夏だけど春みたいに画面一杯にお花を咲かせてあげましょう!いい匂いがして来る様にいろんな色で自由に自分の花を描いて白い所をなくしてね!」で、ヨーイドン!
c0146127_1623152.gif

 画面がお花で埋まったら、その上から溶かしたロウで○や☆、渦巻きなど幾つか形を描きます。「これ水みたいだけど、さわるとぉ〜?」『あついー!』と子どもたちは分かっています。
c0146127_16304147.gif

 さて、まだ残暑厳しい中、クーラーも扇風機も停め、窓も閉めて電気を消したら1人ずつロウソクに火を着けて、画面の上にロウを溶かしながらたらしていきます。低い所からたらすと小さい丸に、高い所からたらすと大きな丸になります。火に炙られたロウが溶けてたれるのは、不思議な感じが面白い様です。
c0146127_16385492.gif

 火→花火?!となんとなく<花と火>で近づいた様な感じですが、まだです!次の一瞬の作業で、花火がうち上がります!「花火ってやるのはいつかな?」『よるー!』「そうだね!なんでかなぁ?」『暗くないと光らないからぁ。』「さっすがぁ!そうだよね。じゃぁこれからみんなの絵の上に墨を塗って夜にしちゃいましょう!」はじめは恐る恐る刷毛で塗り始めると、みんなの目が輝きだします。『わぁー、きれぇ〜!』
c0146127_1648514.gif

 そう!ロウの部分だけ墨がはじかれ、下のえのぐの色が浮かび上がります。今<ドドーン!>の段階なので、金色と銀色のえのぐを筆で飛ばして<パチパチパチッ>の音を加えます。
c0146127_16532222.gif

c0146127_17133255.gif

 小さい画面でしかお見せ出来ないのが残念です。本物は本当に音が聴こえてくる様です!

 小学生も、導入はほぼ同じです。スクリーンが2倍になります。まずは花を構成していきます。
c0146127_17182728.gif

 いろんな色があるので、自由に埋めていくだけでも楽しい活動。
c0146127_17233735.gif

 小学生にはロウを塗った所だけ花火のカタチになるって事を伝えておきます。それからロウでそれぞれ絵を描く様に塗っていきました。
c0146127_172419100.gif

 更にロウソクのロウをたらしていきます。自分に色をつけて火の玉小僧になっている子も・・・。さあ!墨を塗って夜にします。するとやはり、一様に歓喜の声!
c0146127_17281977.gif

 墨を塗った後に、更に音を加える為に、金と銀のえのぐを細かく飛ばします。
    宇宙の様にも見えますねぇ・・・。
c0146127_17323283.gif
c0146127_17325988.gif

 アクリルえのぐは発色も良く、重ね塗りが出来る特性が役に立っています。
     「ドドーン!  パチパチパチッ!」  聴こえますかぁ?!

          
  下は現在の夜の<火>ならぬ<花>です・・・。
         こちらは音は聴こえませんね。 
               暖かな今日、一段と春の香りがしてきます・・・。
c0146127_17594141.gif

[PR]

# by zoukeinomori | 2014-02-27 18:05 | 絵画 | Comments(0)

<夏の夜の一時・影絵で遊ぼう!>8月の活動ーⅡ (2/19号)

 いや〜全国的に降りました!ゲリラ豪雪といっても過言ではない・・・各地で多くの被害が出ました。こちら千葉市でも観測史上初めての積雪。土日と祝日だったのでまだ助かりましたが、雪かきのお陰で腰痛が復活・・・。本日2/19は二十四節気で言う「雨水」。雪が雨に変わり、雪どけが始まる頃・・・。先日ウグイスが鳴いている夢をみました。咲き始めた梅に本物のウグイスがやって来るのはもう少し先になりそうです・・・。

 すっかり寒々とした出だしとは裏腹に、今回は半年も前の真夏の活動のお話です。子どもたちの夏休みもあと数日、いつもより遅い夕方始まりで、今回は幼児・小学生一緒にやります。
 まずはみんなには紙の茶袋にマジックで自由に絵を描いてもらいます。あとで中にロウソクを入れて火を灯すことは伝えておきます。
c0146127_11421252.gif

 次を始める前に<影絵>についてのお話。小さな子でも幼稚園などで手で生きものの形を作ったのを見たことがある様で、「暗い所で光に当てると絵が出て来る」ことは分かっている様です。今回は大きな木に囲まれたアトリエの庭でやるので、テーマは「集まれ森の妖精・妖怪たち!」
みんなは既にワクワクイメージで一杯です。
c0146127_11551235.gif

