<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<紙版で自画像いろいろ> 1月の活動ーⅢ・小学クラス (2/27号)

 分かってはいたけれど、やはり2月は早かった・・・。1月の終わりには梅のつぼみがだいぶ膨らんでいたので、2月の中旬には一斉に咲くんじゃないかと思っていたけど、未だ1割も咲いていません。思いのほか寒かったんだなぁと・・・。

 さて今回は前回の<幼児クラス>の内容と同じ「自画像」の小学生編です。テーマは同じですが、小学生に見合った内容で取り組んでいます。
 一応鏡は用意しましたが、見なくても自分がどんな輪郭の形か分かっている様で、画用紙にどんどん鉛筆で描いて切って貼っていきます。髪の毛もそれぞれ工夫して紙を貼ります。洋服にも襟やボタンなどを・・・。
c0146127_14401610.gif

 パーツが全部貼れたら、スケッチブックの画用紙を1ページ戻して、上からクーピーでこすり出し(フロッタージュ)をしていきます。筆跡が一定方向になる様に描くと、ゴチャゴチャ感がしないので、手首を上手く動かしてクーピーを同じ方向に塗る様にしてみます。何も無かった所にいろいろな色で顔が浮かび上がって来るので、みんな新鮮な驚き! 
      4年生の男の子はあまりの感激に「帰りにクーピー買ってもらおう!」って!
c0146127_14504417.gif

 フロッタージュができたら、アクリル絵の具のホワイトをインクとして、版にローラーして
色画用紙に刷ります。水加減が少ないと色画用紙が版にくっついてしまうので注意します。
c0146127_1455411.gif

 版画は2枚刷り、フロッタージュと版とで、3種類の自画像が出来て1回目は終わりです。
c0146127_14593746.gif

   目の形、眉毛の向き、口の形などで いろいろな表情になっているのが面白いですね。
c0146127_152149.gif
c0146127_1533467.gif

 ここから2週目です。版と版画1枚を更に手を加えて展開させていきます。これから使うのはアクリル絵の具です。まず版の展開で、顔と体の周り、つまりバックに好きな色3〜4色をたっぷりたらし、金ノコの刃をペインティングナイフにして塗り延ばしていきます。金ノコを使うとギザギザが面白い跡(マチエール)をつくります。更に割り箸ペンで引っかくと最初に塗った色が出てきます。
c0146127_15183964.gif

 次は顔と体、それぞれ基本2色ずつの絵の具をたらし、今度は金ノコの刃ではなく、ペインティングナイフを使い塗っていきます。目や鼻、口、髪の毛など版の段差が分かる様に、最後はナイフで絵の具を取る様にしておきます。
 ここでこの厚塗り絵の具を乾かします。昔の石油ストーブが乾燥にはスゴく役に立つのです! 乾かしている間に、紙版画の1枚にクレヨンで自由に塗り絵をし、新たな顔を作ります。
c0146127_1526231.gif

 乾いたら、ここで一度 顔のことは忘れて、色彩のバランスを感じながら、色彩構成遊びをやりす。 画面を横にしたり逆さまにしたりして・・・。 『え〜、自画像がぁ消えてしまったぁ!』
c0146127_15305537.gif

 でも大丈夫です!よく観ると紙版の形で顔や体が分かります。それでは肌の部分と洋服の部分とバックを絵の具で塗りましょう。バックは1色にします。一度ストーブで乾かし、髪の毛も塗ります。今回あえて<黒>は使わないことにしました。
c0146127_15471967.gif

 更に乾かし終わったら、下に塗った色が程よく見える程度に、ぬれ布巾で絵全体を軽くこすります。次にいよいよ表情を描いていきます。    目は白を塗ってから眼の色を塗ります。
                       眉毛は髪と同じ色の方が自然かなぁ・・・。
c0146127_15535313.gif

 最後に水っぽいポスターカラーのホワイトを絵の上に塗り、乾かしてからぬれ布巾で軽く拭きます。そうすると絵の具の凸凹がはっきりして、初めに厚塗りをしたことが活かされるわけです。
c0146127_1601654.gif

           これで、全部で1人4種類の自画像の完成です。
c0146127_1631357.gif
c0146127_1652621.gif

 いろいろな技法で<顔>を表現しました。絵の具を何度も重ねて描いていったのは、そこに時間を感じてもらいたかったからです。トータルで見てみても、やったことの経験がそれぞれの自画像に対して、想いの詰まったものになっていると思います。
c0146127_16125248.gif

