<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<ポインセチアの X'masデコレーション> 12月の活動 - その1   (12/26号)

 クリスマスも過ぎ、本当に年の瀬です。 早かったなぁ2011年・・・と言うのが実感です。被災地の方々の事を思うと、温々と生活している事が申し訳なくなる思いがします。
 <クリスマス>と言えば、サンタがステキなプレゼントを届けてくれる、すべての子どもたちにとって幸せなひとときであって欲しいと思います。(自分が子どもの頃はその様な習慣は全くありませんでしたが・・・。)
 
 12月は X'mas をテーマにして造形をすると、その雰囲気が子どもたちのモチベーションを高めてくれるようです。今回はその第一弾、<ポインセチア>を見ながら作った材料を組み立ててソレを作り、飾りにしていきます。まずは画用紙に半分ずつクリスマスカラーのグリーンとレッドを塗り分けます。絵の具を乾かしている間に、厚紙の上に<ポインセチア>を咲かせたい所に紙皿を接着し、画面全体に飾る様に絵の具を塗っていきます。初めに緑と赤を塗った絵を縦半分に折り、そこにいろいろな大きさのポインセチアの葉の形を鉛筆で描きます。
c0146127_23242768.gif
 葉をたくさん描いたら2枚一遍にハサミで切り取っていきます。ポインセチアの様な服!(下中)2人並んでクリスマスカラー(下右)本物の葉を見ると筋(葉脈)が見えます。切り取った自分の葉にもクレヨンで筋を描き込もう!
c0146127_23381355.gif
紙皿の真ん中にキリで穴を開け、L に折った針金を通して裏からセロテープで固定します。作った葉の根元にはそれぞれキリで穴を開けてもらい、グリーンの大きい葉から針金に通しボンドで固定しながら、ポインセチアの形の様に組み立てていきます。最後に黄色のふわふわ粘土を小さく丸めて、イクラみたいに中央に接着します。
            あとはスパンコールなどで自由にデコレーションします。
c0146127_2349026.gif
 完成です。下左の作者はポインセチアの周りの厚紙を大胆に切って、周りに構成しました。レリーフ状になったポインセチアは、それぞれなかなかの存在感です。
 さんざん「ポインセチア」を口にしましたが、みんななかなか名前が覚えられないんです・・・。
c0146127_23591337.gif

 小学生も今回は同じ内容で制作しました。でも小学生ともなると色のバランスを考えたり、絵の具をたらしたり飛ばしたり、自分を楽しくする術を心得ているんです。
c0146127_0233058.gif
           葉の形もリアルだったり、アレンジだったり・・・。
 穴は形を切る前にキリで開けます。
c0146127_0274856.gif
 組み立てる前に、葉を半分に折ったり、くしゃくしゃにしたり、立体的にしておきます。
c0146127_0343589.gif
ポインセチアが組み立てられたら、小学生はここからが腕の見せ所!周りの厚紙をハサミで切って、切ったものでポインセチアを生かしながら空間を構成していきます。
c0146127_0383341.gif
 構成も立体的に工夫したりして・・・。
                 ラメのりで文字や絵も更に加え・・・。
c0146127_043588.gif
 下画像はシンプルに星形が作りたくて、硬い紙を頑張って切っている1年生。 
                      なかなかステキ・・・!
c0146127_0481231.gif
 それぞれの完成作品です! 
        毎年この時期やっている、<ケーキ de 造形>の感覚です。
c0146127_0513459.gif
c0146127_0523580.gif
 何だか賑やかなクリスマスソングが聴こえてきそうな楽しい作品が出来ました!

