カテゴリ:絵画&立体( 10 )

<ホチキスでつなげてみよう!>9月の活動Ⅰ・Ⅱ(10/21号) 

 かなり久々のアップになります。ご無沙汰していました。前回 5/7のアップが昨年の9月の活動。今回のアップは先月の9月の事になります。その間はどうしたかというと、アトリエの活動は変わらずありましたが、ブログにしていなかったのです。PCが壊れたとか、色々言い訳はありますが・・・。機会があれば、ぼちぼちそのブランク分もアップしていきたいと思います。

 今回は主に幼児のホチキスの活動を2回分アップします。

その Ⅰ:ブドウを作る
 
 今年はほとんど残暑なるものを感じないくらいの過ごし易い9月でした。なので「秋」の導入もし易く、「秋といったらなぁにかな〜?!」で出てくるのはやはり食べ物。梨・栗とくればそう!ブドウです!「今日はみんなでブドウをつくるよー!」と本物のブドウをまず見せてあげます。子どもたちは一斉に「やったー!」という顔をしますが、見せるだけです。何となく生唾ゴックン状態で、ブドウの味をクレパスで画用紙に描いてもらいました。
c0146127_1593819.gif

 その後に、お待たせしました、大玉のブドウを食べて頂きます。全部皮をむいてから食べる子。そのままほおばる子。それぞれに大好物の様です。
c0146127_1515016.gif

 甘〜いブドウを堪能したところで、今度はブドウの香りのイメージをえのぐで塗る事にします。これ!と思う色を3色 画面の上に出し、水もたらしたら、筆で香りが出てくる様に塗っていきます。
c0146127_15202525.gif

 色々なブドウの匂いがしてくるかの様に多彩です。 えのぐを乾かしたら4分のⅠの大きさにしたものを2枚重ねて、裏の白いところにブドウの実になる丸を小さくならない様に3〜5個描きます。もう1枚の画用紙にも丸を描いて、ハサミで切り取ります。すると全部で12〜20個くらいのブドウの粒が出来上がり!それをホチキスで一つずつ足していきながらブドウの房にしていきます。
c0146127_153559.gif

 そうそう、絵の具を乾かしている間に、別紙に「こんなブドウの粒があったら面白いだろうな」という粒を自由に描いてもらいました。花や言葉や好きな色などいろいろ・・。それも一緒にくっつけて1つの房にします。
 房が出来たら、T字に作っておいた枝と合体して、麻布に貼付けました。最後にみんなのをつなげてブドウ棚の様にしてみました。
c0146127_15411948.gif

 みんなで記念撮影、はいポーズ!
c0146127_15452673.gif

 小学生もほぼ行程は同じです。
c0146127_15544392.gif

 幼児と少し違うのは、切ったブドウの丸に切り込みを入れ、重ねたところをホチキスで留めて円錐形の一粒を作り、それを足して房を作ったので、少し立体的になっています。
c0146127_15552316.gif

 「ホチキスってすご〜い!」 その1

そのⅡ:つなげて遊んでみる

 まず1人1色、自分の色画用紙を選び、更にトレーに出されたえのぐの色も決めます。全員の画用紙をつなげて1つの大きな画面にし、自分の決めた色のえのぐをローラーで手に塗って、ペタンペタンお手てハンコをやっていきます。そのうち1人の子が『足の裏に塗ってもイイ?!』ときまして・・・
c0146127_165174.gif

2人3人やりだすとキャーキャーと黄色い声が上がってきます。
もう既にローラーなんかでえのぐをつけている場合ではありません。
c0146127_1694980.gif

 ハイ、これで今日の材料の準備がほぼ出来ました。
濡れぞうきんで足の裏を拭いて、えのぐをドライヤーで乾かします。
c0146127_16135436.gif

 乾いたら、色画用紙を元の1枚ずつに戻し、2人分を重ねて7cm 幅くらいに線を引いてあげます。それを2人が協力して切り分けます。全部切れて、バラバラになっても色で自分の帯が分かります。
1人8本くらいの帯が出来たでしょうか、その帯と帯の端をホチキスでつなげて長い1本の帯にしていきます。『きれいな色!』この時点でみんな自分の帯にかなり愛着を持っている様子!
c0146127_1623178.gif

 長〜い帯が出来ました!さあ、これでナニして遊ぼう・・・!?
丸め始める子がいると、ピン!と来るのか、みんな丸め始めます。真ん中を引っ張って「見て見て!スカイツリー!」と得意顔の子。端を持ってビョ〜ンて投げる子。でもこれ、けっこう難しいんです。ぐるぐる回すのも楽しそうでしたが、「カラダに巻き付けるのは?」には、なぜかみんな『イヤ〜!』と・・・。やはり丸めるのが一番面白いらしい。
c0146127_16312815.gif

