<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<セミを作る> 8月の活動ーそのⅠ (8/27号)

 昨日の午後のゲリラ的豪雨はすごかった!私はちょうど、足立区の学校からの駅に向かう帰り道で、簡易な折り畳み傘は全く意味がなく、池の中を歩いて来た様な感じでずぶ濡れ。東武線のホームでとりあえず靴下をしぼれるだけしぼる事くらいしかできず、JRに乗る頃は、冷房で体が冷たくなっていて、誉田に着いた頃は冷えきっていた。お隣りの市原では1時間に85.5ミリの雨量で史上最多だとか!
 今日は曇り空で涼しいが、そんな中でもセミの鳴き声は必死なほどにすさまじい。ほとんどがミンミンゼミとアブラゼミだが、ツクツクボウシも鳴き出し、晩夏を感じさせる。8月の初め頃の鳴き方とは、懸命さが違う様に聴こえるのは気のせいだろうか・・・。

 ブログ、やっと<8月の活動>になりました。8/1の活動・・・随分前の様な気がします。<セミ>を作りました。まず皆さんご存知、エリック・カールの「はらぺこあおむし」の絵本をみんなに見せながら読んで聴かせます。なんど読んでもステキな本です!アオムシが葉を食べて太って、サナギになって蝶になります。 
 続いてセミの話をするのに、生きた本物が手に入らず、抜け殻と死骸だけでしたが、見せながら「セミにもアオムシと同じ幼虫時代があってね・・・」と抜け殻を見せると『知ってるー!』って、みんな。「じゃ今から自分ゼミの幼虫をこの紙コップで作るので、マジックやクレヨン、絵の具で模様を描いていこう!」
c0146127_17251711.gif
 頭の方の模様ができたら、もう1つのコップにはお尻の模様を描きます。本物のセミのお尻を見ると段々になっていました。頭とお尻を接着する前に、足を作ります。「セミの足は何本かな?」自信を持って『6ぽん!』と言える子がいました!(居るんです幼児にも昆虫博士が!)アルミの針金を3本切って、キリで穴をあけた穴に通し、中からテープで固定します。そうしたら、子どもに指定された様にキャップに描いた目と、胴体をグルーガンで私が接着します。 立ち上がると生きているみたい!
c0146127_17362761.gif
 幼虫が完成! 続いて羽を作ります。「セミの羽って何枚かな?」『2まい!』って言う子と『4まい!』って言う子に分かれます。死骸のセミの羽をめくると、中に小さな羽がもう2枚ありました。「4枚が正解!」1枚ずつクリアファイルを配り、マジックで大きな羽と中くらいの羽を1枚ずつ描きます。セミの羽をよく観察すると葉っぱと同じ様に迷路がありました!みんなのにもそれぞれ面白く迷路を描いてもらいます。描けたら裏返すと、描いた線が透けて見えるので、それをなぞって同じものを描きましょう。
c0146127_175089.gif
 さて、クリアファイルをしっかり持って、羽の形をハサミで切り取ります。1枚を切ると、2枚の羽になりますね。羽が4枚で来たら、中を自由にマジックで塗りましょう!
c0146127_17542182.gif
 羽ができたら、幼虫の背中に付けます。小さい羽から順番に子どもと一緒にグルーガンで接着します。そして、それぞれの自分ゼミができました! 外の鉄棒の脇にとまらせてみます。羽を広げて飛んでいこうとするセミも・・・!
c0146127_17595226.gif
 これだけ大きなセミが、こんなに沢山とまっていると、怖い・・・かと思いきや、ユーモラスで、きれいで、愉快な感じがしてきます!セミは成虫で大人ですが、なんだかにぎやかな子ども達の様です。さすが、自分ゼミを作っただけの事はある!
c0146127_1841321.gif

