<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

<巻貝と海のお友達> 6月の活動 - No.2(6/27号)

 梅雨まっただ中でいい筈なのに、なんて爽やかな空気・・・夜の涼しさには
「秋か?!」と思ってしまうくらい・・・。
アジサイは長もちだからいい。夏までをつなぐ彩りの花。道端のフヨウも華やかで愛らしい。このフヨウの花が一番上まで咲くと梅雨明けってことらしい・・・。

 さて今回はカタツムリならぬ海の巻貝を描きます。幼児には造形的な面白さの貝をクレヨンと自分の絵の具で作っていく活動です。前に富津で拾ってきた<ツメタガイ>という直径 6cm くらいの巻貝を机の上に置いておくと、子どもはめざとく見つけ耳に当てます。ゴォォォォ〜『波の音がする!』やった事のない子も、恐る恐る当ててみると『ほんとだ!』って。それからみんなにはもっと小さい<ナガラミ>という(以前私が食べた)巻貝を渡して「海の中にいる このグルグル巻貝を大きく描いていきましょう!」ということで中心からグルグル描いていきます。小さかったらもっとグルグルの線を延ばして大きくします。
         ここまで!と決まったら、すてきに色で塗ってあげましょう!
c0146127_16181433.gif
 下左の男の子はサザエが頭に残っているのか、両手使いで勢いよく模様が貝から飛び出します。今回は自分の絵の具の道具を使います。「海の色1色と白をパレットの大きなお部屋に一つずつ出しましょう!」「今度は筆に水を付けて、お父さん指とお母さん指でギュッとしぼって絵の具の上にたらすのを3回ずつやりましょう!」初めて使う子もいるので、ここは丁寧に! それぞれ1本の筆で水とよく混ぜたら、2色の絵の具を混ぜてみます。「さあ、貝の周りを塗って海の中にしてあげよう!」
c0146127_1634576.gif
「今度は貝の中を塗るので、3色の色を選んで、また1色ずつ大きなお部屋に出しましょう!」今度は3本の筆で同じようにやります。塗り方は好きにやらせます。色を混ぜるも良し、手で塗るも良し・・・。海の中らしく泡を指先でペタペタ・・・!
c0146127_1641124.gif
 鮮やかな貝が出来たところで、別紙にクレヨンで貝のお友達を作ります。切り取って輪っか状の土台に付けて、少し浮かせて画面の好きなところに貼付けて完成です。             色に加えて、カニの表情が雰囲気を作ります。
c0146127_16444963.gif
 下左の泡は海の底から沸き上がってくる様・・・。右の子は沖縄の海だそうで、グリーンを使っています。サメとエイが泳いでいます。
c0146127_16481733.gif
 自分の選んだ絵の具を塗ったり混ぜたり・・・
        これからは濁った色になる経験も沢山させてあげたいと思います。
 
 小学生は、海の中を立体的に作ります。まずは底になる材料切りから。大まかに線を引いておいたシナベニアを1人ずつジグゾーで切っていきますが、みんなで押さえ合ってとても協力的! 1年生も頑張りました!
c0146127_16572169.gif
 つづく・・・
(私事ですが、6/27 夜中までかけて書いたこの後のブログの続き、最後の最後に東電の株主総会のニュースを見てからコメントを書こうと画面を替えたら、二度と戻れなくなってしまい・・・無念の日を2日過ごし、やっと再起致しました!(泣・笑) )
 