 深紅に色づいたモミジの葉が全て地面に落ちると、夏前から少しずつ大きくなったヘリコプターの翼の様な種子だけが残りました。これから一つずつ、風に乗って
くるくる回りながら地面に着床するんです・・・。
 一方、紅梅に目を向けると、もうこんなにつぼみが膨らんでいました。
c0146127_11385477.gif

 下は、25日の夕方。一瞬でしたが、大粒のあられがバサバサ降ってきて、でも遠くには夕焼け空があって、幻想的な空でした。
c0146127_11472091.gif

 1日の終わり、 1日の始まり・ ・ ・。
           
    1年の終わり、  1年の始まり ・ ・ ・。

             時間のつながりは、   命のつながり  。
[PR]

by zoukeinomori | 2011-12-26 00:08 | 絵画&立体 | Comments(0)

<ホチキスでつなげて & カゴの鳥> 11月の活動 ー その3           (12/18号)

 金曜の夕方には雨に降られましたが、この所よい天気続きの印象です。今朝の寒さは厳しかったです。一面真っ白に覆われた霜が朝日にキラキラ輝いて、キィーンとした空気が寝ぼけた頭を刺激してくれます。来週はもう冬至・・・。

 さて今回は11月終わりの回、ホチキスを使っての活動です。まずは幼児クラス。
好きな色の色画用紙を決めたら、自分のものと印象づけるためにクレヨンで大きく名前を描きます。そうしたら、みんなのをつなげて一つの画面にして、1人一色の絵の具の色をローラーで手につけ、画面全体にペッタン!手形をつけていきます。足でもどうぞー!
c0146127_2181482.gif
 絵の具を乾かしたら全部の画用紙を重ね、2カ所ホチキスで固定します。あらかじめ引いておいた線をみんなで順番にハサミで切ると沢山の帯が出来るので、それぞれ自分の色の帯を集めてもらいます。まず2本の帯の端と端をホチキスでつなげると2倍の長さ!「さあ!じゃ全部つなげてみよう!」みんな集中して、段々競争心がはたらいて来たりして・・・。出来上がった長さにけっこう嬉しビックリ!
c0146127_21201982.gif
 <ヘビにょろにょろ踊り>だったり、「来年は辰年だからドラゴンはどう?!」に<ドラゴン踊り>だったり、ぐるぐる回してみんなで大騒ぎです!
c0146127_21275442.gif
「じゃ今度はこんなのどう?」と帯をぐるぐる巻き戻して、忍者の様にぱぁーっと手放してみせます。『おぉ!!』みんな一目散にくるくる巻き始めます。「一番最後の所を放さない様にして全部を投げるんだよー!」上手くできると楽しくて、もう一回やる子も!
c0146127_21401366.gif
「よーし、今度はグルグル巻きで、ミイラ男!」1人にやると、みんな『やってやって!』コール!  「じゃぁさ、これみんなのをつなげたらどのくらいの長さになるかなぁ?やってみる?!」『やるやる!』という事で、それぞれの端をホチキスでつなげ、教室から外に引っ張っていくとぉ・・・その長さにまた大はしゃぎ!
c0146127_21501826.gif
 最後に自分の帯を少しずつホチキスでとめながら塊にしていく予定でしたが、みんな『家でも遊びたい!』とか『お父さんに見せたい!』などで、そのまま持ち帰りました。  一枚の画用紙でとても楽しく遊ぶ事が出来た活動でした。

 小学生にはまず厚紙を与え、絵の具で自由に色面構成してもらいます。「今日はね、この厚紙を使って鳥かごを作ってもらいます!」 
                『・・・どうやって作るんだろう?!?!』
c0146127_2219579.gif
「次に鳥を作りますが、羽があれば魚でも怪獣でも何でもありにしようと思います。」下左のは頭が3つある怪獣の様な鳥。下中は、鳥の図鑑を見て可愛くてきれいな鳥を忠実に作ろうとしています。下右の子は魚の鳥を作っています。
c0146127_2225498.gif
 画用紙を2つ折りにして胴体のかたちを描いたら、2枚一緒にかたちを切り、両面に色を塗ります。羽も2枚別に作っておきます。胴体の腹側半分をホチキスでしっかりとめたら、体の中にティッシュを入れ厚みがついたら背側もホチキスでとめ、羽もつけます。さあ、次はいよいよカゴづくりです。
c0146127_2239171.gif
 色を塗った厚紙を2cm~3cmくらいの幅で帯状に切って、ホチキスでとめながらカゴの材料を作ります。箱を土台にしてアーチを作っていく子。帯を輪っかにしながら球体の様にしていく子・・・大体これが基本のようです。
c0146127_2246227.gif
  下左)<魚鳥>      下中)<亀鳥>    下右)<大耳三頭鳥>
c0146127_22502990.gif
  下左)<瓜坊鳥>     下中)<カモメ>    下右)<極彩鳥>
c0146127_22552882.gif
 中でも下の子の作り方はみんなと違って、展開図が頭に入っている様で、計画的に組み立てています。
c0146127_2305077.gif
 下左)ギンケイの色をアレンジしたそうです。 
 下右)<極彩鳥>カゴの中には鳥が留まれる棒や、エサ置きまで作ってあります。
c0146127_2371092.gif
 平面だったものを切って帯状にしたものをつなげる事で、思いがけず面白い空間が出来、皆、造形の幅が広がったようでした。

