<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

< 絵の具遊び de 絵画 > 3月の活動 ー その2 (4/22号)

 八重桜の季節だというのに、昨日今日と花冷えです。近くの田んぼには水が引かれ始め、暗くなるとカエルの合唱が聴こえて来る様になりました。庭のいろいろな樹木や草花の日々の変化が目覚ましくて、毎日ついついシャッターを切ってしまいます。今日は素晴らしく冴えたウグイスの歌声が度々響いています!

 さて今回は三月半ばにやった活動です。まず、15色用意した絵の具の色を紙に塗って色名を言いながら認識させていきます。既にもう子ども達は早く塗りたいエンジンが掛かっています!スケッチブックの白い画面を眺めてから、そこに今 一番塗ってみたい色を選んで、まず一つ形を描きます。出来たら 次に塗ってみたい色を選んで 次の形を描いてみます。もう空間構成が無意識に始まっています。順番に色を選びながら、画面を形で埋めていきます。なるべく色が混ざらない様にやるのが今日の約束事です。混ざった時は『混ざった!』と言う事にして、筆を洗います。こうして一枚の自分の世界が出来ました!
c0146127_1638127.gif
ローラーのための絵の具(ポスターカラー)赤・紺・空色をプレートに用意します。今描いた絵を乾かした後、上から選んだ一色の色をローラーで塗りつぶしてしまいます。勿体無いというよりはやはり楽しそう! 全部塗れたら、乾かない内に割り箸ペンで ○ △ □ など好きな形や描きたいものを描きましょう! それが出来たらまた乾かし、違う色のローラーで絵の周りを縁取りします。
                     下右の年少の子は ロ〜ラ〜♪ が楽し!
c0146127_1751679.gif
 ローラーで二度目に塗った所にも割り箸ペンで絵を描いていきます。
下左)今度は引っかくのが楽し! 下右)体験のこの子はお母さんと大好きな機関車を描いたので、周りには線路を描いています。
c0146127_17132550.gif
 完成作品。下段右のはもうすぐ1年生のアトリエ2年目の子。物語性のある絵になっています。他3枚は<絵の具>の経験がまだ浅い子達なので、逆に<絵の具>という素材をストレートに楽しんでいるのが伝わってくる活き活きとした作品です。
c0146127_17223424.gif

 小学生はまず、1枚の模造紙を前にみんなで色と形のキャッチボールをします。
順番を決め、一人が描いたら、次の人は何色のどんな形をどこに描きたいかをビビッと心で感じた所に 描き足して空間遊びをしていきます。
c0146127_17334734.gif
 大きな紙にみんなで絵のキャッチボールをしたので、今度は自分のスケッチブックに一人で一球一球を大事に投げる様な気持ちで色を組み立てて埋めていきます。
色々考え楽しんでるので、これだけでも面白い作品になっています!
c0146127_1739552.gif
そして ローラーの絵の具で描いた絵を塗りつぶします。小学生は白を増やしました。
c0146127_17451497.gif
 さぁ、ここで割り箸ペンです。引っかいてみると下地の色が微妙に出てきて
『わぉ〜!』 「描くものは自由ですが、春なので季節をイメージして、香りや音が聴こえてくる様な感じはどうかなぁ・・・」と投げかけてみます。
c0146127_1753420.gif
 出来たら絵の周りを違う色でローラーします。額縁の感覚で中の絵を活かす様に
引っかいてデコレーションしていきます。 
下左)押さえてやらないとくっつくでしょ!
c0146127_17584930.gif
 黒板にひたすら落書きする様な感じで字が出てきたり、意味のあるデコレーションだったり、みんなそれぞれペンが走ります。
c0146127_1852443.gif
 完成作品。引っかいた後に、更に絵の具を加えて展開させています。空色を使った多くの作品からは何となくクラッシック音楽が聴こえてきそうな感じがします。
赤枠の作品は日本の古典音楽の重厚な感じ でしょうか・・・。
c0146127_18145591.gif
c0146127_1815531.gif
 今回は<素材>としての絵の具をいつもとは違ったやり方で扱った活動でした。