 下描きをしたら厚紙に描いて切りとります。羽や手など動く部分は別に切って接合部分を穴あけパンチで穴をあけ、本体と割りピンでつなげて動く様にします。本体にもカッターなどで穴をあけて、裏から好きな色のセロハン紙を貼り付けます。
c0146127_124638.gif

 今回写真を撮る機会がないほど忙しく、途中経過があまりお見せ出来ず残念!
本体と可動の部分にセロテープや針金で割ばしを付け、操れる様にしておきます。
さて外は午後6時もまわり、薄暗くなってきました。クヌギの木と脚立に結びつけた白いシーツに映写機の光が当たると、まぎれもなくスクリーンの完成です!
                   スクリーンの裏に回ってちょっとやってみます。
c0146127_12134345.gif

 最初に絵を描いた紙袋の中に砂を入れてロウソクを立て、通路に並べてからロウソクに火を灯します。ぽっかりと優しい灯りが浮かび上がります。
c0146127_1218572.gif

 ここで<森の妖精・妖怪>の踊りにピッタリ来る、パーカッショニスト渡辺亮さんの血が踊りだす様なミュージック!      みんな自然に体が動きだす・・・。
c0146127_1227191.gif

 スクリーンからはなれて映写機に近づけると影が大きくなる・・・動かしていると、だんだん自分の妖精・妖怪が本当に生きて踊っている様な感じになって来る・・・! 
                                ギャラリーも大賑わい!
c0146127_12321796.gif

 闇と光と夏の空気と音楽と見たこともない生きものたち・・・
             この非日常は大人でもワクワクしてしまいます。
c0146127_12361191.gif
c0146127_1237349.gif

 興奮冷めやらぬうちにお開きとなりました。生徒さんたちが帰った後もウチの子どもたちが体で影絵をやってずっと遊んでいました。光のマジックは予想の付かない動く絵の世界。
c0146127_12414876.gif

 もしもフェイスブックをやっていらっしゃる方は<清水雄一>で検索して、2013年8月を見ると今回の動画が少しですが見ることが出来ます。

          半年経つと風景はこんなにも変わります・・・!
c0146127_12475296.gif

         同じロウソクの明かりでも、やはり温度が違いますよね。
c0146127_12495650.gif

      紅梅に雪が積もると、寒くても何だか嬉しい気持ちになる単純さ・・・。
c0146127_1255451.gif

[PR]

# by zoukeinomori | 2014-02-19 12:57 | special | Comments(0)

<咲き終わった巨大ヒマワリを描く>8月の活動ーⅠ(1/27号)

 あれよあれよという間に、1月ももうすぐ終わり・・・あと1週間で「節分・立春」まだまだ寒いですが、明日にもほころびそうな梅のつぼみに、今年の春の訪れを日に日に感じる今日この頃・・・。
 今年初のブログでした!
改めまして、新年 明けましておめでとうございます・・・。
 遅ればせながらのご挨拶で恐縮です。いつもご覧頂き有り難うございます。私用が増え、ブログを書く時間がなかなか持てなくなりましたが、引き続き子どもたちとの活動を紹介していきたいと思いますので、今年もどうぞよろしくお願い致します。

 今回は何とぉー、8月の真夏の頃の活動です!夏休みなので、流しそうめん大会のおまけイベントもやる事に・・・。朝からけたたましいセミの声と高い気温・・・真冬の今では何と懐かしい・・・。まずは流しそうめんの準備から。裏山から太い竹を切り倒してきて、ナタで半分に割っていきます。厚みがあるので案外、時間と体力が要ります。そしてセッティング。今回は初めて屈折にしてみました!                      これで準備OK!
c0146127_1012397.gif

 今回は<咲き終わった巨大ヒマワリ>がモチーフです。このヒマワリ、お隣のお庭のを戴いたのですが、もう8月に入った頃には沢山の種をつけて頭を垂れていたんです。元気に咲いていたのは7月の初め、そう!昨年はこの頃既に早々と梅雨が明け、猛暑日の続く異常気象だったんです!
 あまりの暑さ故に、ついに教室にエアコンを設置!今日が使用する初日・・・だったにも拘らず、ハプニング!いくらスイッチを入れても反応無し!某ヤ○ダデンキに電話したら「品物お取替えします!たまにあるんです。」との事・・・(怒!)午後の猛暑、教室内は体温越えなので、初の急きょ教室を自宅に変更!
 そんな事とは露知らずの子どもたち・・・まずその大きさと 重たさと びっしりついた種のヒマワリにワクワク!「じゃ、自分がヒマワリさんになった気持ちで描いてみよう!」
 自分の顔より大きい沢山のヒマワリを目の前に、どう描くのか楽しみ・・・。
c0146127_10463983.gif