下画像はちょうど1週間前の12/10の出来事。朝 7:00pm くらいだったでしょうか・・・。

左上段から ジンチョウゲの小さなつぼみが・・・ モミジの真っ赤な葉が薄ピンクに・・・ シャーベットの様なムラサキシキブ・・・ポストに絡まったツタの葉の周りが白くてクリスマスカラー・・・。
下段左から アトリエの庭は霜柱で真っ白・・・やっと芽が大きくなって来た絹さやの畝も・・・ 車のスライド式ドアは凍って開かず、氷がイボ状にくっついています・・・ 車内からバリバリ氷の窓ガラス、きれい!・・・
c0146127_2319373.gif
下はかなりぼやけていますが、その夜の皆既月食。左が 22:13pm 初めてこんなにくっきり見えてかなり感激!(東京神楽坂から)右隣り 23:19pm ほとんど隠れた頃かなぁ その隣り 0:15am また出て来た! 右 2:18am また満月にもどってた。 この日は中学時代の仲間と忘年会。卒業して35年目の節目の今日の皆既月食は、ほろ酔いの私自身が月になった様な錯覚に陥り、久々に再会した級友たちとまた新たなスタートをきらしてもらった様な神々しい気持ちになった。
c0146127_2345819.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2011-12-17 20:52 | 立体 | Comments(0)

<紅葉を描く> 11月の活動 ー その2 (12/7号)

 12月に入り<冬の入り口>という感じの、寒さが身にしみる気候になりました。
何かと後回しにしてしまう私の性格。薪にする丸太はあっても、まだ薪割りをしておらず、いざストーブを焚こうと思って急いで割っても乾いていないって分かっているのに・・・。明日はもう暦の上では<大雪>です・・・。

 さて今回は11月半ばの活動、<紅葉を描く>がテーマなんですが、今年は京都でも今頃が紅葉の見頃になっているそうで、全国的に遅かったようです。なもんで、その頃モミジもまだ紅くなっておらず、紅葉していたのはウルシ系の葉と、柿の葉くらいでした。でもでも、この柿の紅葉が素晴らしく色々な表情を見せてくれたので、それだけで充分なモチーフとなりました。という訳で、<紅葉を描く+柿の実>をテーマにしました!まずは庭に出て、柿の葉集め&柿の実もぎへ。
c0146127_2241073.gif
 苗から植えてまだ7年目の小木な柿の木。去年なんか2個しかならなかったのに、今年は豊作!100個以上も実をつけました。まずは和紙に墨で葉をよく観て1枚ずつ描いていきます。「画面のいろんな所に描いてみよう!」『これ虫食いのあと!』と黒く模様を付けたり・・・。「葉っぱが描けたら柿もよく観て描こう!」
c0146127_22553796.gif
 葉と柿が描けたら、枝も描いてみんなをつなげてあげます。そうしたらいよいよ着彩です。葉っぱをよ〜く観て、そこにある全部の色を自分の絵の具の箱から出してみます。パレットに出して水で溶いたら色を混ぜながら葉っぱづくり。
c0146127_2381145.gif
 きれいな紅葉が出来たら、柿も美味しそうな色に塗ってあげましょう!
最後に周りに秋の風を吹かせましょう。   鮮やかな夕焼け空に映える柿・・・。
c0146127_23132899.gif
           こちらは秋晴れの空にさわやかな風の中の柿・・・。
c0146127_23163067.gif
           もいだ柿はお家でおやつにどうぞー!