 アトリエにある木の新芽4種。左から<コナラ>産毛が生えているんです!
<ナナカマド>紅い新芽!<サンショ>春の香り!<桂>♡の周りがほんのり赤い!
c0146127_18253485.gif
 続いて花編。左から<モミジ>新芽とともにつぼみが出てくるって初めて分かりました!<アケビ>大量の花で、とても良い香りを放っています!<ハナズオウ>枝にピンクの豆が付いている様!<ムスカリ>毎年同じ所に咲き群れてくれます!
c0146127_18312538.gif
 下は左から、カメラに望遠鏡を当てて望遠にして玄関から撮った<ウグイス>、隣りの空き地はタンポポだらけ! 次の2つ<コゴミ>と<タケノコ>敷地内から続々と生えてきているのです!旬の味・・・。
c0146127_18451983.gif

 さて、この<コゴミ>と<竹の子>実は思案モノでして・・・。
 緑区のとなりの市原市の竹の子が出荷停止になった事を知り、食べようか、食べまいか迷っていたのです。役所に電話で問い合わせたら、「心配なら民間機関にお金を払って検査して下さい。」との事。ネットで色々調べた結果、大丈夫と判断し、コゴミは(欲求に負け)食してしまいました。麺つゆマヨネーズ和え、最高に美味しかったです!このコゴミは7年前、ここに越して来た春に大網にあった家から移植したものがどんどん増え、毎年旬の味を楽しんでいました。まさかこんな日が来るとは夢にも思いませんでした。スーパーに売っている野菜類は検査済みという事なので、とりあえずは安心感がありますが、家の庭のものを疑うとキリがありません。これから絹サヤ、ラッキョウの収穫が待っています。子どもに与えた場合の事がどうしても心配なので、大人だけにしようかと思っていますが・・・。

 去年は何の心配もせずに何でも食べていました。目に見えず、結果は数年後に取り返しのつかない状態で出てくるという被爆に於ける病・・・。考えると恐ろしい事です。だから、お金を払ってでも心配は払拭した方が良いんだと思います。
 
 生きる事と食べる事は同じ価値を持つと私は考えます。ですから自然の恵みに感謝する気持ちを忘れない様にしています。自然のサイクルで芽を出したり、実をつけたりするものを工夫して食す人の文化。原子力によって更なる便利さを得た人の文明。<文化>と<文明>は両方人間が創り出した人を豊かにするものではあるが、元をたどると元々相反するものなのではないだろうか? 一方は自然を敬いながら知恵を展開させていく求心的>なものであり、もう一方は極端に言ってしまえば、自然を壊しながら経済性と利便性を追求していく遠心的>なもの。万物に全て2面性がある様に、<創造>と<破壊>は光と陰の様に切っても切れない1枚のカードの裏表なのかもしれない。斯くいう<人間>もまた、自然界の中の必然の生き物であるとすれば、多様化している人の価値観や行動も自然界からすれば『全て想定内』とつぶやいているかもしれない・・・。
 自然を敬い自然と共に生き、内なる声を聞きながら生活をしていたという説もある縄文人。
 機械がやってくれる事を何の疑問も持たず、機械頼みの生活を当たり前にしている現代人。
こうして当たり前にコンピューターでブログに <自然への敬い> について書いている私は、やはり<現代人>でいるしかないのだろうか・・・。
         不自然の必然の中で人はいつまで生きていけるのだろう・・・。
 
[PR]

by zoukeinomori | 2012-04-22 17:23 | 絵画 | Comments(0)

<サボ 手 ンをつくる> 3月の活動 − その1 (4/14号)

 早いです・・・ほんとうに。4月も半ばになりました。でもまだ桜が咲いているのが嬉しいです。誉田駅から電車に乗って千葉に向かう途中、車窓から見える森や里山が、うっすらと若草色に染まってきました。何もなかった枝から花が咲いたり、新緑が芽吹いたりするのに心がトキメクのは、クリエイティブな感覚に似ているからでしょうか・・・。しばらくそんな風景を目の当たりに出来ることが、本当に嬉しくて有り難い気持ちがします。