 「じゃ、全員のをつなげて1本にしたらどれだけ長くなるかなぁ?!」に盛り上がりを期待していたら、『やだー!つなげたくない!』と、みなさん自分だけの大事なモノを他人のと一緒にしたくない、という気持ちなのでしょう。「どれだけ長くなるか、お外に出て引っ張って、みんなで持って探検にいこう!」・・・でようやくつなげることに・・・。みんなで所々を持ってアトリエの周りを回ります。それみたことか、やっぱり楽しそう!
c0146127_16413453.gif

 一枚の紙を切ってつなげたら、こーんな事も出来ちゃったね!
「ホチキスってすごーい!」その2

小さいものから巨大なものまで、「つながっている」ものっていろいろあるけど、それを意識できると何だか世界が少し広くなる様な気がします・・・。
c0146127_1647463.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2014-10-21 16:56 | 絵画&立体 | Comments(0)

<梅雨を表現する> 6月の活動ーⅠ(9/17号)

 各地に大変な被害をもたらした台風18号も一過、強い日差しが差すものの、からっとした秋風が何とも肌に心地いい・・・。ミンミンゼミもアブラゼミもツクツクボウシもまだけたたましく鳴いているけど、あちらこちらにアカネトンボの羽がキラキラしている。

 昨日の朝は暴風雨ですごかったけれど、同じ雨でも今回は6月の梅雨の頃の活動について。
梅雨のお話から、梅雨の空(雲)を描きます。今にも雨が降ってきそうなので、傘を作りましょう。スーパーのトレイにマジックで<自分の傘>を描いたら切って、絵の具で好きな柄にします。
c0146127_153536100.gif

 自分の傘を作ったので、自分が傘をさしている様に絵を作ります。<梅雨>といったら?!で、色々思い浮かぶものを言ってもらってから、更に絵を作っていきます。
c0146127_154263.gif

 ここでゲストの登場!下画像で、アジサイとホタルブクロにくっついているカタツムリが見つけられるでしょうか・・・?!色紙や雑誌の切り抜きなども使って、賑やかな梅雨の風景に・・・。
c0146127_1633819.gif

 さあ、本日のメイン、雨を降らせましょう!雨と言っても虹色の雨を降らせます。
       クレヨンで塗った雨雲の上に、好きな色の絵の具で水たまりを作ります。
c0146127_1674996.gif

 たくさんの色の水たまりが出来たら、「せーの!」で絵を起こします。
すると! いっぺんに雨となってザァッ!と降ってきました。そこに霧吹きで水をかけると、
     霧雨の様に色が広がっていきます。  更に絵の具で雨を降らせたり・・・!
c0146127_16142418.gif

   タオルで水分を拭いたので、少し色が薄くなりましたが、
                   賑やかで楽しい梅雨の絵になりました!
c0146127_16185761.gif


 小学生にも「梅雨と言ったら?!」と、色々なお話をしてから、今回は絵をたくさん描いて、
1週間の曜日カレンダーにする事を告げます。それを何と、ビニールに描くのです!
その前に、紙にイメージを描いて構想を練ります。アイディアが決まったら、黒マジック、
又はカラーマジックで絵を描いていきます。アジサイやカタツムリはモデルになっています。
c0146127_1627619.gif

 黒マジックで絵の輪郭だけ描いた人は、マンガのセル画の様に裏からビニールにも塗れる絵の具で着彩していきます。カラーマジックで絵を描いた人は、裏から輪郭を黒マジックでなぞって、その上から白絵の具を塗ります。
c0146127_1633398.gif

 下画像は上が、裏から絵の具を塗ったもの。下が、裏に白を塗った絵を表にしたもの。
          月火・水木・金土・日・・・の4枚で作ってあります。
c0146127_1637118.gif

 さて、何でビニールに絵を描いたのかがここで分かります。棒と割り箸をグルーガンで接着させながら四角い立体を作ります。絵を描いたビニールの上の方に割り箸1本を巻き付け固定。
             立体の上から吊り下げる様に飾るのです。
c0146127_16423512.gif

 4枚の絵が重なると、少しずつ後ろ側の絵も見えるという仕組みです。
       曜日が替わる毎に順送りにすると、少しずつ絵も変わっていくという訳です。
c0146127_16471061.gif

   下画像は、フラッシュで光って分かりにくいかもしれませんが、
                   ある子の1週間分のカレンダーです。
c0146127_16501766.gif