 小学生もはじめに「はらぺこあおむし」を読んでからの導入です。「セミは幼虫のとき7年間も土の中で生活して、成虫になったら2週間しか生きられない・・・。そう!今の1年生と同級生ってことだね!」 まずは幼虫を作ります。ペットボトルにアクリル系の絵の具を入れ、中に色を回して着けます。キャップの方をお尻側として、マジックやポスカで自分ゼミの模様を描いていきます。
c0146127_2127373.gif
 突然、近くを散歩していた生徒のお父さんが「今近くでセミが羽化している!」と飛び込んできました。「えぇ〜?まっさかぁ!まだ全然明るい夕方の5時なのに・・・。」とにかく、みんなで見に行く事に!「ホ・ホントだ!なんてタイムリィ!」初めて見る子がほとんどで『スッゲー!』とか『キレ〜!』とか・・・。5分くらいで丸まっていた羽が伸びました。
 でも、こんな時間になぜ??アブラゼミ君?! 何だか神がかり的です!
c0146127_21384179.gif
 何だか皆あのセミにパワーをもらえたようで、雰囲気がセミセミして来た ような・・・。次に足作りです。幼児同様アルミの針金をそれぞれ切って、キリで穴を開けたところに通し、外れない様にビニールテープで固定します。出来たらキャップで作った目をグルーガンで接着します。これで幼虫の出来上がり!
c0146127_21494817.gif
 「さぁ!みんなのセミも羽化させよう!」死骸とはいえアブラゼミの羽を観察してみると、ただの茶色だと思っていたのに、迷路の様な葉脈の様な線が何とも美しい黄緑色をしている事に、見た子はチョーびっくり!羽の大きさや枚数も確認して、それぞれクリアファイルに描いていきます。中にはかなり時間を掛けてステンドグラスの様な感じに・・・。
c0146127_21593967.gif
 下画像の子は、羽根の形もよく観察して、色も左右対称。こだわっています!
       羽をグルーガンで着けたら腕にとまらせて、「ハイ・ポーズ!」
c0146127_2245484.gif
 ほとんどの子が500mlのペットボトルで作ったので、ツクツクボウシやヒグラシの様な細身ですが、下中左側の子だけ、1Lボトルだったので、クマゼミの様なバランスがまた いい感じです。   まるで、自分の分身のよう・・・!
c0146127_22105915.gif
 一見皆同じような形に見えても、よく見るとボトルにもいろいろな形があり、色などの印象からも、作品の持つキャラが何となく作者に似ている様に思えるから不思議です。口はクリアファイルの余りで作りました。このセミたち、腕にもとまりますが、お家ではカーテンやのれんなどにとまっています!そしてこのセミは、今年の夏の思い出を吸って、みんなの心に静かな声で鳴いているそうです・・・。
c0146127_22221575.gif

 下画像は、8月前半のアトリエから近くの田んぼ辺りの風景。左から、去年のこぼれ種からここまで育った朝顔。・稲の花がちょうど咲いた!・カラスウリの不思議な花は早朝咲いてすぐしぼむ。・落ちたばかりの鮮やかな色の山栗のイガ
c0146127_22292983.gif
 上画像から約10日後の田んぼの風景。・稲は穂をたらし始めた。おいしいお米が出来ます様に!・<瓜坊!>って感じの可愛いカラスウリがもう出来てました。
・見事なまでのコガネグモとその巣・今年生まれたであろう、小さいけど丸々したアマガエル
c0146127_2238240.gif
 画像だけ見ると、むか〜しからある、何でもない当たり前の、のんびりした田舎の夏の風景です。

 昨日26日、菅首相が退陣しました。 震災以降、壊れた心やモノの回復・復帰・復興、汚染されたものの処理、保証問題、原発等々・・・そこのところだけでも山の様な途方もない課題が進行形で終わりが見えない今の日本。 誰が首相になってもどうこう言える立場ではないが、当たり前の四季の暮らしを取り戻すべく、未来のために、党利党略・私利私欲を捨て、一致団結するべき時が今だという事に・・・気が付けないものか・・・

