<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<フレッシュフルーツを描く> 2月の活動 ー その2 (3/25号)

 お彼岸も過ぎ、ようやく春めいてきました。今日は久しぶりの青空で
ぽかぽかな日差し・・・ウグイスの歌声も軽やかに聴こえてきます。

 今回<フレッシュフルーツを描く>に至ったのは、近所のお家になっているキウイフルーツを沢山戴いたのが切っ掛けとなりました。2月のこの頃といったら一年でも一番寒い頃だというのに、「キウイ?」と、私も思ったくらいですが、食べてみてビックリ!ちょうど熟れていて酸味より甘味の方が強くて正に食べごろ!
 
 まずは聞いてみます。「フレッシュってどんな感じ?」「フレッシュな食べ物ってな〜に?」・・・そこで登場したのが <キウイ!&イチゴ!> 「でもこのままだとあまりフレッシュな感じがしないねぇ、どうしたら感じられるかな?」という事で
ナイフで半分に切ることに・・・。
         「じゃまずイチゴとキウイの切った所を鉛筆で描いてみよう!」
c0146127_1118632.gif
 「でも色がないとフレッシュな感じがしないよね?!じゃまず、フレッシュな空気を作ろうよ!・・・その前に、みんなにもフレッシュになってもらうために、キウイとイチゴを食べましょう!」あまりの美味しさに、キウイが苦手だった子も
『樹が欲しい!』とまでいう程に! 
「ちょっと分かった?じゃその感じを・・・」とフルーツの周りにクレヨンで、更に上から絵の具で表現します。
c0146127_11373345.gif
 絵の具は自分の思うフレッシュな色を3色画面に出して、それぞれに白を加えました。水を加えたら、香りを出すが如く手で塗りたくります。ストーブで乾かしたら、もう一度本物を見ながら鉛筆で描いたフルーツにクレヨンで色をつけます。
    下右、イチゴはどこかにいっちゃったけど、キウイ、そんな感じだよね!
c0146127_18552540.gif
もっとフルーツを作りたい!という事で、別紙に描いた果物を切って貼付けました。
               味と香りが感じられる絵ができました!
c0146127_1903687.gif

 小学生も導入はほぼ同じです。オレンジとバナナが加わり、キウイも横切りをプラス!まずは自分が描きたいフルーツを鉛筆で画用紙に描きます。
             続いて味見!イチゴより甘いキウイフルーツに舌打ち!
c0146127_1972865.gif
 甘味と酸味のイメージを霧吹きで絵の具をにじませながら表していきます。
c0146127_191183.gif
水たまりの様になった絵の具をタオルで拭き取ると、程よい香りが漂った感じの絵になりました。いよいよ始めに描いたフルーツを美味しそうになる様に色を塗ります。
          道具は自分んで考えます。できたらそれぞれを切り取ります。
c0146127_19161440.gif
 切り取ったフルーツを香りの画面に構成していきます。余った画用紙を輪っかにしてフルーツの裏に貼り、構成する時は少し浮かせた状態で貼付けます。
 下右のキウイフルーツ、質感を出すための作者のこだわり・・・
  自分の髪の毛を切って絵の具の茶色で染め、貼付けました。スバラシイ!拍手!
c0146127_19264263.gif
        それぞれの食べた感じが伝わってきます。
c0146127_1930312.gif
 下左は色鉛筆で更にフレッシュ感を出そうとしていた途中・・・。
c0146127_1932515.gif
 絵を描き終えると、残りのフルーツは、あっという間に無くなってしまいました! 
                       日本のキウイは2月が旬?!