 自分の中のヒマワリがクレパスで表現出来たら、ヒマワリの周りの空気や 風や 蒸し蒸しした暑さなんかを自分の絵の具で作ってあげよう!
c0146127_10565910.gif

下左)酷暑の中、咲き終わった花は種を残し、それを讃えるかの様にカブトムシが太い茎にしっかりとしがみついている。それぞれ表情の違うヒマワリからは大いなる時間と空間を予測させる生命観あふれる作品。
右)第一印象をストレートに現しているが、種の配置や枯れたガクなど、よく観て丁寧にに描き込んでいる。小さいヒマワリを描くことで、大きいヒマワリの大きさが強調されている。少し見える青い空がとても美しい。 すごいですね〜!2作品とも・・・圧倒させられます。
c0146127_11122020.gif

 時刻も3時を回り、暑さのピークも和らいで、いよいよオヤツ代わりの流しそうめん大会ー!
小学生たちもmyお椀を持って、食べる気満万!流しだすと手前の子が全部食べがちなので
「スルー!」と叫びながら流します。井戸水で冷たくなったそうめんはツルツル入る・・・。                   段差もウマく流れ・・・。
c0146127_11304710.gif

「流すのやりたいー!」お母さんにバトンタッチ! 楽しそうに流していると「たまにはミニトマト・・・」大受け!「次、グミいくよ〜!」やや受け。        ハシでとるのが難しい。
c0146127_11371956.gif

 お母さん、なにぃー?!調子に乗って柿ピーまで・・・もう手で食べる子どもたち。
                       最後尾、始末は私に任せて!
            4時を過ぎてもまだ食べている幼児・・・楽しんでくれてありがとう!
c0146127_11432366.gif

  4時半小学生の部、まだまだ暑いけど、体が慣れてきたのでいつものアトリエで活動開始。
        まずは皆でヒマワリまわし。重たくて汗が吹き出て来るー!
c0146127_1150371.gif

 小学生の目のつけ所は、大きさも然る事ながら、種の付き方。中には千葉市の科学館で見たとかで、種の配置の角度が黄金比の角度だとか・・・。
         初めて直視した子も、その種の並び方に目からウロコ状態に。
c0146127_11581063.gif

    ほとんどの子が鉛筆で描いていたので、出来たら枯れた感じを色で現します。
c0146127_1215437.gif

 細かく鉛筆で描いた種でしたが、枯れた感じに塗ったら見えなくなってしまったので、改めて白で表現。          みんなそれぞれ種の感じをどう描こうか、工夫しています。
c0146127_12112774.gif

 それぞれの重たくびっしり種の付いた枯れたヒマワリが出来ました!
          どれも時間の流れを感じさせる様な力作ばかり・・・!
c0146127_12152731.gif

c0146127_1215384.gif

 細かい種の感じが写真では伝えられなくて残念。下のヒマワリは沢山の色で種の凝縮された感じを良く醸し出しています。最後に本物の種まで貼り付けちゃいました。
c0146127_1220255.gif

 ヒマワリの種、食べだしたら美味しくて止まらなくなる子も・・・。
           「明日、トットコハム太郎になってるから・・・!」
 最後に差し入れのスイカをご馳走になって終了! 暑くも楽しい夏休みの一時でした。

 そんなだった庭も今の季節、毎朝10cm近くもある霜柱に覆われています。少し溶け出した時に足で倒すと、霜柱のドミノ倒しが見られるんです!キレイで面白い。
c0146127_12281868.gif

    梅の甘い香りにウグイスのさえずり・・・ 
        
              なんて待ち遠しい       春よぉ  こい  。
[PR]

# by zoukeinomori | 2014-01-27 12:34 | 絵画 | Comments(0)

<かかし大会!> 7月の活動ーⅡ ・その2(12/25 号)

 ブログを更新すると今回のから見る様になりますが、このブログは前回の
<かかし大会!その1> の続きですので、まずはどうぞ <その1> からご覧下さいませ。

 では続きの かかし作品のご紹介です。

左)年長Sちゃん「まじょのリリヤン」
       黒ずくめにマント!ほうきに乗ったイメージで、カワイイ!!
     右)2年Hちゃん「かかししみず先生」
              革靴まで履かせてもらって、感無量でございます。(涙!)
c0146127_12234733.gif