 小学生も柿と葉っぱを採って来てから、幼児と同様にじっくり観察をして、大きさや向きなどバランスをとりながら描いていきます。こういうときの集中力は、みんなもう大したもの!
c0146127_23285846.gif
 柿を描くときも横からや上から、いろいろな角度を工夫して・・・。
             そして着彩。観たものをそう見える様に描きましょう!
c0146127_2334076.gif
「前は緑だった葉っぱが、秋になると何で紅くなるんだろうね?」と、人間の顔が赤くなる時の、酔っぱらいの話と 恥ずかしい事をした時の話と 恋の話 で大盛り上がり!!!
 でも色で形が浮き出てくると、<絵描き>が集中しているときの様な、良い雰囲気の緊迫感が漂い始めました。
c0146127_23455520.gif
 美味しそうな柿も描けたら、自分の感覚で、バックを考えて塗っていきます。
c0146127_23523717.gif
 それぞれが各々の世界で作っているので、1人ずつの個性が 見ていてオモシロいんです。
c0146127_23562112.gif
下右は、パレットに出した絵の具をたまたま混ぜてみたらオモシロい色になった と、楽しそうにバックを描いていました。
c0146127_001566.gif
下左は、あまり手を掛けていないけど、柿が絶妙な空間で描かれているなぁ・・・。
c0146127_041169.gif
 左下の作者 Sくんは、この数日前 東山魁夷を扱ったテレビを観て感銘を受けたそうで『先生!この絵の青を何ていうか知ってる?!』   「しらない・・・。」
『これが東山ブルーだよ!』   「そ、そうなんだ。」
『じゃ、この緑はなんて言うんだ?』    「ん〜わからん。」
『これはね、S(自分の名前)グリーンて言うんだよ!』「・・恐れ入りました〜。」
 大きな柿が絵手紙の様な潔さがある。
c0146127_0181496.gif

        みんながみんな、秋を感じられた今回の活動でした。

 下画像、前回のブログに書いた 根が折れて葉がしおれても 花だけ咲かせた皇帝ダリア。
右の鳥、こたつに入ってテレビを観ていたら窓ガラスに コン!と当たってはじけたものが! 以前に鳩がぶつかって死んだ事があったので、外に出て探してみると、自転車のタイヤの所にいました!近づいても逃げないので心配しましたが、しばらく目を離していたらいなくなっていたので、元気になったんだろう、と。
で、図鑑で調べたら何と!ウグイスのなかまのエゾムシクイではないかと・・・。
c0146127_0323982.gif
 下のモミジは先週撮影したもの。 双葉から育てて20年目のモミジです。
c0146127_0434791.gif
       20年か・・・。ついこの間の様でもあります。

明日12月8日は太平洋戦争開戦の日(1941年)から数えてちょうど70年なのです。先日NHKで戦争体験者の証言で記録されたスペシャル番組が放映された。一部しか観られなかったが、特に心に刺さった証言があった。沖縄の防空壕で泣く赤子を敵に見つかってはいけないからと、静かにさせろ!と命令された兵士がではなく、母親が自分の胸にその赤ん坊の顔を強く押し付けて音(息)を消した、と。何度も何度も我が子の名を呼びながら・・・。 涙が出た。

 兵隊に行った 今は亡き父も、戦争の事はあまり語ろうとはしなかった。一度だけ「随分ひどい事をした。」と言っていた事があった。息子が言うのもなんだが、父は大変な善人であった。一昨年転んで脊椎損傷となり、のどに管を通した寝たきりになって、約10ヶ月後に衰弱して肺炎になり86才で亡くなった。なぜ、父の様な善人が、最期にこんな生き地獄を味わあなければならないのか・・・とずっと思っていたが、もしかすると この10ヶ月を生きた事で <ひどい事をした> 事の「清算をして天国に行ったのかい?」と今は遺影に問いかけている。
[PR]

by zoukeinomori | 2011-12-07 01:49 | 絵画 | Comments(0)