 今日は温かい1日でしたが、夜はけっこう冷えています。桜のつぼみは明日にもほころびそうですが、まだまだ三寒四温・・・下左画像は数日前、玄関先に飾ってある蓮の花托(かたく)で寒さをしのいでいるミツバチ。中、チューリップは一気に伸びてきました。右、数日ぶりにアトリエ裏にいったら今頃芽出たフキノトウ。
c0146127_2273435.gif
 今日、家の裏の空き地がオオイヌノフグリで青く染まってました。
 よーく観ると、一つ一つが胸を張って存在を主張している様に見えてきました。
c0146127_2226137.gif

     どんなに小さく、沢山ある花であろうとも、命あるものはすべて
  
        一つ一つが  <土のこども>  が、私の想い
[PR]

by zoukeinomori | 2012-03-25 21:17 | 絵画 | Comments(0)

<色で遊ぶー宝石の輝き> 2月の活動 ー その1 (3/17号)

 3月17日、彼岸の入り、九州北部で春一番が吹いたそうです。寒くてうずくまっていた冬から、春のそよ風でバネの様にはじける心と体、Spring has come! 寒さが厳しい程、spring から飛び出す様に喜びは強い。そう、厳しさに耐えてこそ強いバネになる・・・。
 
 数回前のブログにも書きましたが、美しく輝くものに多くの人は魅せられます。最近はパワーストーンブームで、老若男女が様々な<力石>を当たり前に身に着けていますよね。
 今回はまず「きれいなものってなあに?」という所からの導入です。『花』とか
『空』とか言う中で『ダイヤモンド!』と言う子が出ました。(待ってました!)
「そういうのを<宝石>って言うんだけど、他にも知ってる?」『・・・?』見た事はあってもそこはまだ幼児、名前は知りませんよね。ここで先生の家宝・・・という程のモノじゃありませんが、オパールだの水晶だのアンモライトだの輝きのある石を観させてあげます。「大事にみてね〜おねがい!」 すると結構感激する子ども達!
 
 この輝きをクレヨンで描いてみよう!と、まず見本にやってみてからみんなもスタート。黒白以外の好きな色を画面にごしごし塗ったら上から白を更にごしごし塗ってかぶせます。みんながんばって塗った自分の色に宝物を見る様な眼差し!
c0146127_2238753.gif
 次に15色ある絵の具の中から、これ!と思った色の絵の具を5色選ばせて色画用紙の上に出してあげます。そうしたらなるべく混ぜない様にペインティングナイフで延ばしながらそれぞれの色のお部屋を作ります。やり方をしっかり教えると段々慣れてきます。今度は更に違う色を選ばせ、出来た色の部屋の上に出してあげます。
木工ボンドもプラスします。
c0146127_22524574.gif
「はい、指3本出して!今度は色を全部混ぜましょう!」すると 感触で『キャ〜!』色の部屋が見えなくなって『ギャー!』何だか面白くなって『ウォ〜!』
c0146127_2321993.gif
 『ツメで引っかくと下の色が見えるよ!』みんな濁った色の手袋してるみたいだ。                  一人ずつブラシで洗います。
c0146127_2354814.gif
 せっかくきれいだったのに、色が混ざって汚ない色になってしまいました。ここで最初に描いた宝石の様な絵をハサミで切ってこの絵の上にちりばめましょう。
 すると、よりきれいに輝くはず!下左の女の子は、色を混ぜて濁らせたくなかったので、自分で計画的に色を選んだのです!    きれいなボタンも貼っていいよ!
c0146127_23135988.gif
 完成! 下左上は年少。大胆に1個ポン!と貼ってありますが、角が取れていて大きな宝石の風格あり!  他は、ボタンがいいアクセントになっています。
c0146127_23193731.gif
 下中央のはあえてバックを濁らさなかったためにクレヨン画が目立ちません・・・が、本人はお気に入りでした!
c0146127_23223682.gif

 小学生も導入はほぼ同じです。下左のは大きなダイヤモンド・・・ではありません。カットガラスでした。小学生ともなると、かなり多くの宝石の名前を知っていました。           クレヨンは描き込む力があるので、大変美しい!
c0146127_23284585.gif
 小学生は6色の絵の具を選び、色分けしていきます。
                  更に6色を出し、木工ボンドも出します。
c0146127_23524846.gif

 指や爪で強めにこすると下地の色が見えてきます。自分の描きたい絵や模様を描いていきましょう。          筆のお尻を使うのもいいでしょう。
c0146127_23363089.gif
 下左)楽しくて興奮するといつも手足にまで塗りたくる・・・。絵の具の手での握手!『ヌルヌルして気持ちいー!』クレヨン画をハサミで切って構成していきます。下右)の作者は大胆に1個!でも周囲に金のラメなんかを塗り始めました・・・。
c0146127_23473715.gif
 水晶やカットガラスからインスピレーションを受けた子が多く、そのイメージで絵を作っていきます。                  下右は宝石の鳥・・・。
c0146127_2359464.gif
 自分の宝石の輝きをより輝かせるための工夫として、それぞれの子が貝のボタンやスパンコール、輝く色紙等を更に加えながら構成しました。
c0146127_041569.gif
    いろいろ色で遊んだ結果、輝く絵が出来ました。
c0146127_06673.gif