 正面から見ると2次元なのに、不思議な奥行きが感じられます。斜めから見るのもまた面白いものになります。  ジメジメの梅雨時期に楽しい絵と出逢える作品が出来ました!
c0146127_1655790.gif


 台風一過の田んぼ。今日でとうとう<かかし>の撤去ですー!
   大勢の人から声を掛けて頂いて、作った甲斐がありました。
    1体ずつに「ご苦労様!」と声を掛けて、トラックに積み込みました・・・。
     やっぱり、<田んぼには案山子>の風景が合うなぁと!
       来年はもっとたくさん飾れるといいなぁと思っています。
c0146127_1752484.gif

 稲刈りをしてから1週間しか経っていないのに、もうこんなに草が伸びました。
  今、田んぼには、トンボのカップルだらけ! 
見ていると、横取りしたいオスが現れたりして・・・トンボの世界もたいへんだな、と・・・。
c0146127_1711495.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2013-09-17 17:13 | 絵画&立体 | Comments(0)

<サツマ芋の長いつるごと描く&海の中の物語ー浮沈子を作る> 11月の活動 - Ⅰ(12/14号)

 師走も早、半ば。今年も後半月となってしまいました。毎朝、金魚の居るバケツの氷が厚みを増している様です。それともう明日は衆議院選挙!こんな人気のない所にまで、宣伝カーからの騒音が響きます。

 だいぶ間が空きました。今回は11月の初めの活動で、幼児は畑のサツマ芋抜きから・・・今回のお芋は苗も良くなかったのと、畑も貧土だったので、収穫は思った通り少なく小さい! それでも掘りたての芋を洗うと本当にきれいな赤紫色が見られます!葉っぱ付きのツルごと教室に持って来て、みんなのスケッチブックをつなげて大画面に描こうと思っていたら、今日は何と一人だけになってしまったので、急きょお母さんと私も加わり、大きな画面にして一人ずつ順番に長〜いツルを好きな色で描いていきました。
c0146127_2293736.gif
 
 ツルが画面にいっぱい描けたら、別紙にきれいな赤紫のお芋を見てクレヨンで描きます。青と赤をゴシゴシ混ぜるといい色になりました。それをハサミで切ったら自分の画用紙の中に配置させて貼り付けます。
c0146127_22161148.gif

続いて葉っぱ作り。紙で型を切り抜いてローラーでステンシルの様にして描きます。サツマ芋の葉っぱは♡の様な形をしていますが、形や大きさは自分で考えてやる事に・・。1枚2枚とやっていくと、足りないとところが見えてきます。お母さんもけっこう楽しんでくれている様子・・・。
c0146127_2226266.gif

 3人分の根とツルと葉っぱとお芋がつながって、おもしろい絵が出来ました。
         子どものだけ見ても、広がりのある面白い空間のある絵になっています。
c0146127_22315871.gif


 小学生の活動は<浮沈子>を利用して・・・「浮沈子」って実は私も最近知ったのですが、あまりの面白さに、どう造形と結びつけようか考えて、今回の「海の中の物語」というテーマにして作る事にました。
 本当は500mℓのペットボトルでやるのが適した大きさであると思いますが、あえて1.5ℓ 以上のペットボトルにしました。しかも丸い形のボトルである事が重要なんです。まずみんなの目の前でボトルの下から糸を引っ張る様な仕草をしてみせると、中の魚が上から下に引っ張られる様に沈むんです。みんなの目はまん丸に・・・!やる気満々のみんなも制作開始。ボトルの面積の3/4(正面を除いて)にビニール専用絵の具で海の中を想像して模様を描きます。
c0146127_2244397.gif

 次に薄緑の画用紙に、それぞれ海の中の絵を描きます。
       クレヨンでか描いたら、青系の絵の具で上から塗って水中のイメージにします。
c0146127_22493497.gif

 さて、いよいよ浮沈子作り! これによく使われるのが、この魚の形の弁当用しょう油差し!ネット通販でも買えますが、大きなホームセンターでゲット!(ずっと安い)あと角モノしょう油差しも用意。それと重りとして付けるナット・・・つまりこれを沈子と言います! 
       まず1人魚3匹、それぞれマジックで思いのままの魚にしてあげます。
c0146127_2331936.gif

 そうそう、下の写真に写っていますが、本物の金魚に登場してもらい、初めの導入に一役買ってもらったのでした! さて、次の作業が重要なんです!水をスポイトの様に吸ったり出したりしながら、浮かべて丁度シッポが出るくらいに重さを調整します。
c0146127_23103085.gif