 7年後、14年後、21年後の夏・・・今日と同じ様に、けたたましく蝉が鳴いています様に・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2011-08-27 18:11 | 立体 | Comments(0)

<ローラーで遊ぶ>7月の活動ーそのⅢ(8/18号)

 毎日暑い日が続きます。1都6県に午前中に高温注意報が出され、ピーク時には36℃を超えるところ続出! 甲子園もさぞかし暑い事でしょう。習志野、負けてしまいました。日大三高のピッチャーが凄かった。素晴らしいの一言! しかし、どこの学校も応援団もよく頑張ります。この暑さ、ローラーで涼しい色に塗りかえちゃいたいくらいです・・・。

 という訳で、今回は昨年もやって盛り上がったローラーを使っての活動です。まずはみんなのスケッチブックを開いた状態で横につなげて大きな白い画面を作ります。「今は<夏!>だから、雪みたいな真っ白い画面を暖かい色で埋めちゃいましょう!」子どもたちは、ローラーを見た時から早く転がしたくてウズウズしています。4種類の暖色を用意しました。「みんなエンジンかかってるぅ? ヨーイ・スタート!」自由にローラーを走らせます。
c0146127_23121336.gif
 みんな夢中でローラーを走らせ、次第に余白を見つけては埋めていきます。ほとんど塗り終わって「うわぁ〜暑い夏になったねー!少し冷やしてあげようか・・・!」という事で、上から白の絵の具をローラーしていきます。
c0146127_23182731.gif
 今度は、少し涼しくなった夏色を背景に、型紙を使って絵の足し算をしていきます。型にする紙を半分に折って真ん中からハートの半分の形を描いて、切り取ります。「広げるとどんな形になるかな?」『ハート!』と、みんな即答。デザインは夏をイメージしたり、好きなものだったり、様々なものを描いては切って、『しっぱいしちゃったぁ』を繰り返しながらも出来た型でローラー開始! 今度は5色の寒色を使います。「スケッチブックのつなぎ目にもやってね!」
c0146127_23325533.gif
 7人で大きな画面に身体で描きました。 一仕事の後、気がつくと、強い西陽が入って来ていたので、ここでカーテン!
c0146127_23393567.gif
 普段の筆で描く絵とは全く違って・・・
           ローラーってすごい! そして、オモシロイ!
c0146127_23425996.gif


 小学生も今回は幼児と同じにローラー遊びです。はじめに塗る色、寒色チームと暖色チームに分け、開いたスケッチブックを並べます。
 寒色が5人で、暖色が7人になりました。まあいいでしょう・・・。それぞれ好きな色を付けたローラーを持ったら、まずは時計回りで画面にローラーしていきます。ヨーイ・ドン!色は重なってもいいよ!
c0146127_2351302.gif
c0146127_23514313.gif
それぞれ画面を埋め尽くしたところで、霜が降りる様に白を上からローラーします。
c0146127_2355576.gif
 型紙の作り方を教えてから、自由に好きなだけやってみよう!という事に。 暖色・寒色の絵の具をチェンジしてヨーイ・ドン! 小さい穴がいくつもある様な型も、模様として面白い! やっていくうちに、気持ち良くやっている子の上からわざと自分の型で上塗りして、それが嫌でまた上塗りして・・・なんて事も共同制作だと起きる事もあるのです・・・。
c0146127_044477.gif
気が付けば足の裏にローラーを走らせ・・・『んじゃボクは耳型で!・・・エヘ!』
c0146127_011576.gif
 「じゃみんなも最後に自分の手にローラーで絵の具をつけて、画面にペッタンしよう!」「ついでにその手で友達と握手をしよう!気持ちいいよぉ〜!」
c0146127_0154665.gif
更にクレヨンで形を付け足します。
          輪郭をはっきりさせてみたり、顔を描いてみたり・・・。
c0146127_019812.gif
 完成です。5人の寒色ベースの絵。画面左はすっかり暖色に・・・! 
でも、すっごく楽しそうでした!
c0146127_023944.gif
 7人の暖色ベースの絵の方は、女の子が多かったせいか、細やかな感じ。
c0146127_0261325.gif
 一人分の絵にしてみても面白い作品です。
       道具で遊ぶのも、造形の大切な要素といえるでしょう。
c0146127_0342754.gif