 なかなか開花しなかった庭の八重紅梅でしたが、今は八分咲きといった所です。
そうこうしているうちに、隣りにあるサクランボの桜のつぼみが大分大きくなりました。これは例年通りな感じなので不思議です。(下左)
 
 土日で片そうと思っていたひな人形、また雨でしまえず、未だ出しっぱなしです。もともとは紙でできていたひな人形に、自分の心や体にたまった<ケガレ>を移し、川や海に流す風習がひな祭りだったそうです。しかし江戸時代以降、ひな人形が現在の様な形になり、流してしまわずに片付ける様になりました。それで早くしまわないと<ケガレ>が残ってしまう・・・ことが<嫁に行き遅れる>と言われる様になったそうで・・・まぁ、それはそれでいいか・・・と思ってしまう 浅はかな父の私であります。
c0146127_0324211.gif
 暑さ寒さも彼岸まで。
    この調子でいくと、梅と桜の花見がいっぺんにできるかも・・・。
        梅が咲かないと嘆いていたけど、そんな事になったら前代未聞!

                SPRING HAS COME !

 
[PR]

by zoukeinomori | 2012-03-17 23:24 | 絵画 | Comments(0)

<アルミ缶をつかって> 1月の活動 ー その3 (3/4号)

 ひな祭りが終わってしまいました! 少しずつ暖かくなっている気も しなくもありませんが、未だ庭の紅梅は現在15輪ほどしか開いていません。二ヶ月遅れ・・・という感じです。でも、今日もひ弱なウグイスの声を聞きました。

 さて今回はまだ1月の活動・・・アルミ缶を切り開いて長方形状態にした材料を使っての活動です。まずは台にする木を切ります。切り込みが入れてあるので、すぐに切れるのですが、達成感を味わえる様です!押さえる方も真剣です。
 教室に入って、アルミの板2枚にマジックで絵や模様を自由に描きます。
c0146127_1665478.gif
 絵が描けたら「指2本分くらいの幅」でハサミで切っていきます。紙よりはさすがに硬いですが、みんなチョキチョキ!
 切り終わったら木の台を下敷きにして、それぞれのアルミに金槌で釘を打ちながら小さな穴をあけます。後でこの穴に針金を通します。
c0146127_16172589.gif
 さあ、ここから組み立てです。ホチキスで上にとめながら高くしていくのです。まずはアルミを台にとめます。とめた所を折り曲げると立つんです!そうしたら上につなげていきます。
 1本だとフラフラするので、2本3本と立てたアルミを上でつなげて丈夫にし、タワーの様にしていきます。上手くホチキスが出来ない事がしばしばで、イライラしてくる子もいました。でも悔しくて頑張るんです!
 タワーが出来たら、細いカラー針金を開けた穴に通して遊びます。
c0146127_16302512.gif

 完成です!マジックの発色や金属の質感がアルミならではで、面白い材料でした。 が、ホチキスでとめるのは、幼児には出来ずらい子もいたので、そんな時にはテープで代用させるべきでした・・・。
 針金の柔らかい曲線がいいアクセントになっています。
c0146127_16393084.gif