 ペットボトルに水を満タンに入れ、魚たちを投入。キャップを締め準備完了! 両手でボトルの腹をギュ〜ッと押すと、ヒュ〜ンと魚が沈んで、手を離すとスーッと浮いて来たら成功です!魚の中の水加減が悪いと、沈まなかったり沈んだままだったりしてしまいます。その時は1度出してまた水加減を調節します。上手くいったら、後ろに 描いた海の中の絵を屏風の様に置いて雰囲気を作ります。
c0146127_23271614.gif

 魚の他に角モノのしょう油差しに足を付けてイカやタコを作ったり、おかず分けに使うビニールの草に針金で重しを付けて底に沈めたりで賑やかな海の中を作ります。
             写真はみんな沈んでいる途中のものです。
c0146127_23325297.gif

 これ実はかなり力が必要なんです。でも中にはスッと軽い力で沈むのもあるんです。
             下写真の女の子、口は笑っていても、かなりの力で押しています。
c0146127_23375930.gif

 結局、なぜ魚が沈んでまた浮かぶのか・・・? ギュッと押さえる事で外に出ようとする水が、魚の中に少しだけ入り込んで重くなり沈むのです。 写真はフラッシュを使った方がきれいに撮れる事を後で知りました。水がレンズの役割をして、バックの絵がおもしろい効果を生み出します。 
  お家で知らない人にやる時は、力を入れているのが なるべく分からない様に笑顔でね!
c0146127_23523133.gif


 下は11/30 早朝、満月の翌日。 
       手を離したら、何だかヒュ〜ッと浮かんでしまいそうな気がするー!
c0146127_23571164.gif

   12月になってからは、なんとも寒々しい光景の朝だけど、
         粉を吹いた様な霜の白と、氷のキラキラが、
                  秋とは違う音を感じさせるんだなぁ・・・。
c0146127_04833.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2012-12-15 00:13 | 絵画&立体 | Comments(0)

<シャボン玉で遊んでⅡ> 9月の活動Ⅲ(10/14)

 気が付けば10月ももう半ば、ほんの数日香ったキンモクセイに替わって、匂いと言えば銀杏のつぶれたあの臭いがまた季節を感じさせます。でも、晴れだった昨日13日に、まだミンミンゼミとアブラゼミが鳴いていました。・・・嗚呼、夏のなごり・・・

 さて今回は、東京から来た<ミッキーズ>というグループが、フライングディスクの合宿の一環で、もう4年目になるでしょうか、今年もアトリエにやって来ました。ミッキーズは中学の特別支援クラスを卒業した生徒・家族・関わりのある教師が、フライングディスクの活動を基本としてつながりを広げているグループです。かつて私と美術を一緒にやった子ももう20代半ばに・・・!

 今回は、前の週にやったシャボン玉が大変楽しかったので、みんなにも楽しんでもらおうと、また企画しました。11時過ぎ、駅から歩いてきたみんなと挨拶を交わし、まずはシャボン玉で遊んでもらいます。みんな、たちまち笑顔に・・・! 恐るべしシャボン玉の魅力!
c0146127_11618.gif
 朝のうちは雨がパラパラ降っていましたが、みんなの想いが空まで届いたかの様に青空になってきました。数年ぶりのシャボン玉にみんな夢中!
c0146127_11111944.gif
 きりがないので、中断してアトリエに入って今度はえのぐで絵のシャボン玉づくり!
 水を塗った画用紙の上から好きな色の絵の具をたらしてボカシていきます。いろんな色が混ざったら、軽くタオルで水分をとって天日で乾かします。
c0146127_1119368.gif
 この時、外はもう真夏の様な日差しになっていて、そんな中、お父さんやお母さん方が
<バーベキュー&焼きそば>づくりで炎と格闘中! 
 中では涼しげな<のれん>作り。貝やサンゴ・木片などを使って、棒を通した2枚の麻布に
ボンドで自由に貼っていきます。 そう、夏のなごり・・・な感じ・・・。
c0146127_11292854.gif
 今度は自分の思いのままに絵の具で色を着けていきます。たっぷり塗る人もいれば、麻の感じを活かそうとワンポイント程度に塗る人、貝殻の上だけ塗る人・・・だんだん個性が見えてきます。
c0146127_11345335.gif
 