    まだまだ、夜明けと夕暮れにけたたましい <ヒグラシ> とその抜け殻。 
         でも、夜にはもう秋の虫が鳴いています Riririri・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2011-08-19 00:38 | 絵画 | Comments(0)

<描いて・切って・付けて>7月の活動ーそのⅡ (8/7号)

 明日8日はもう<立秋>という今日、ようやく「夏が来たなぁー」と言えるような暑さが戻り、外はうるさいくらいの蝉の大合唱です。明日からはもう、残暑お見舞い・・・になるんですよね。

 さて今回は、再構成を試みる活動です。まずは、墨で自分の名前を書きます。初めてのお習字、子どもたちもなぜか緊張気味。文字には意味がある・・・<書く>と<描く>の意味の違いに、改めて不思議な気がします。 名前を書いたら字の周りの空白に、暖色系、寒色系に分かれて色を埋めていきます。
c0146127_13541595.gif
 絵の具が乾いたら、絵をたてよこ半分ずつに折って筋を付け、それを目印にハサミで4等分に切ります。切れたらパズル遊び!バラバラになった絵を、元に戻してみましょう!自分のが出来たら、お友達のも交換してやってみましょう!たった4ピースだけど、割と時間がかかります。
c0146127_14304832.gif
 パズルが済んだら、自分の4枚の絵をよ〜く見て、一番気持ちの良いバランスになる様に並べてみます。決まったら、がんばって4枚をイッペンに持って裏返し、すき間が空かない様にテープでとめます。
「ハイ!今からマジックショーをやります!」ティッシュペーパーを箱から1枚取って、「たらららららぁ〜♫」と歌いながらゆっくり1回転すると、何と、テッシュが2枚になっています! 『そんなの知ってるよー!』『私だってできるよ!』ということで、ハイ!・・・「スバラシ〜!」皆さんよくご存知だこと!
 で、このティッシュを再構成した絵の上にこれから貼っていくのです。
c0146127_14494122.gif
 木工ボンドを薄く研いだ水を刷毛で塗った上から、ティッシュを全面に貼っていきます。重なってもOKです。これでバラバラになった絵が、ベールに覆われた様になって一体感が出ます。湿っているうちに更に上から■やら○等いろいろな木片をハンコにして絵の具でスタンピング!はじめに使った色系と反対の色系を使ってみます。
c0146127_14592560.gif
 ちょっと不思議な色彩の絵の完成!お習字の黒がアクセントになっていますね。
c0146127_1524271.gif
        不定形なのも動きが感じられてオモシロイですね。
c0146127_155176.gif

 小学生は幼児より少し大きい四つ切り画用紙を使います。同じ様に名前を習字で書いてもらいますが、自由にバランスをとって空間を作ります。
c0146127_15114793.gif
 やはり、余白に塗る色を暖色寒色に分け、自由に色を構成していきます。下画像中の子は、先日まで千葉県立美術館でやっていた山下清展を観に行き、パワーをもらったそうで、点描です! 右)色は重ねていくことも出来ます。
c0146127_1517375.gif
 小学生も絵を切ります。縦横半分の更に半分・・・広げると筋で8つの部屋に分かれています。ジョキジョキ! ここで、パズル遊び。8ピースでも、同じ形なので、けっこう難しい様です。お互いやりっこで、盛り上がりました。
 その後、自由に再構成し、裏からテープで固定します。
c0146127_15254963.gif
 けっこう墨の部分が多かったので、ホワイトを割り箸ペンなど細いものを使って、絵や模様を墨の上に加えていきます。それが出来たところで、幼児と同じ様に<マジックショー!> テッシュが2枚になったその瞬間、(・・)?! さすが今時の小学生(?!) なんだか寒〜い空気が教室に漂います・・・。ということを経て、再構成した絵にティッシュを貼っていきます。
c0146127_15373833.gif
 さらにスタンピング。木片に加え、丸棒やセロテープの芯(輪)を転がしてみたりしているうちに、手や足でも・・・。
c0146127_15421114.gif
 基本、暖色寒色をはじめに使ったのとチェンジしてスタンプしました。
  小学生のはいろいろな形の絵があってオモシロイです。
c0146127_15454968.gif
c0146127_15463534.gif
c0146127_16281162.gif