左)3年Mちゃん「アロハかかし」
       おじさんが着ていたアロハシャツだったかな?緑にハワイアンが映える!
     右)5年Kちゃん&妹 Aちゃん「うちのパパかかし」
            パパ大好き感に満ちあふれた温かい作品!ピンクの靴下が可愛い。
c0146127_12333022.gif

左)6年Mちゃん「恵みの雨よ降れ!雨ネコ カプチーノ」
  水源が心配されるほどの猛暑続きから、祈りを込めて作られた猫かかし。
                パワー絶大!この後、大雨がつづく事に・・・!
右)4年Tちゃん「男の子っぽい女の子」
       青いメガネをかけて、十分カワイイ女の子に見えますけど・・・!
                      このかかしは田んぼじゃない別の場所に・・・。
c0146127_13112333.gif

 田んぼではみんな、小さいアマガエル捕りに夢中。最後までずぅ〜っとやってた写真手前の子、握りしめてた手を開いたら、カエルがくっついて団子になってました!
   カエル団子・・・は1匹ずつ散っていきました。   みんなでカカシのポーズ!
c0146127_13175180.gif

               双子ちゃんのカワイイスナップ!
c0146127_13204092.gif

         設置完了!        これからしばらく頑張ってね、かかしくん!
c0146127_13222441.gif

 はい、ブログ<その1>の最初に試作として出てきたカカシはこちらです!
    今年の話題モノ「林先生」。
       下の2体はアトリエ近くのバス通りにある落花生畑に宣伝用に・・・。
c0146127_13275364.gif

 下は、8月14日です。もう稲穂がたれ始めています。
           鳥たちに「食べちゃダメ!」って言っているみたい・・・。
c0146127_13305357.gif

 9月3日です。もうすっかり稲穂も頭を垂れて金色に輝く頃を迎えました。
          幾多の雨風に耐えながらも、表情一つ変えずお米を守るカカシです。
c0146127_13353978.gif

 9月11日、いよいよ刈り取りの日です。午前中、小雨だったのでやる前に長い竹棒で露払い。
これをしないとコンバインにくっついて詰まってしまうらしい。
 今年のお米は、何となく一味違いそうに思えてくる・・・。
                       そして満足ゲな顔つきにも見えてくる。
c0146127_13423533.gif

 9月17日、役目を終えたカカシたちは、何だか魂が抜けてしまった様にも見えてくる・・・。
c0146127_13451082.gif
c0146127_13451889.gif

         林先生なんか、唇も白茶けて以前の様な生気がない・・・。
c0146127_1349887.gif

 それからしばらくしてっ撤去しましたが、今回の収穫の一つはあの田んぼ道を散歩される方々の多くから温かいお声をかけて頂いた事です。作った子どもたちが、どれほど本来のカカシの役割を感じたかは分かりませんが、現代人の原風景ともいえるあの気持ちの良いあの場に、一夏の間、作品を溶け込ませることが出来たことは、きっと、ドキドキ・ワクワクにつながったことと思っています。

 また、快く田んぼを提供して下さったり、お手伝いして下さる方達からも、反対にお礼の言葉を頂いたり・・・今度はうちの田んぼでもやらないかと声を掛けてもらったり・・・
来年以降も、町の中で広がっていけたら面白いなぁと思っています。

 さて、今年もいよいよ後一週間となりました。年の瀬感をなかなか感じないのはなぜでしょう?!
でも、庭の木々のつぼみは もうこんなに大きくなりました。絹サヤの芽もツルが出てきました。
季節は確かに春に近づいていますね。

 日本だけでなく、世界中の政治や経済の動向が気になります。
子どもたちが大人になった時に、「心の時代」になっています様に・・・。
c0146127_14173366.gif

 ご覧頂き、有り難うございました。来年もよろしくお願い致します。
                    
                       どうぞ良いお年をお迎え下さい・・・。
                        
                              管理者 しみずゆういち







   
 
[PR]

# by zoukeinomori | 2013-12-25 14:23 | special | Comments(0)

<かかし大会!> 7月の活動ーⅡ ・その1(12/25 号)

 なんとぉー! 平成25年、2013年もクリスマスを迎えてしまいました! 時間の流れの早さに唖然としてしまいます。世の中の事を考えると、不安材料がいっぱい有り過ぎて、どうしても眉間にシワが寄ってしまいますが、この時期、キラキラした子どもたちの笑顔を見られる事で小さな幸せを感じています。

 さてー、今回はなんと、猛暑だった7月の頃の活動のお話です!以前からずっと考えていた事が、やっと実現出来ました。<かかしづくり>です。というのも、かかしは作るだけではなく、その役割があるので、それを実行しなくては意味がありません。田んぼに来る、害鳥、害獣からお米を守る・・・というのは前提としてありますが、「田んぼ」と言ったら「かかし」という昔ながらの風景を、子どもの造形で大掛かりな空間としてつくってみたかったのです!