 ここでようやく昼食です!時刻は2時!みんなのお腹はもうペコペコ!外に出るとテーブルには色とりどりの美味しそうな料理の数々が! この時の写真が無いのが残念!私も夢中でご馳走になってました。本当に美味しかったですー!
 お腹も落ち着いて、シャボン玉遊び ー ラウンド2!
             もうみんなは周りの自然と一体化しています!
c0146127_1147013.gif
 そこそこで切り上げ、教室に戻って、初めに絵の具をたらした画用紙の裏にシャボン玉の形を鉛筆で描いたらハサミで切り取ります。
        15枚の のれんが広がっているので、もう足の踏み場が無い状態・・・!
c0146127_11544067.gif
 裏返してみると見事なシャボン玉がたくさん! 自分の のれんを「空」だと思って、作ったシャボン玉を飛ばす様に置いてみましょう! 「よし!」と思ったら、ボンドで貼っていきます。
                   切り残った形も貼ってみると面白いバランスに!
c0146127_124077.gif

 完成です! みんなが楽しく遊んだ気持ちがそのまま表れた様なステキな作品になりました!
    みんなの頭上にシャボン玉が!? のれん から抜け出したのかな・・・?!
c0146127_129890.gif
 
   いやぁ、本当に楽しいヒトトキでした! みなさんありがとうございましたー!
             また来年もお待ちしています〜!
c0146127_12121342.gif


   「アトリエ付近の田んぼ道から」
         
            秋の彩り・・・
                         冬への準備・・・
c0146127_12175237.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2012-10-14 12:21 | 絵画&立体 | Comments(0)

<夏の壁かざり> 8月の活動 ー そのⅡ (9/6号)

 9月になり日中はまだまだ暑いですが、夜には虫の音が響き、秋の空気が漂い始めました。やっと雨が降ったものの、激しいゲリラ豪雨の様で、心がざわめきます。3日にこの近くであった落雷、私が見たものの中では最大級のものでした!これから来る 秋や冬を連想させる<晩夏>の雰囲気は、何やら淋しい感じがします。

 さて今回は、夏休みの終わりに涼しげな壁飾りを作ります。まずはみんなに、夏休みの楽しかった思い出を聞いてみます。・・・海に行ったこと、プールに行ったこと、花火を見に行ったこと、などなどたくさん出てきます。机の上にはキューリ・トマト・ナス・ニガウリ・ピーマンといった夏野菜があり、壁飾りに夏の雰囲気を出すためにそれらの野菜をクレヨンで描きます。さらに「夏と言ったら?!」という問いかけの後、思いつく夏のものを描いていきました。描いたら一つずつ切り取ります。
c0146127_13455659.gif
 長さ1m 幅20cm の麻布を二列に並べて棒を通せる様に、上の方にホチキスを使って通し穴を作ります。棒を通したら、机の上に広げ、描いた夏物の絵を配置を考えて置いてみます。
c0146127_1473357.gif
 さらに(沖縄で拾ってきた)珊瑚も加えて配置し、決まったら木工ボンドで貼付けます。
c0146127_14105285.gif
 まだスペースはかなり空いていますから、その他の貼付ける材料<貝殻・木片・スパンコール・セロハン>などで空間を作っていきます。
 自分で家から持ってきた<夏の思い出の品ー写真・貝殻>などを貼っている子も・・・。貼れたら自由に絵の具を塗りましょう! 下右画像の子は、楽しそうに貝や珊瑚から塗り始めました。
c0146127_1426730.gif
 涼しげな感じに・・・という事だったのですが、下左画像の子はなぜか真っ黄色に! その他の画像、女の子らしく浴衣姿の自分が・・・。カボチャの種がいい味出しています。
c0146127_14321282.gif
 完成です!下左から、黄色地に大きなキュウリが2本、大胆な構図です。黄色はアニメキャラクターの麦わら帽子をイメージしたものなのだそうです!/大きなスイカがまず目に留まりますが、お台場に行った時のお気に入りの写真を切って使いました。/大好きなカブトムシが夜空の花火を見ています。/全体をバランスよくまとめ、珊瑚でアルファベットを作ったオシャレな作品。
c0146127_14402229.gif
 涼しげな優しい風とともに、風鈴の音が聴こえてきそうな、
               みんなのそれぞれの<夏らしい感じ>が伝わってきます。
c0146127_1447230.gif
c0146127_14483241.gif