 さて今回は、まず自分の<手>を見て絵を描きます。サインペンを持たない方の手の平を見るのですが、描く前にお話しします。指の名前を確認してから、一人だけ仲間外れを言ってもらいます。「そう!お父さん指だけ向きが違うよね。何でかなぁ?」と、ショベルカーの話でみんな納得。画用紙の画面いっぱいに大きな手の平、指を描いていきます。
 形が描けたら、もう一度よ〜く見て指紋の模様を観察します。初めて見た子は、自分の指にそんな渦巻き模様がある事に目を丸くして見入ります。
 その指紋や手の線も描いたところで、数種類のサボテンを見せ、これからみんなの描いた手を<サボテン>にしていく事を伝え、手の平と指を分けて切り取ってもらいます。
c0146127_114511.gif
 サボテンやその図鑑を見せながら<サボテンの世界>にみんなを連れて行きます。そしてまず、砂地に生えるサボテンの地面を作ります。台紙の画用紙の下の方に形を描いて、その中にボンドを塗ります。その上から海砂をかけて払い落とすと、砂地の出来上がりです。
c0146127_11242616.gif
 ここで今日モデルとなるサボテンの登場です!(下左)まるで砂地から<手>が生えているみたいなサボテンです。みんなの描いた砂地の上の方にカッターで切り込みを入れて切り取った手の平を少しだけ差し込んでみます。
 あとは、残りの切り取った指の形を自由に貼付けてそれぞれのサボテンにしていきます。指の形の角は丸く切っておきます。
c0146127_11372058.gif
 用意した三種類のみどりの絵の具を塗り、サボテンの感じに近づけます。
 それから「サボテンは暖かいところで生きているので、周りを温かい空気と風に塗ってあげましょう!」
c0146127_11453235.gif
 図鑑を見ると、サボテンには色鮮やかな美しい花が咲いています。そこでみんなのサボテンにも花を咲かしてあげましょう!・・・とそれぞれ選んだ色の絵の具を手に出し、両手でこすります。もう1色違う色を手の平の真ん中に出して「きれいな花が咲きます様に!」と拝んだら、自分のサボテンにペタン!全体を見ながらいい所で止めます。
c0146127_11555778.gif
 手を観て描いたところから始まり、手の花を咲かせた・・・という事で、タイトルを<サボ 手 ンを作る>に致しました。   おあとがよろしい様で・・・。
c0146127_1215368.gif

 小学生クラスでも、まずはサインペンやボールペンで自分の手の描写をします。
 それから幼児と同じ様にサボテンを見せながら、サボテンについての話をみんなでします。
c0146127_12182470.gif
 自分の描いた手を使ってサボテンを作る事を告げ、手をみどり系に塗ったらバックもみどりにします。乾かしている内に、別紙に幼児同様、砂の地面を作ります。
                          オモシロい形でどうぞ!
c0146127_12302238.gif
 手の平と指を切り分けたら、更に余りのところに増やすためのサボテンを描き、
切り取っておきます。
c0146127_1238044.gif
 砂地の台紙に暖かい空気を漂わせます。絵の具を塗った上から霧吹きで水をかけてにじませたり、更に絵の具を飛ばしたり、それぞれ工夫します。
c0146127_12454544.gif
 絵の具を乾かしたら、砂地に切り込みを入れ、<手の平>の部分を母体にして、まずは<指>の部分から構成し、他に作ったパーツで更にオモシロい形に構成していきます。<自分サボテン>が出来たら、花または生き物など、好きなものを加えていきましょう。
c0146127_1258269.gif
 <手>の様な<サボ 手 ン>の完成です。
               みんな砂地の形も生き物の様でオモシロいです。
c0146127_1333116.gif
 下左のサボテンは、何と、新幹線の花が咲いているんです!最近はまっているそうです・・・新幹線!
 手を見て作ったせいか、どのサボテンからも生命力を感じ、
          そう!初めに書いたクリエイティブな感覚を刺激されました。
c0146127_13101067.gif