 まずは裏山で竹取りから。そして試作・・・ペットボトッルに布などを巻いて厚みを出し、防水するためにビニールで覆ってから着衣!何になるかはぁ 後ほど!
c0146127_10302560.gif

 今回は親子で造形ということで一緒に楽しみました。高学年の子は1人で・・・!
アトリエでも沢山の古着を用意しましたが、それぞれのイメージに合わせて、お家からも古着や小物など持参してもらいました。みんなやる気満々!まずは頭作りから。
c0146127_10374877.gif

 布である程度厚みを付けたらポリ袋を被せ、フワッとさせた新聞紙を中に入れて形にします。最後に白いTシャツなどを被せ肌用とします。首の所にはブニールテープ、頭の上はグルーガンなどで閉じます。大きなマッチ棒みたい!
c0146127_10451490.gif

 次は胴体ですが、散り掛かる前に最終的に着させたい服を、腕になる竹棒に腕を通して着させておきます。その竹を中心の竹と十字に針金でしっかり固定してしまいます。それからペットボトルや布などで厚みを作り、胴体の形にして上半身を作ります。
c0146127_1052058.gif

 上半身を作りながらだんだんイメージが膨らんで来ている様子・・・。
          何せ2m近くもあるので大変です。だいぶ人間らしくなってきました。
c0146127_10594621.gif

続いて下半身に・・・。ズボンを履かせてみたり、プチプチのビニールを丸めてストッキングを履かせてみ・・・途中で自分も履いて足3本で大笑い!       おぉ、この白い足は!?
c0146127_10563251.gif

 「人形は、顔が命」なんてCM がありましたが、やはり表情はけっこうその存在感を左右しますよね。  故に皆さんチョー真剣です。
c0146127_115958.gif

 何になるんだろう?! こ、これは人間じゃないな・・・。
                         折れた耳が特徴の英国の猫だとか・・・。
c0146127_118296.gif

 こちらはスズランテープで髪の毛作り。
              編み込みしたり・・・前髪と後ろ髪は別に作ってるんだぁ・・・。
c0146127_1111455.gif

 ムムム・・・ひげ面だ、どこかで見た事ある様な・・・?!髪の毛は黒い布をグルーガンで貼りました。襟足もカット!鼻の形は中に発泡スチロールが入っています。
                 お父さん床屋さんみたい!「ズボン脱げちゃったよー!」
c0146127_11164411.gif

 こちらは小4の子が作る「自分かかし」だそうで、友達に手伝ってもらいながらも
             1人で作り上げました!  立たせるのは1人では難しい・・・。
c0146127_11213945.gif

 下は、ビシッとネクタイ決めたお父さんの様でしたが、絵の具まみれがまた人間臭い。
     「のど乾いたよ!」 作業服のお父さん(?)には絵の具が何だかリアル!「楽しぃー!」
c0146127_11294753.gif

 それではいよいよ設置です!カカシは軽トラに積んで、みんなは歩いて田んぼに GO!
タイトルを書いた板も胸にぶら下げます。気の杭を大槌でゴンゴン!
               お父さんたちにお手伝い頂いて縄でしっかり留めていきます。
c0146127_1136560.gif

 7月21日・・・青々とした田んぼの稲から花芽が出てきた頃です。
 それではここから、それぞれの作品をご紹介!
左)年長Yちゃん「おてつだいまま」お掃除かな、お料理かな?何だかこれから始まりそう!
右)年長Yちゃん「かわいいスヌちゃん」ーピーをつけない所がまたいいなぁ!ナイスバランス!
c0146127_1148585.gif

左)年長Tくん「かかしさらりーまん」お父さん方には沁み入りそう・・・。
右)5年Nちゃん「ステキなかかし」ホントすてき!少女マンガから抜け出して来たみたい!
c0146127_11553442.gif


      一度に載せられる容量がフルなので、この後は <その2> へ続きます!
[PR]

# by zoukeinomori | 2013-12-25 11:59 | special | Comments(0)