小学生はノコで台にする板をを切ったら、紙ヤスリでバリ取りまで自分でやります。
次は幼児と同じ、アルミ板2枚に絵や模様をマジックで描きます。
c0146127_16443338.gif
 アルミを切る前にここで穴をあけておきます。さすが小学生!慣れると早いです。アルミ缶の底や上蓋を金床の上で叩いていくと、おせんべいみたいにペチャンコになるのがまた面白い。
c0146127_16513389.gif
 ハサミでアルミを切りますが、小学生は幅も線の形(波線とか)も自分で考えて切ります。  一つ一つ組み立てながら切っていく子も・・・。
c0146127_16555968.gif
 はじめに想像した作りたいものに向かって形作っていく子。組み立てながら空間を作っていく子。それぞれに工夫しながら進めていきます。小学生はホチキスがとめにくい時はさっさと自分で上手にテープでとめていました。 さっすが!
c0146127_170390.gif
 アルミの組み立てが出来たらカラー針金を使って更に空間を展開させます。
                      台もマジックでデコレーション。
c0146127_1734350.gif
 やはり小学生くらいになるとこの素材を使いこなせて、いろいろな面白い作品が出てきます。
c0146127_1791136.gif
c0146127_17102169.gif
 このアルミ缶を切っての素材、まだまだ色々展開できそうです。でもひとつひとつ切り開くのに手間がかかるのが難点。これを子どもにやらせると、ハサミのあとがどうしてもささくれ立ってしまい、これガケの元になるので、危ないのです。
       平らになった板状のものを切るのは問題ないと言っていいでしょう!
c0146127_1718415.gif
c0146127_17192780.gif
     金属造形、これからどう展開させていこうか楽しみなところです。
 
 下画像は 2月27日の紅梅。それから1週間以上も経っているというのにあまり変わっていません。でもそうこうしているうちに、となりに植わっているサクランボのつぼみも大分膨らみ、地面のチューリップの芽が葉っぱらしくなってきました。生き物のシステムは着実に巡っています。
c0146127_17273916.gif

 この所また頻繁に地震がありますよね。うちはこの間 非常食をチェックしたら、
かなりのものが賞味期限が切れていたので、この2週間ほどで大分食してしまい、
まだその補充をしていません。
 3.11が近づくにつれ、テレビでは直後の関係者の事実が明らかになってきたり、ドラマ化されたり、現在の地盤の状態の事やら、放射性物質の状況やら、ドキドキする様な情報がいっぱいです。
自分が知りたい情報は何なのか? どこからそれを得るのか? そして、出来る事は何なのか・・・?! 焦点を合わせていかないと、何やらフラフラしてしまいます。

 大地震 ・ 原発放射能の拡散  あの日・あの時 からもう1年・・・
    確実に人々の日常の思いは変わった。 

 圧倒的に環境に受動的である中、能動的に生きていくっていう事に、
      子どもの創造力に触れる事で、きっと私は力を与えられている・・・。   
[PR]

by zoukeinomori | 2012-03-04 18:25 | 立体 | Comments(2)

<マヤ-縄文のルーツ コンテンポラリーアート展>のお知らせ     (3/1号)

 昨年の夏に、千葉県船橋市にある飛ノ台史跡公園博物館で行われた
<縄文コンテンポラリーアート展 先史飛ノ台とメキシコ・マヤの根>の巡回展を
改めて東京赤坂見附にあるメキシコ大使館で開催致します。
 
 自然と共に生きていた我々のルーツに想いを馳せたメキシコと日本のアーティストが、今度は Mexcico(大使館)で国際交流の輪を広げます。
 
 太古のそれぞれの国の文明や文化の末裔である今を生きる我々地球人。これから先、何を大事に生きていくべきなのかを問わなければならない時が来ていると思うのです。<マヤと縄文>そのキーワードの中にヒントを見つけることが出来れば、一歩前に進むことが出来るかもしれない・・・と常々思っている参加者の一人、清水雄一です。

 機会がございましたら、足をお運び頂ければ幸いです。
c0146127_1246595.gif
c0146127_12472756.gif

*尚、恐れ入りますが、会場は多目的施設のため会議等の催しがある場合は入れなくなりますので、大使館に事前にお電話でお確かめくださいませ。(土日祝はお休みです)

*大使館に一番近い赤坂見附出口は<11番>になります。

*もしも3月9日のオープニングに出席ご希望の方は 
          yuic_s43@yahoo.co.jp までご連絡ください。
 
→関連ブログ 2011年7月 <縄文コンテンポラリーアート展>ご案内
       又は カテゴリ欄 special

→You Tube でご覧頂けます。
<Jomon International contemporary Art Exhibition in Funabashi 2011>
[PR]

by zoukeinomori | 2012-03-01 13:08 | special | Comments(0)