 下画像は4月10日の風景・・・
        右は、斜め向かいの家の巨大 紫モクレン。  桜の様なピンク色。
c0146127_13175672.gif
 左)色づき始めると成長が早いチューリップ、今日14日にはすっかり、あか・
しろ・・・だけ色づきました。
 中)ロイヤルなんとかという、ちょっと上品な感じの桜。
 右)お隣の家の今花盛りの椿、ぼとっ!と落ちるんですよね、つばきって・・・。
c0146127_132497.gif

 昨日は日中21℃まで上がり、いい陽気でした。そんな午後の春の空気の匂い、
何だかとても懐かしくて、ずっと深呼吸していたくなる様な心地良さ・・・。

          無常の自然から戴いてヨミガエル、懐かしき 記憶・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-04-14 12:02 | 絵画 | Comments(0)

<梅の花を咲かそう!> 2月の活動 ー その3 (4/4号)

 新年度が始まって早々、昨日は台風並みの春の嵐でした。まだこの辺りではソメイヨシノは開花していませんが、アトリエの周りは今頃、梅が満開でした。アトリエの庭には早咲きのサクランボ桜と紅梅が同時に咲いていましたが、昨日の嵐でほとんど散ってしまいました。散る前に、強い梅の香りと、かすかなチェリーの様な桜の香りが混ざりあって漂う甘い春風を味わったのは初めての事でした。

 今回は2月の最後の活動で、例年なら梅が満開の頃なので、梅の花をモチーフに造形しようと思って予定していたのですが、つぼみはカチンコチンで開く気配はなし!仕方なく、4、5日前から鉢植えの紅梅を家の中で暖めてムリヤリ開花させてどうにか間に合わせました。
 「まだ寒いけど、今の季節は?」ー『はる〜!』「春ってどんな感じ?」ー『暖かくなる!』『花が咲く!』・・・という様なやり取りの後に<うめ>登場!
『さくら!』なんて言う子もいましたが、<梅>に納得して、「さぁ、春の香りを嗅いでみましょう!」ー『あまぁい!』・・・紅梅の桃色4種類用意して、梅の花をよく観ながら画用紙に変化を付けながら塗っていきます。
 次に樹を作ります。石膏ボードを棒状に切ったものに樹を見ながらそれぞれ色を塗り、ストーブの前で乾かします。
c0146127_1175472.gif
 桃色に塗った紙を半分に切り、更に半分の半分、1/4に折り、梅の花の絵を描きます。「花びらは何枚あるかなぁ?」それぞれ輪郭だけ描いた花を4枚重ねて切り取ります。残りの紙でも作ったら、クレヨンで花粉(匂いのする所)を塗っておきます。さぁいよいよ花を咲かせましょう!3本の枝に花を糊で貼っていきます。
c0146127_1125625.gif
 教室はだんだん春らしくなってきました。もう一度梅の花をよく観ると、毛の様な線がたくさん出ています。「雌しべと雄しべって言うんだよ。これをね、花の真ん中に釘を打って作るよ!」下地が石膏なので、簡単に釘が固定できるのです。
                      槌さばきもみんな中々のもの!
c0146127_11323858.gif
 匂いがしてきそうな花ができたところで、最後に枝を幹につけます。グルーガンは出来る子は自分で、慣れていない子は、位置だけ指定して私がつけます。2月の終わり、一足早くウメが満開になりました!
c0146127_1147747.gif
 全員が集まった写真を撮らなかったのが残念!と後で思いました・・・。
c0146127_11492142.gif

 小学生にははじめから「今日はウメの花を作りますよー!」と伝えて、花びらを作るという事で、4種類の桃色を画用紙に平面構成しておいてもらいます。
c0146127_11531837.gif
「ウメの花一輪をこれをベースに作ります!」と 取り出したのが<輪切りのツゲの木>ここからこの梅の甘い香りが漂う様に色をつけましょう。まず全体にホワイトを塗ってから・・・。次は<雄しべ雌しべ>幼児のハイバージョン、長短2種類の釘を用意して、金槌でトントン打っていきます。
c0146127_14202030.gif