  こんな<絵> のかたちも有りってこと! 
              プロセスにそって、心のままに出来た色と形
c0146127_16294238.gif
        2011年8月4日のアトリエの空  の再構成・・・。















 
[PR]

by zoukeinomori | 2011-08-07 16:33 | 絵画 | Comments(0)

<七夕飾り>7月の活動ーそのⅠ(8/2号)

 8月です!明後日くらいから厳しい暑さが戻ってくると天気予報では言っていますが、台風6号以来、全くクーラー要らずで、朝晩などは長袖の私です。避暑地に居る様な心地よさ・・・。 しかし、新潟や福島の過去最悪の集中豪雨の被害を考えると、そんな暢気なことを言ってる場合ではありません! またちょっと大きな地震もあったし・・・。朝刊見出しは「敷地内で1万シーベルト超!」なんていうことになっていたし・・・
いくら祈っても、そうそう思いが通じる訳ではないんですね。でも、でも・・・。

 今回はもう約1ヶ月前の活動です。祈りを込めようと作った<七夕飾り>!子どもたちは、まだまだ個人的なお願いごとが多いですよね、そりゃ・・・!
 幼児クラス、この日は2人での活動でした。はじめに手ごろの竹を切りにいきました。教室に戻って、色画用紙に好きな色の色紙を3枚糊で貼ったら、その周りにクレヨンで迷路のように線を描いていき・・・
c0146127_17231341.gif
・・・その上から絵の具を塗ります。「これがあとでお願いごとを書く短冊になるからねー!」次に下中画像のように線を入れたところをハサミで切り、くるっと丸めると、タコの様になります。丈夫にするために上の方には針金を入れています。タコ足に模様を描きます。
c0146127_17343142.gif
さて短冊作りです。さっき色を塗った絵の裏に、タテヨコ波線を描いて全部切ると、12ピースくらいに分かれます。それを3ピースくらいずつホチキスでつなげます。
c0146127_17442875.gif
ここで更に下左図の様に、筒状の紙に紙テープをクラゲの触手の様にホチキスで留めたものを作っておきます。いよいよさっき作った短冊の裏にお願いごとを書きます!自分で言ったことをお母さんに手本を書いてもらい、それを見ながら、集中して自分で書きました。
c0146127_1753781.gif
 『ロボットがじょうずにかけますように』『あしがはやくなりますように』
『せかいのぜんぶのむしをみつけられますように』・・・だって!純粋な願いに心打たれます! あっ!ばらしちゃってごめんね! タコ足に短冊をバランスよく足して、タコの中にクラゲを加え、竹に付けたら七夕飾りの完成です。
c0146127_1805570.gif