 1つ1つ丁寧にやっていけば、作品は答えてくれます。
自分でいろいろな選択をしながらつくって出来た作品は、その人の分身となるのです・・・。
 
 今回の様に重ね塗りをするにはアクリル絵の具がもってこいの材料ですね。
[PR]

by zoukeinomori | 2013-02-27 16:24 | 絵画 | Comments(0)

<紙版で自画像いろいろ>1月の活動ーⅡ・幼児クラス (2/19号)

 昨日18日は暦の<雨水> 温かくなって雪が雨に変わる頃・・・なのに今日は朝からポツポツ降っていた雨が昼から雪にかわり、せっかく咲きかけた梅のつぼみに積もり始めました。でも、花はつぼみの頃の咲きそうな時が好きなので、そういう意味ではいいかも・・・。でも、寒〜い!

 今回の造形は2回続きの活動で、自画像をたくさんつくります。(幼児クラス)まずは紙版画の版づくりから。色々な道具や技法で表現していくことが<ねらい>なので自画像といえども似ていなくても良く、想像力を働かせて作っていきます。八つ切り画用紙を半分にして、そこに大きく顔の形を描きます。小さく描いた時は「外側にもう少し大きく描こう!」と。もう半分の方に体と首の部分を描いて切り取り、台紙に組み立てて貼り付けます。頭・首・体とあるパーツで、首の上に頭と体を置く様に貼ります。「さあ、じゃお顔には何がある?!」と次に作るものを言ってもらい、目・鼻・口・眉毛・耳を余った紙で作ります。目は白目の上に黒目の丸を貼って段差をつる様にします。段差を付けることで版画の時に形が出ます。
c0146127_14462389.gif

 顔と体を貼った台紙を使って、「福笑い遊び」をしましょう!やる子は自分の顔のを前にして目をつぶります。「見ちゃぁダメだよ!」隣りの子が『はな』『みぎめ』・・・と言いながらパーツを渡し、他の子が『もっと下!』とか言ってあげます。目をつぶっている筈なのに、ばっちり出来てしまう子も・・・(笑)
c0146127_14571914.gif

 福笑いで遊んだら、顔のパーツを良い位置に貼り付けます。髪の毛はあえて作りません。特に幼児の場合、作業的な内容が増えると、目的が違う方向に行ってしまい飽きてしまうことがあるからです。貼り付け終わったら、スケッチブックの画用紙を1ページかぶせ、クーピーで上からゴシゴシ色を塗っていくと顔の形が浮き出てきます。この時の注意として、クーピーはいろいろな色で同じ方向にこすった方が形が出易い。面積が大きいので、お母さんと一緒にやる・・・方が、自分の中での達成感が味わい易い。このこすり出しのことを<フロッタージュ>とも言います。

 次に紙版画をやります。アクリル絵の具の白をローラーで版に塗り、色画用紙に刷ります。
c0146127_15111775.gif

 ローラーしたら色画用紙をかぶせ、手の平で全体を強くこすります。剥がすとぉ じゃ〜ん!髪の毛を作っていないので、カワイイお坊さんの出来上がり!フロッタージュと紙版画で2種類の自画像。でもまだ後で髪の毛を描き足します。
c0146127_15205024.gif
c0146127_15215663.gif

 ここからが2回目の活動になります。自分の顔を貼った版を更に展開させていきます。ローラーした白絵の具が乾いた状態の版の上に、顔があることは忘れて自分の好きな色を心のままに塗っていって、白い所を無くしていきます。机の角に数色の絵の具をお店屋さんとして置き、スケッチブックを持ちながらそのお店を回って塗っていきます。
c0146127_15301100.gif

    まさに心象画!色でカタチを埋めていく描き方は、みんなとても楽しそうです。
c0146127_15374932.gif

 絵の具を乾かしている間に、2枚刷った版画の1枚には、クレヨンを使ってぬりえ感覚で自分の顔を現していき、髪の毛も描きます。前回やったフロッタージュの顔にも髪の毛を描き足します。
         「ワァー!どんどんいろんな自分が出来てきたねぇ!」
c0146127_1543463.gif
 
 さて絵の具が乾いたところで、紙を貼った顔と首の形のところにペールオレンジ(肌色)を塗り重ねます。体とバックにも1色ずつで色を塗り重ねます。ここでまた一旦乾かし、髪の毛を描き、目や眉毛、口も絵の具で描きます。
c0146127_15503655.gif