全員が切り終わったら、紙ヤスリでバリを削ります。次に後で針金を立ち上げるための穴を板の端の方に8個くらい開けておきます。ボール盤でこのくらいの穴あけは、もうみんなお手の物!穴が開いたら、海の中や底をイメージした絵を絵の具で描いていきます。
c0146127_1155812.gif
 ツメタ貝の殻をそれぞれ2つずつあげ、ヤドカリのお話。みんなにはその貝を宿として、自分で考えた生き物を粘土で作ります。貝の図鑑を見たり、カタツムリや人魚などそれぞれ考えます。今回使う粘土は<カラーふわふわ粘土>なるものです。残った粘土で、海中に泳がせる生き物も作ります。
c0146127_11205147.gif
 ねんどの生き物が出来たら、一辺をくるっと丸めた針金の先を板の穴に通し、板裏からガムテープで固定します。穴の数だけ針金を立てたら、先端を少し曲げてからバランスを考えて、粘土の生き物を差し込みます。粘土が足りなくなった分は、和紙に絵を描き、中に少しティッシュを詰め<どら焼き>状にしてホチキスでとめた生き物を追加します。下右の作品を見ると紙で作ったカメの方が目立っていますが、実際は粘土の立体の方が存在感があります。
c0146127_11402255.gif
 下左のは、貝から花が咲いている様な新種の生き物!? 粘土が出来たら針金に固定する前に、底板にクズ貝殻でデコレーションするために、ボンドを出します。ボンドを出した上からドサッと貝殻をかぶせ軽く手で押して、新聞紙の上に戻すと、出したボンドの上にだけ貝殻がくっついているという訳です。
       最後にツメタ貝の生き物にもボンドを付けて、海底に固定して完成!
c0146127_12203626.gif
 このふわふわ粘土、一気に作った子は上手くいっていますが、あれこれいじっていると、だんだん粘性がなくなってボロボロしてきて形になりにくくなるんです。諦めて紙だけで作る子も・・・。
c0146127_1238897.gif
        複数つなげると、賑やかな海の中になりました。
c0146127_12402688.gif
 限られた時間の中で、いろいろな作業工程がある中、集中しながら自分のイメージを展開させていくみんなの力は「すごいなぁ」と感心します。
c0146127_1248148.gif

みんなユニークな作品が出来ました!
         ジオラマの様な造形は、3次元的感覚を刺激します・・・。

 
 下画像、最近のアトリエ周り・・・。 生き物2つに、植物3つ。

 1.2m 位のアオダイショウを見つけ、はしゃいで戯れていたら左手親指を噛まれ出血! 歯は硝子の様に鋭いんだとか・・・。毒がなくて良かったぁ。/ひょうきんな顔をしたナナフシの動きはカクカクしてロボットみたい。/もう出て来ないと諦めていたので、雑草の中にポツンと咲いた白の花菖蒲を見つけて感激!/今年はいつになくこの赤いアジサイが盛況です。/向かいの家の畑にはもうコスモスが!秋桜とは名ばかり。
c0146127_12593710.gif
 下は 6/20 台風一過の翌日の夕焼け。
             あまりの美しさに言葉をなくした20分間・・・! 
 <自然現象> とは 人間がその結果を体験して、あれこれと「物思う」のであって・・・
c0146127_13331285.gif


夕焼け ・・・ 虹・台風・地震 ・・・とか、オーロラ・地形 ・・・
                  星が丸い事 ・・・その位置 ・・・
そして、ものの存在 ・・・。
 よくよく考えれば、その因果は物理的自然(宇宙)の法則という事・・・なんだろうなぁ。
 地球というこの星の上で、ここ100年足らずで人間がやってきた事、これからやろうとしている事も、森羅万象 ・・・ すべては宇宙の摂理 ?! 
生き物は、<海>から生まれた。その現象への想いを胸に、自分が生を受けている意味を考えつつ ・・・ 生きていきたい  と思うのです。


 
[PR]

by zoukeinomori | 2012-06-27 16:59 | 絵画&立体 | Comments(0)

<オリジナルレインコート & 傘でファッションショー>           6月の活動 ー No.1 (6/23号)