 小学生クラス。七夕の話のあと、「祈りや願いを込めるものだから、これからやる一つ一つを丁寧に、大事に作っていきましょう!」という事で・・・!
 まずは短冊を作るために・・・作り方は、基本、幼児と同じです。
c0146127_18145145.gif
 次に、小学生の今回のメイン!照明器具を作ります。まず、色画用紙を拡声器の様に丸めます。そうしたら、下の方から3㎝幅くらいで、リンゴの皮ムキの様に上の方までハサミで切っていきます。長〜い紙になったら、絵の具で色を簡単につけてタオルで水分をとります。少しずつ隙間を開けつつ、ホチキスで留めながら巻き戻すと、螺旋の様な形にな・・・る筈だったんですが、まぁでも形になれば一応OKです!
c0146127_18285615.gif
 で、ここから次の行程の画像が無いのですが、こんな時は私が忙し過ぎて、カメラどころではない時なのです。
螺旋状のトップは5㎝くらい三角錐のままにしておき、単3の電池が入るくらいの穴を切っておきます。文で説明するのは難しいですが、豆電球をソッケットにはめ、電池の+極にはセロテープで線を固定しておきます。もうⅠ本の線は−極に触れればすぐに電気が着く様にセッティングしておき、これを作った螺旋のてっぺんにテープで固定します。 な訳で、『できなーい!』とか『(電気が)つかなーい!』で、てんやわんやだったのです。  一段落して、みんなで my竹を切りにいきました。お家の環境により、大・中・小を考えて・・・。
c0146127_18462720.gif
 そうそう、竹を切りにいく前に、幼児同様、はじめに描いた絵を切って再構成し、2本の少々長い短冊にし、それぞれ願い事を書きました。
 小学生には数人、『世の中』とか『平和に』など、自分にでないものに向けた願いがありましたね。 最後に、それぞれの竹に照明と短冊を付けて完成です。
c0146127_18542270.gif
c0146127_18563266.gif
 下左画像の様に、らせんのトップに電池の半分が出ている状態になっていて、−極の上にカワの剥いてある線がきています。ちょっと押すと電気がつく様になっていて、七夕の夜に真っ暗なところで、線をテープで固定して、電気をつけ、祈りましょう!という企画です。単3電池の豆電球でも、けっこうな明かりになるものです。
c0146127_1935287.gif
 自分の作った明かりに照らされた<願い>は、いつもは怖い暗闇でも、希望の光となることでしょう・・・!?

 7月後半のアトリエの庭
左)夏の空に4総の藤が咲いていたのです! なぜ??? 中)まだまだつぼみまであった泰山木!今年は沢山咲いてくれました。 右)なんて名前だったかな?戴いた植木で、1年で随分大きくなりました。名が分かる方は教えて頂きたいです。
c0146127_191581.gif
 左)こちらも随分大きくなりました!カマキリ。バッタをむしゃむしゃ美味しそうに食べています。背中の曲がり具合といい、悪い奴に見えてくるなぁ・・・。
右)多分スズメガの幼虫。こちらは反対に模様が愛嬌振りまいています。
c0146127_19204422.gif
 次はお楽しみ、実のなるもの!
左)種植が少し遅かったけど、ちゃんと花が咲きだした落花生。 中)直径7〜8㎝になったカキ。今年はすごく沢山実っていますが、少しずつぽとぽと落ちだしていて、心配! 右)毎年実をつけるチョコレートベリー。名前とは裏腹に全然甘くなく渋い。ジャムにしたいが、それほどの量がなく・・・。
c0146127_19281424.gif

 実りは、有り難くも、当たり前のごときにあるものの・・・
目には見えない恐怖の<アレ>が農家や、畜産業、そして多くの人々を悩ませる。そして、まだ予想のつかない果てには、今の子どもたちを恐ろしい病にするかもしれない。 
 私の教え子の学生に、この春まで、福島第一電発の隣にある富岡町に住んでいた子が居る。この夏休みに、許された日、数時間だけ防護服を着て実家に戻るそうだ。
『帰るよ、先生!』と言っていた。その眼差しに<恐怖>は感じられなかった。それよりも、悲しみをこらえた強い意志を感じた。自分が今まで育ち、生きたその家や土地をどんな思いで視てくるだろう。どうか、希望の芽を失うことなく、戻って来て下さい・・・! 



 
[PR]

by zoukeinomori | 2011-08-02 18:03 | 立体 | Comments(0)