 髪の毛の無かった紙版画の頭にも白クレヨンで髪を描き、全部で4種類の自画像の完成です。
版に絵の具で描いた顔は、薄らと下地の色が見え、たくさん手を掛けて作った感じが分かります。
c0146127_1557893.gif
c0146127_15582968.gif

       たーくさん作ったね! 全部自分だけど、どの自分が一番好き?!
c0146127_15593088.gif


  毎日の様にえのき茸の様な霜柱が立つものの、シジュウカラやジョウビタキ、メジロ等の歌声が「春はすぐそこ〜♪」って言っているみたい・・・。梅の開花も秒読み・・・!
c0146127_16223589.gif

      と思っていたら・・・細かい雪が今もまだ降り続いているぅ・・・!
c0146127_16244533.gif














 
[PR]

by zoukeinomori | 2013-02-19 16:25 | 絵画 | Comments(0)

<えがきぞめ> 1月の活動ーⅠ (2/7号)

 節分、立春と暖かな日が続き、雪もちらほら降ったものの春が近い感じがしてきました。昨日、鉢植えの紅梅が一輪花を咲かせました。去年ウメとサクラと一緒に花見をしたなんて、ウソみたいです。

 さて今回は年の初めの活動、<描き初め>です。幼児クラスでは自分が思う<今年の一文字>を絵として描いていきます。下画像、男の子が選んだのは「や」でした。けして<嫌>の「や」ではありません。自分の名字に付く字だからだそうです。まず鉛筆で画面に大きく書いたら、その上に<今年の初めの色>1色選んで、字の上にたらし筆でイイ形に太くしていきます。
c0146127_1704197.gif

 次に<今年の色>2・3・4・5番目までを選び、字の周りに出したら、ペインティングナイフで白い所を塗り埋めていきます。ケーキの時のクリームの要領で・・・。
                           色が混ざった方がオモシロイですね。
c0146127_1761236.gif

全体が塗れたら、ストーブの前で乾かします。「や」にもっと気持ちを入れるためにもう1色、 
これ!と思う色を字の上に出し、筆の尻で塗り延ばして形を作ります。厚塗りの絵の具の凸凹が分かる様に白絵の具を更に塗ってから、軽く塗れ布巾で拭きとって完成です!今年の<一文字>
c0146127_17324126.gif


 小学生の描き初めは<今年の漢字>一文字と、<自分のフルネーム>をひらがなで画面に配置するところから始めます。鉛筆で画面の中心に漢字を書いたら、その周りに名前を書きます。それぞれの字の端の部分同士を自由曲線でつなぎ合わせていきます。すると字も線の一部となって意味が隠れていきます。今度はその線の上を色を選びながらクレヨンでなぞっていきます。
c0146127_1883694.gif

 線の太さや質感を変えるために、絵の具も使ってみます。すっかり字は隠れ、見た目はパズルの様な感じに・・・。             具体的なものが出てきたりするのがまた面白い。
c0146127_18122621.gif

           出来た空間を、思いのままに色で埋めていきます。
c0146127_181526.gif

名前や漢字が一体どこにあるのか、全く分からなくなりましたが、思いもよらぬ絵になりました。
        改めてみんな人の絵の中に、漢字や名前を探してみてみます・・・。
c0146127_18232090.gif


c0146127_18243781.gif

画面の中に1ヶ所、黒クレヨンのところを作り、<今年の漢字>についてのコメントをスクラッチで書いているのです。例えば<翼>という漢字にした作者は『今年は最高学年という広い空をだれよりも高く翼をもって羽ばたこう!』 なんて! それぞれが想いを込めた<描き初め>です。
c0146127_18532332.gif

 鏡餅を割った訳ではありませんが、毎年恒例のおしるこ会です!
             みんな結構な食欲で、お餅の追加が重なります!
c0146127_1904010.gif

 甘〜くて、温かい おしるこ。お腹の空いた子どもたちには、もってこいのおやつでした!
                            ちなみに私は1杯で胸焼け・・・。
c0146127_1951640.gif

 
    春のたより
      初咲き 鉢植えウメ一輪・・・ と  庭の八重紅梅のつぼみたち 。
c0146127_1991673.gif

 アトリエの北側に見つけたフキノトウ  と 紅い新芽を付けたモミジに光るしずくたち 。
c0146127_19125488.gif

                      自然の循環に 感謝  ・・・ !
[PR]

by zoukeinomori | 2013-02-07 19:22 | 絵画 | Comments(0)