 台風4号、すごかったですね。6月の台風、翌日の真夏日・・・じっとり雨の梅雨は何処に、という感じです。
 
 さて、6月初めの活動・・・季節柄 <梅雨を楽しく過ごしましょう!> をモットーに、自分の傘とレインコートを作ります。「春と夏の間の、雨がたくさん降るこの頃にね、3月に咲いたウメの花にたっくさん実がなるんだよ。」などと、<梅雨>の話をしながら、<雨>から思い浮かぶものをみんなに言ってもらいます。
『ながぐつー!かさぁ!かたつむりー!かえるぅ!・・・』
だんだん雨の雰囲気に・・・。そしてまず、レインコートづくりから。
黒のポリ袋に頭と両腕が通るように切り込みを入れておいてあげます。ここで、カエルが楽しそうに遊んでいる絵を描いたサンプルを私が着てみると、みんなの歓声! さあ!自分が着るレインコートに沢山絵を描きましょう! 今回はビニールに描ける専用の絵の具6色を使います。「筆の色が混ざっちゃったら教えてね!」と注意。
c0146127_9541931.gif
 だいぶ筆にも勢いがついたところで、お次ぎは透明な傘です。傘いっぱいに、どんどん描いていく子、骨と骨の間の三角スペースにじっくり描いていく子・・・。
いつもの画用紙とは違う 素材・色・空間に描く面白さと不自由さ・・・。
c0146127_10365144.gif
 透明だった傘が、色でどんどん賑やかになって、楽しい音楽が聴こえてきそう!                   内側からおなまえ描いてみよう!
c0146127_1042820.gif
 早々出来上がった2人は外に乾かしに・・・大きなパラソルの周りを楽しそうに踊っていました。  
さて!いよいよ今年の<キッズ・梅雨モードファッションショー>の始まりです! 絵の具を乾かしたレインコートを貫頭衣の様に着て、傘をさしたまま1人ずつ出て来て、お母さんたちにお披露目です!
c0146127_105423.gif
 それぞれモデルさんになり切って、なかなかの見せっぷり! みんな、あまりの可愛らしさに、このまま舞台に直行してもいいくらい・・・! 
 幼稚園にはこの格好で行きたい!・・・と言っていた子もいましたが、ん〜これはお母さんの勇気次第かなぁ?!
c0146127_11183022.gif

 小学生も導入はほぼ同じです。さすがに小学生は<梅雨>から連想されるものも、いろいろに広がります。まずはレインコートづくりから。ポリビニールをそのまま渡して、切り込みを入れるところを教えます。中には逆さに切っちゃう子も。いよいよ着彩。自由に筆を動かす子、イメージを形にしてみる子、それぞれに・・・。
c0146127_1128505.gif
 <身にまとうもの>としての意識はそれぞれにある様で、<自分が雨の日に着たいものを作る>というのが、いつもの絵画活動とは少し違う楽しみがある様でした。
小学生には 橙・黄緑・ペパーミントの3色を追加の9色で。
c0146127_11362934.gif
 塗り終えたレインコートは外で乾かします。いよいよ傘です。小学生には傘の内側から描く事を勧めました。あとで外側から色を重ねられるから・・・。やはり三角スペースに1つずつ絵を描いていく子と、傘全体にデザインしていく子と半々です。
c0146127_11453229.gif
 下左から/アートに詳しいS 君は表からリンゴを描きました。このリンゴ、ただのリンゴじゃありません。<セザンヌのリンゴ>だそうで、内側から葉を描きました。実は内側の方が机にぴったりつけて描けるので、塗り易いんです。右の虹色を全面に内側から塗った子は、外側からいろいろな絵を虹の上に載せていきます。
c0146127_11533497.gif
 さて、それでは1人ずつ登場してもらって、ファッションショーの始まりです!
はじめはみんな恥ずかしがっていましたが、ビデオ(動画)を回すとそれなりに
なり切りポーズ!
c0146127_1253940.gif
c0146127_126938.gif
c0146127_1262069.gif
c0146127_1263138.gif
 世界に1つだけの梅雨グッズを作った デザイナー兼モデルのみなさん、それぞれに自信ありげ! 後日聞いた話、海賊ルックの男の子はこの傘をさして学校へ行ったそうです! Oh ! great !  想像すると、楽しい雨の日になると思うのですが・・・。部屋の天井から広げて飾っておくのも面白いです。幼児のも動画も撮ったので、そのうち技術が伴えば ブログに載せたいと思っています。

 6月21日は<夏至>でしたね。その日は某短大の保育科の授業のある日。学生60人近くに訊いて、知っていたのは 2人だけ・・・。将来 保育士さんになったら、是非とも子どもたちと季節を感じながら生活してほしいものです。もう1日ずつ昼が短くなっていると思うと、ちょっと淋しい気もします。
 下画像は、6月20日 台風一過の朝。まるで南の島の真夏の空の様! わぁ〜、フジ棚 倒壊! アシナガバチの巣を取ってみたら・・・!「ど、どうしよう?!」
c0146127_12354186.gif
 下は<木漏れ日>を撮った<光と陰>の部分。
     光によって現れる形 と 陰によって映し出される形。
虚と実。 月と太陽。   ポジとネガ・・・
           比喩は色々あるけれど、実体があってこそのお話。
c0146127_135077.gif