 それぞれが本物の花を見ながら釘の向きなどを工夫します。
     度々指を打って<痛>な子もいましたが、だんだんリズミカルに・・・!
c0146127_14261295.gif
 下左)逆さにして<宇宙人!>これはこれでオモシロい!
釘を打ち終わったら、釘の頭にシベの先に付いている花粉を色で表します。絵の具のチューブからそのまま出したり、サインペンやクレヨンで好きな色にしていきます。
c0146127_1432891.gif
 はじめに塗った桃色の画用紙の裏に大きく花びらを描きます。そして、その中に
「○○さんへ 春ですね!・・・」から始まる文章でメッセージを一枚ずつ書きます。でも、まず初めは自分へのメッセージから。全部書けたら切り取ります。
 ほとんど家族と友達でしたが、中にはペットへのもあったり・・・。
c0146127_14461669.gif
 切り取った花びらは下から1/3くらいまで切り込みを入れ、重ねてホチキスでとめると少し椀状になり立体感が出ます。これをベースの木の側面にホチキスの芯を食い込ませる様にして固定していきます。グルーガンの方がやり易い人はそちらで。
c0146127_14533043.gif
 梅の大輪がそれぞれ咲きました。
c0146127_14551859.gif
 花に詰まったそれぞれのメッセージが、気持ちのいい春風のように皆さんに届きますように!
c0146127_14584243.gif

 下左は 3/29 手前がサクランボ桜のつぼみ、奥が満開の八重紅梅。
  中左)みんなの紅梅
   中右) 4/3 嵐の前に満開になったサクランボ桜
     右)こちらも4/3 三分咲きの姫桜
c0146127_158892.gif
 こちらも下左2枚は 3/28 土筆とネコヤナギ『ニョキ!』右2枚は昨日、いつの間にかつぼみがニョキ!チューリップ!と今頃満開で強い香りを放つ沈丁花。
c0146127_15125880.gif

 この辺りの地名の如く、いま正にここは<万花台(まんがだい)>そのもの。2月3月4月の花が同時に咲き乱れています。
 
 昨日の嵐は、北に居座る強くて寒い冬の低気圧と温かい春の高気圧のはざまにもたらされた暴風雨だったそうです。<異常>です。今、私たちから見ると地球が異常状態になっているかの様に思えてきます。でも、45億年という時間の中では何でもない事なのかもしれません・・・と 頭では考えられても45億ってどれだけすごい数字だか知っていますか? 

 1から45億までを1秒で1ずつ増えていく様に数えたとして、  (例えば ・・1億6千8百23万5千5百11・1億6千8百23万5千5百12・・のように)24時間寝ないで数えて1日<8万6千400数字> これを45億で割って、
約5万2千083日 掛かるってことで、これを365で割った答え=約143年・・・。 24時間1秒毎に休まずカウントして45億まで数えていくと143年掛かるんです!だから人間には数えきれない数字なんです。

 昨日の東京新聞の<筆洗>という欄に、絵本『地球がもし100cmの球だったら』
(文・永井智哉、絵・木野鳥乎)が紹介されていた。
 地球を直径100cmの球に縮めてみると、太陽は東京ドーム程の大きさで、100w電球が140億個分の明るさで、12km先に輝いている。エベレストが 0.7mm、人間は
10万倍の顕微鏡でやっと見られる大きさだと・・・。

 若い頃こんな事を思った。天体望遠鏡で見える大きさも、電子顕微鏡で見える大きさも、目に映る大きさは一緒なんだよなぁ・・・。

 今、自分が<本当>だと思っている現実・・・存在・・・とは
   
                  小さな小さな私の心の中の <感覚>
[PR]

by zoukeinomori | 2012-04-04 11:54 | 立体 | Comments(0)