 幼児クラスの活動も、基本同じ活動です。この日は体験で来た子が3人いて、はじめはかなり緊張気味・・・。夏のお話やら図鑑を見せてみたりしながら、夏のイメージを描くのですが、なかなかクレヨンが進みません。表現に慣れていない年中さん位の子は、客観性が芽生えてきていますので、<上手に描けないといけない>という観念を持ち始めると、<絵>に自信を持てなくなっていく事があります。ですから、今回初めから〜〜を描こう!というのは、難しい課題を与えてしまったという事になります。上記の観念にとらわれない子は自由に描いていきますが、でもこれは、発達段階上、誰でもが通る道であり、客観性が育った証拠とも言えるでしょう。
c0146127_15175616.gif
 その後の活動、<置く、貼る、色を塗る>という行為になると、たちまち元気に楽しそうにやり始めました。これは<描く>という完成度を求められる活動ではない<行為>だから楽しいのです。幼児にとって楽しい行為とは、すなわち<遊び>以外の何者でもありません。<置く、貼る>は積み木の延長であり、<絵の具を塗る>のは、水遊び又はどろんこ遊びの延長なのです。 この<遊び>を沢山経験している子ほど、自然と造形が好きになります。 ですからここのアトリエでは、<遊び>の中から自分で作り出す喜びを育む活動を目指しています。
          <失敗>は無しです。<描いちゃいけないもの>もありません。
c0146127_15342781.gif
 結果は満足のいく作品が出来た様です。今回は休みの生徒さんが多く、いつもの自由な雰囲気よりも緊張の雰囲気から始まったのもあったと思います。楽しい!と思えれば、またやりたい!と思えるのです。ですから、楽しくない事をさせてはいけません。それは指導者の造形上の課題であり、責任でもあるのです。
c0146127_15444519.gif



   少し前までは、いつも何かの形に見える夏の雲でした・・・。 「ピカー!」
c0146127_15545328.gif

 
 庭のあちこちに咲いたユリももう最後の一輪に・・・。
       玄関先にびっしり絡み付いた山芋のツルには、もうムカゴが・・・
                       実りの<秋>は、もうすぐそこ・・・。
c0146127_15571948.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2012-09-06 15:59 | 絵画&立体 | Comments(0)

<七夕飾りをつくる> 7月の活動 ー No.1 (7/21号)

 今週木曜日 19日には東京でも35℃を超える酷暑となり、全国で熱中症で運ばれた人も数百人単位で急増したそうです。がしかし、その日の夜から涼しくなり、昨日は4月下旬の気温だとか・・・今日 今も長袖です。クーラーいらずで助かりますが、JR はおかまい無しに寒くなるほど冷房付けてる無神経さ、困ったものです・・・。

 暫く間が空きましたが、今回は七夕飾りづくりです。今回の主な内容は
・ローラーで絵を描く・平面を立体にする・ハサミやホチキスで造形する・・・
の3点になります。

 幼児クラスから。みんなも幼稚園で七夕飾りを作っている様で、オリ姫とヒコ星のお話は知っていて、何となくロマンチックな日のイメージは持っている様です。七夕の歌を口ずさみながら、色画用紙に数枚の色紙を貼付け、カラフルにします。6種類の絵の具をトレーに出し、少しだけ水をたらしたら、みんなにローラーで絵の具を延ばしてもらいます。
       (みなさん お行儀がよろしい・・・!)
           さぁ、裏返した色画用紙にローラーで色をのせてみましょう!
c0146127_12533671.gif
使うのは一応3色までという事にして画面を色で埋めていきます。色が埋まったら、ホワイトの登場。色の上からローラーで白を塗ると、色が混ざって氷が張ったみたいに涼しげな感じになり、楽しくてみんなのローラーにも力が入ります。

 次に更にローラーでステンシルをやるので、型紙の作り方を教えます。半分に折った紙で真ん中に形を描き、切り取って広げると、左右対称の形が出来ることをやって見せてあげると、
すぐに『!!!』 ☆ なんか作っています!
c0146127_13252162.gif
 2種類の型紙を作ったら、好きなところに 好きな色でローラーしていきます。一番初め、型を外して出来たかたちを見た瞬間、誰もがその出来映えに声を上げます!
乾かしたら筒状に丸めて、片方にこいのぼりの口の様に針金を入れるところまでやってあげます。
c0146127_13385540.gif
 七夕と言ったら願い事・・・次に短冊を作ります。新たな色画用紙に基本 縦横2本ずつくらいの自由曲線を描き、その線をハサミで切ったら、一枚一枚をホチキスでつなげていきます。短冊ならぬ長冊に!筒状にしたものにハサミを入れて、吹き流しの様にしていきます。内側には貼ってあった色紙が模様になっています。
c0146127_13465954.gif
 吹き流しと短冊にヒモを付け、用意しておいた竹に付けて一応の完成!やることが沢山あって、ここまで1時間半。みんな、よ〜く集中してガンバったねー! 
   という訳で <お願いごと> はお家に帰ってからね!ということに・・・。
c0146127_13525612.gif
      まるで恵比寿様の様な天使たち・・・! 
  竹が長いと車に入れられないからと、みんな随分短くしてしまいましたが・・・
               その後、なんて書いたのかなぁ、願い事・・・。
c0146127_13554290.gif