青いお空のそこふかく、海の小石のそのように、
      夜がくるまでしずんでる、昼のお星はめにみえぬ。
         見えぬけれども あるんだよ、 見えぬものでも あるんだよ。
                               (金子みすゞ)
 イマジネーションは、与えられて育つものじゃぁないかと・・・。
          目を閉じてもアンテナがあれば見えてくるものもある・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-06-23 13:10 | 絵画 | Comments(0)

<青竹筒で自分の木> 5月の活動 ー No.3 (6/14号)

 長袖が必要な肌寒い日だったり、今日の様に日差しまぶしい暑い日だったり、この時期落ち着きませんね。 娘の小学校は 6/8 にプール開きでしたが、水温+気温が  50℃にならないと入れないので、いつになったら入れる事やら・・・。今日は電車に揺られて横浜の方まで行ってきましたが、線路沿いのアジサイが見頃でした。

 さて今回は新緑が深緑になる前のまだ緑 鮮やかな 5月の終わりの頃の活動。アトリエの窓から外を見ると、いろいろな色の<みどり>が た〜くさん見えるんです。
「今日は自分の木を作るから、外に行って葉っぱを沢山集めて来よう!」 みんなでアトリエの周りを散策。「この葉っぱは触るとカイカイになるから触らないでね!」と、ウルシ系の植物には注意を払って、命だからごめんね!って言いながらハサミで切って入れ物に集めていきます。教室に戻ったら、和紙にクレヨンで葉っぱを見ながら好きな色で描いていきます。「葉っぱを透かして見ると、骨みたいな迷路みたいな線があるねぇ!」と、興味を持たせます。
c0146127_17371819.gif
 5枚以上作る事にして、描けたら3種類用意した緑の絵の具を 葉っぱが喜ぶ様に塗っていきます。乾かしている間に次の作業。まずは竹筒の 印のところ 10 カ所にボール盤で穴あけ。一緒にやってあげて、初めての子も怖がらずに出来ました。
c0146127_17471162.gif
 絵の具が乾いた葉っぱをハサミでみんなが切っているうちに、竹筒に開けた穴に70cm 位の針金を順番に通していきます。外に出たところで輪っかを作りながら通していきます。その輪っかの上側にボンドをつけて切った葉っぱを貼っていくと・・・
c0146127_1756168.gif
 新緑の自分の木が出来ました!葉っぱが余っている子は、細い竹にも葉っぱをつけて竹筒の上に差し込んで、更に空間を作りました。
               さいごにみんなで持って、「大きくな〜れぇ〜!」
c0146127_1814294.gif

小学生には、まず自分の木を作る事を告げて、葉っぱを作るための材料づくりから。緑色の絵の具の種類をもう2色増やして5色を使って、和紙に形で画面を埋めていきます。出来たら青竹を分け、自分のが分かる様にマジックで好きな絵や模様を描いておきます。
c0146127_1893778.gif
 ここで新緑集めに出発!西陽に葉が透けて輝いています。下中の写真の子は、
くっつく種<ヤエムグラ>をお腹に付けて楽しそう!
教室に戻ったら、サインペンで画面にいっぱい葉っぱを描きましょう!
c0146127_1815294.gif
 緑のどの部分にどの葉っぱを描こうか考えて・・・。ペンの太さを変えたり、中には葉を下に置いて鉛筆でこすり出しを始める子も。和紙ならでは。葉が描けたら、ハサミで切り取っておきます。 次にノコギリで竹を斜めに切って3つに分けます。
             押さえてあげれば1年生でもガンバって切れるんです!
c0146127_23282017.gif
 切った竹は屈折させて立つように配置を考えて印をつけておきます。次に針金を通す穴を上2つの竹に12個くらいずつ開けます。1年生でも一人で出来ます。(経験者ゆえ)あいた穴に針金を通して、外に出たところに余裕を持たせて次の穴に通していきます。余分に出した針金をねじって、輪っかを作ります。
c0146127_23561379.gif
 筒の上の2個に針金の輪っかが出来たら、屈折の位置を確認しながらグルーガンで接着します。直径が大きくて、もたもたしていると冷めて固まってしまうので、お手伝いが必要でした。
c0146127_014278.gif
 仕上げです。輪っかの上側にボンドを付けたら切り取った葉を付け、下側からセロテープで固定します。バランスを考えて・・・。
c0146127_051162.gif
 完成です!いろいろな行程がありましたが、如何に新緑を構成させるか・・・
という課題を形にしました。
c0146127_09737.gif
 たっぷり時間を掛けて作っただけに、みんな満足そう・・・。
c0146127_011373.gif
c0146127_012255.gif
 時間が経つと、青竹は色あせてきてしまいますが、みんなの葉っぱはずっと新緑です。