 小学生にもロマンチックな七夕の話から。あまり話に力が入りすぎると、冷めた声で『早く始めようよー!』と急かされ・・・。模造紙半分大の 白と色付きの紙を1枚ずつ使います。後で吹き流しの様な飾りにすることを告げ、2枚を縦につなげて長く使うも良し、1枚1枚で2つの飾りを作るも良し、まずそれを決めます。初めに幼児同様、色紙を紙に構成しながら糊で貼っていきます。こういう事が好きな子は、ここで凄く時間を掛けるんです!出来た人から、紙を裏返し、ローラーで自由に色を付けていきます。
c0146127_14102895.gif
 画面が大きいので、のびのびと出来る感じです。
            天の川をイメージしたり、顔をつくってみたり・・・。
c0146127_16102176.gif
 縦長1枚でやっている子は、まるで壁画の様。身体で描く感じです。
 ローラーが出来たら、ステンシルの型紙づくりです。紙を半分に折って作るやり方と、更にもう半分折って小さい形を3~4個切るやり方と、紙を折らないで好きな形を描いてシルエットを切って残すやり方とを教えます。
c0146127_16183088.gif
 型紙に小さい形がたくさんあると、一度にたくさんの形が出来てこれまたオモシロい。ステンシルが出来たら、外に持っていって乾かしますが、ベッタリのポスターカラーだと なかなか乾かないのです。
c0146127_17124033.gif
 敷地内から飾るための竹を数人で切ってきます。今回使うのは黒竹、けっこう高級品です。ドライヤーも使ってある程度乾いたら、幼児同様 筒状にして、片方の端に針金で輪っかを作ります。小学生は自分で・・・。出来たら、クラゲの足の様に<吹き流し>よりも細く切り込みを入れていきます。最後に短冊づくり。作り方は幼児と同じです。
   小学生は時間があったので、自分の願い事をみんなたっぷり書いていました。
c0146127_17162452.gif
 表に出て出来上がった作品を竹に飾る頃には、もうすっかり陽が落ちて真っ暗。
                でもみんな満足そう・・・!
c0146127_16434123.gif

 この日は良い天気でしたが、当日7日は雨ザーザーでした。
        でもでも、みんなの願い、天まで届いて叶いますように・・・。
c0146127_16492379.gif

 天つながりで、下画像は最近の空。 このところ、晴れの日は夕焼けが素晴らしく美しくて、
その都度ついつい屋根に上って黄昏れてしまいます。
 二度と見られない「今日の夕焼け」 下中は真夏の日差しギラギラ!
c0146127_16535132.gif
 下は7/17の夕焼け・・・。マックスの太陽フレアが地球にやってくる時、磁気の乱れで あの美しいオーロラが関東地方でも見られる事態になるんだとか・・・?!
見てみたいけど、それが本当なら恐ろしいお話で・・・。
c0146127_175938.gif
     明日は二十四節気の<大暑> です。暑さはまた戻るのかぁ?!
      明後日のアトリエは、夏休み恒例の <流しそうめん大会> ですー!!!
[PR]

by zoukeinomori | 2012-07-21 14:12 | 絵画&立体 | Comments(0)

<巻貝と海のお友達> 6月の活動 - No.2(6/27号)

 梅雨まっただ中でいい筈なのに、なんて爽やかな空気・・・夜の涼しさには
「秋か?!」と思ってしまうくらい・・・。
アジサイは長もちだからいい。夏までをつなぐ彩りの花。道端のフヨウも華やかで愛らしい。このフヨウの花が一番上まで咲くと梅雨明けってことらしい・・・。