 この日は、このブログを見て下さって実際の活動を見たいという、ご自分でも小学生に造形を教えていらっしゃる方が、はるばる浦和の方から来てくれました。大変熱心で、写真を撮ったり、メモを取ったり・・・。小学生の活動の時は手伝ってもらったりして・・・。ご本人も絵描きさんの様で、<作品=自分>の意味にうなづけた様子でした。 お陰で、ブログを作っている甲斐を感じる事が出来ました。


 <梅雨の風景>

「葉のしずく」 下左)まだ出てくる藤の新芽のしずく                         下右)南天の葉だけは いっぱいの盛り上がったしずく
c0146127_0195160.gif
 下左)見えるでしょうか、雨に濡れたクモの巣。中)巨大左巻きマイマイ 
            右)色づき始めた頃のアジサイは宝石のように輝かしい。
c0146127_0241633.gif

 















 
[PR]

by zoukeinomori | 2012-06-14 18:22 | 立体 | Comments(0)

<5月の花と香りを描く> 5月の活動 ー No.2 (6/9)

 講師をしている足立区の中学校は、今日が体育祭でしたがあいにくの天気・・・。娘の小学校では、昨日がプール開き。気象庁の予測では 6/8 、昨日が梅雨入りです。なので、何だか季節感がないなぁ・・・と思ってしまいます。田んぼの稲とオタマジャクシはすくすく育っています!

 今回は、この時期 毎年の様にやっている花を描く活動です。まずは、5/6 に東京方面から来てもらった、以前の教え子家族とそのお友達家族。もうすっかりみんな いい大人になりました! お昼前に着いたので、竹筒水さん(5/5 のリベンジ!)&焼き竹の子。竹の子は着いて早々、お父さんが桑を担いで裏山へ。みなさん 日長のんびり待ちます。前日の竹筒は水が少なかったので、たっぷり入れたら、炊き上がる前に筒の両脇が焼けて・・・! 結果、焼き竹の子もご飯も美味しく戴けました!
c0146127_102430.gif
 昼食も終え、活動開始です。外で5月の空気を一杯深呼吸してもらってから、画用紙にそれを表現します。刷毛でたっぷりの水を塗ったら、香りが広がっていく様に好きな色をたらしていきます。だいぶ強い色になっても、タオルを当てて水気を採ると程よい淡い感じになります。乾かしている間に、アトリエの周囲に咲いている花を採取してきました。前日、こどもの日スペシャルの昨日の今日で、花の種類は同様でしたが、まだ咲いていたツバキを採って来た人も!
c0146127_10172630.gif
 淡い香り漂う絵の上に、黒のコンテで自分のお気に入りの花を描きます。基本は一輪を大きく描く事にしてありますが、思いのままに・・。黒い線で作られた花たちは皆、それぞれ存在感があります。花を見つつ、絵の具で着彩していきます。タオルで拭いては色を重ねて、どんどん変わっていくのが見ていて面白かったです。
c0146127_10254485.gif
 下はクレマチスとシャスターデイジー。
      <花が咲いている> ことが素直に表現されていると思います!
c0146127_10302622.gif
 下左上は、葉っぱも含め採って来たものを全て描かずにはいられなかったようです。その下の作品は、一見花には見えませんが、たくさん集めて来た花や葉を机の上の置くと、色とりどりで、こんな感じを得たのでしょうか。作者は目をキラキラさせて絵の具を置いていました。右上の作者は、クレマチスと沢山のシャスターデージーを何度も塗り替えながら描き上げました。その下の作者は、十数年振りかで絵筆を握ったという、私に年が近いくらいの方で、以前は漫画を描いていたそうで、感覚が甦って色が目覚めた様な花でした。
c0146127_1053284.gif
 以下は 5/14 いつもの教室の活動で、まずは幼児から。
 同じテーマなので、言葉の言い回しは多少違うものの、導入の内容は基本的に同じです。アヤメやヒナゲシも咲きだし、少し花の種類が増えました。
c0146127_1171368.gif
 迷いのない力強い線が気持ち良い。「花びら何枚だっけ?」と言われ数えたら・・・『8まい!』下右の花の右側にある小さな形は花びらを足したもの。
c0146127_11122712.gif
 下左は対象に近づけようとして、よく捉えています。右は感覚的に捉えた<花>に色を塗る行為を楽しんでいます。
c0146127_11183663.gif
  お次ぎは小学生。 コデマリやヒニチニチソウもプラス。
                      それにしてもクレマチスは長もち!
c0146127_112215100.gif
 小学生ともなると、パレットで色を混ぜて同じ色づくり! 
                  ・・・や、重ね塗りで深みを出し・・・。
c0146127_11262787.gif
 『雌しべの毛の生えた感じは細い筆でっと!』
             『花や花びらもきれいだからボンドで貼っちゃえー!』
c0146127_11321080.gif
 下はクレマチス。それぞれにクレマチス!上の写真の、たくさん咲いているのと同じ印象を与えられます。
c0146127_11333978.gif
下はアヤメを上から捉えたもの。細かい模様の描き方にオリジナリティがあります。
c0146127_11374814.gif
 下左上は誰も描いていない絹サヤ、ヒナゲシ、アカバナユウゲショウ、デージーが描かれ、クレマチスの花びらでアクセントにしています。その下はアヤメを横から描いたもの。しっかりとした存在感は地面を感じさせます。右上のヒニチニチソウ、重なった構成が華々しさを感じます。その下のデージーは、空色を加えた事で、デージーの佇まいを感じます。
c0146127_11492522.gif
 4才から40代まで、それぞれが花になって、香りを放った様でした!

  
    <出逢い・・・>   下左から
・玄関の前にいつしか大きくなった植物で、葉の形から、ずっとアジサイだと思っていたら思いもよらぬ白い花が咲き、だんだんそれが赤くなっていくのです。さんざん調べたら「箱根ウツキ」と分かりました。なんで生えたかなぁ?!
・娘が見つけて来た変な生き物。身体はまるでウナギみたい! 足が8本あったのでクモで検索したら、ありました!「オナガグモ」と言ってクモを食べるクモだそうです。
・ジムグリ・・・だとばかり思っていたら<ヒバカリ>と判明! 無毒の大人しいヘビです。あえて逃げる様子もなく、可愛くなってしまいます。この 50cm 位のサイズのが、車に引かれて いるのをこれからの時期よく見かけます。
c0146127_1210352.gif

 50年以上も生きているのに、まだまだ名の知れぬものが沢山あるものです・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-06-09 10:55 | 絵画 | Comments(0)

<春の花園15m 絵画ーこどもの日スペシャル!>                  5月 No.1 (6/2号)

 昨年11月に種を蒔いた絹サヤの収穫もそろそろ終わりです。少し放っておくとサヤではなく、マメになっている事 しばしば。大きなボールに何杯穫れた事でしょうか・・・。その度に、すっかり蚊に喰われる季節になってしまいました。

 さて今回は5月5日の恒例になりました、<こどもの日スペシャル>での活動。風薫る中、新緑に包まれ例年通り2匹のこいのぼりが皆さんを迎えます。(でも今回は4連休の中日という事もあり、人数少なめでした。)今年も竹筒水さんの準備から。スタッフ(遊びに来ていた甥っ子2人)に、竹倒しから竹切りまでやってもらっている傍らでは、4月に作った粘土の野焼きをしています。竹筒にはお米を入れる小窓を作るので、お父さんと共同作業。(下右画像)
c0146127_2032989.gif
小窓からお米を入れていきます。筒を立てて、窓より1~2cm 下まで入れたら、筒をまた横にして水を窓の所まで注ぐ・・・はずが、例年軟らかめなので、今回は少なめにしました。(これが後で失敗に・・!)竹筒は全部で6本!(写真のから1本追加) 野焼きに使った熾き火を使います。正午です!野焼きの作品も焼き上がりました。
c0146127_20463818.gif
 竹の直径が10cm以上もあるので、炊けるまでに約1時間。子どもたちは、暑い日差しの中、お腹ペコペコ・・・! 炊き上がったら、ナタで縦半分に割ります。ハンマーで叩くのをみんながやりたがるので、順番に。 ガパッ!っと割れて、よく見たら端の方がまだ生米じゃありませんか!これは、水が少なかったのと、火が直接当たっていなかったのが敗因です。
c0146127_20572260.gif
 その他の筒も何本か生米の部分があったものの、炊けていた所は美味しく食べられました! 各ご家庭から(気合いの入った)<おかず1品>持って来て頂いたので、
食卓は華やかに!       『やっと食べられる〜、いっただきまーす!』
          どれもこれも、美味しかったですぅー!
c0146127_2133660.gif
 時刻は午後2時を回りました。お腹も一杯になったところで、いよいよ本日のメインイベントのスタートです! 幅 1.2mのロールクラフト紙を広げましょう!約15m・・・風に飛ばされない様に置き石もして。さて、いよいよ活動です。「春の風は爽やかで、お花の甘い良い香りがしますよね!これからみんなで、ここに春の風を作りましょう!」絵の具は7色。割り箸にスポンジが付いた道具と刷毛があります。まずは幼児から、スポンジ筆で好きな様に風を吹かせてもらいます。手でビューンと吹かせるのももちろんOK!
c0146127_21263073.gif
幼児が数分やったら、小学生と交代です。小学生はただ塗るだけではなく、大きな形を描いて画面を埋めていきます。色もどんどん変えて、場所も移動して描いていきましょう! ハイ、また交代!今度はお母さん、お父さんも加わります。今日は家族もみんなでオマケ参加で共同制作です。
c0146127_21455436.gif
 だいぶカラフルな風が吹いてきました。陰の濃さでお分かりかと思いますが、直射日光がかなりキツかったです・・・。         もうすぐ3時、風の完成!
c0146127_21505778.gif
「こんどはここにたくさんの花を描いて、お花畑の様にしますよー!」アトリエの周りを散策して、花を採取してきます。でもこの時期、花の過渡期とでも言いましょうか、タンポポさえ咲き終わり、花盛りなのはクレマチスとフジくらい・・・。
c0146127_2224051.gif
 採って来た花を参考に、今度は全員で風の上に大きな花を描いていきましょう。
使うのは黒のアクリル絵の具。「線だけで描いてね!」 みんなで描く<私のお花>で、どんどん画面が埋まっていきます。
c0146127_22122781.gif
 さあ、最後にもう一踏ん張り! 描いたお花の周りをホワイトで塗っていきます。初めに描いた春の風が柔らかくなって、花が浮き出てきます!
c0146127_22222894.gif
 小さい子だって、お姉ちゃんやお母さんがやっているのを見て、しっかり花の周りを塗っています。
 中途半端には終われません。しっかり最後まで花の周りを塗り尽くします!
c0146127_22265541.gif
 『やったぁ〜! 完成ー!』3:50pm 暑い中、皆さん本当によくやりました! 
 太陽と大地、緑と花と風、そしてみんな が、この絵を通して <一つ> になったのでした!               みんなで一緒に <こどもの日!>
c0146127_22352170.gif
 野焼きの作品。小学生は「まねき○○」 
       幼児(中央) は<街>を作った時に作った 動物や人間。
c0146127_2242185.gif


 ここ<万花台> は今、またも花盛り。下画像は、今年の1番咲き泰山木。つぼみが開いた中にある、その シベ の 奇妙で美しい事・・・。この花の気品は、まるで花嫁の様・・・。たった2日で黄ばんできますが、まだ香りは強いまま。
c0146127_22515579.gif
 同じ様に白い花びらが美しいのが、ドクダミ。嫌われ者のイメージがありますが、群れて咲くと可憐な感じで私は好きです。下画像左は柿の花。昨年よりは少なめですが、たくさん咲きました。家の前の畑は、キンケイギクの園になっています。
c0146127_2313330.gif

 何故でしょう? 有り難い気持ちになるのは・・・ 何故なんでしょう?!
[PR]

by zoukeinomori | 2012-06-02 23:07 | special | Comments(0)