 さて今回はカタツムリならぬ海の巻貝を描きます。幼児には造形的な面白さの貝をクレヨンと自分の絵の具で作っていく活動です。前に富津で拾ってきた<ツメタガイ>という直径 6cm くらいの巻貝を机の上に置いておくと、子どもはめざとく見つけ耳に当てます。ゴォォォォ〜『波の音がする!』やった事のない子も、恐る恐る当ててみると『ほんとだ!』って。それからみんなにはもっと小さい<ナガラミ>という(以前私が食べた)巻貝を渡して「海の中にいる このグルグル巻貝を大きく描いていきましょう!」ということで中心からグルグル描いていきます。小さかったらもっとグルグルの線を延ばして大きくします。
         ここまで!と決まったら、すてきに色で塗ってあげましょう!
c0146127_16181433.gif
 下左の男の子はサザエが頭に残っているのか、両手使いで勢いよく模様が貝から飛び出します。今回は自分の絵の具の道具を使います。「海の色1色と白をパレットの大きなお部屋に一つずつ出しましょう!」「今度は筆に水を付けて、お父さん指とお母さん指でギュッとしぼって絵の具の上にたらすのを3回ずつやりましょう!」初めて使う子もいるので、ここは丁寧に! それぞれ1本の筆で水とよく混ぜたら、2色の絵の具を混ぜてみます。「さあ、貝の周りを塗って海の中にしてあげよう!」
c0146127_1634576.gif
「今度は貝の中を塗るので、3色の色を選んで、また1色ずつ大きなお部屋に出しましょう!」今度は3本の筆で同じようにやります。塗り方は好きにやらせます。色を混ぜるも良し、手で塗るも良し・・・。海の中らしく泡を指先でペタペタ・・・!
c0146127_1641124.gif
 鮮やかな貝が出来たところで、別紙にクレヨンで貝のお友達を作ります。切り取って輪っか状の土台に付けて、少し浮かせて画面の好きなところに貼付けて完成です。             色に加えて、カニの表情が雰囲気を作ります。
c0146127_16444963.gif
 下左の泡は海の底から沸き上がってくる様・・・。右の子は沖縄の海だそうで、グリーンを使っています。サメとエイが泳いでいます。
c0146127_16481733.gif
 自分の選んだ絵の具を塗ったり混ぜたり・・・
        これからは濁った色になる経験も沢山させてあげたいと思います。
 
 小学生は、海の中を立体的に作ります。まずは底になる材料切りから。大まかに線を引いておいたシナベニアを1人ずつジグゾーで切っていきますが、みんなで押さえ合ってとても協力的! 1年生も頑張りました!
c0146127_16572169.gif
 つづく・・・
(私事ですが、6/27 夜中までかけて書いたこの後のブログの続き、最後の最後に東電の株主総会のニュースを見てからコメントを書こうと画面を替えたら、二度と戻れなくなってしまい・・・無念の日を2日過ごし、やっと再起致しました!(泣・笑) )
 
全員が切り終わったら、紙ヤスリでバリを削ります。次に後で針金を立ち上げるための穴を板の端の方に8個くらい開けておきます。ボール盤でこのくらいの穴あけは、もうみんなお手の物!穴が開いたら、海の中や底をイメージした絵を絵の具で描いていきます。
c0146127_1155812.gif
 ツメタ貝の殻をそれぞれ2つずつあげ、ヤドカリのお話。みんなにはその貝を宿として、自分で考えた生き物を粘土で作ります。貝の図鑑を見たり、カタツムリや人魚などそれぞれ考えます。今回使う粘土は<カラーふわふわ粘土>なるものです。残った粘土で、海中に泳がせる生き物も作ります。
c0146127_11205147.gif
 ねんどの生き物が出来たら、一辺をくるっと丸めた針金の先を板の穴に通し、板裏からガムテープで固定します。穴の数だけ針金を立てたら、先端を少し曲げてからバランスを考えて、粘土の生き物を差し込みます。粘土が足りなくなった分は、和紙に絵を描き、中に少しティッシュを詰め<どら焼き>状にしてホチキスでとめた生き物を追加します。下右の作品を見ると紙で作ったカメの方が目立っていますが、実際は粘土の立体の方が存在感があります。
c0146127_11402255.gif
 下左のは、貝から花が咲いている様な新種の生き物!? 粘土が出来たら針金に固定する前に、底板にクズ貝殻でデコレーションするために、ボンドを出します。ボンドを出した上からドサッと貝殻をかぶせ軽く手で押して、新聞紙の上に戻すと、出したボンドの上にだけ貝殻がくっついているという訳です。
       最後にツメタ貝の生き物にもボンドを付けて、海底に固定して完成!
c0146127_12203626.gif
 このふわふわ粘土、一気に作った子は上手くいっていますが、あれこれいじっていると、だんだん粘性がなくなってボロボロしてきて形になりにくくなるんです。諦めて紙だけで作る子も・・・。
c0146127_1238897.gif
        複数つなげると、賑やかな海の中になりました。
c0146127_12402688.gif
 限られた時間の中で、いろいろな作業工程がある中、集中しながら自分のイメージを展開させていくみんなの力は「すごいなぁ」と感心します。
c0146127_1248148.gif

みんなユニークな作品が出来ました!
         ジオラマの様な造形は、3次元的感覚を刺激します・・・。

 
 下画像、最近のアトリエ周り・・・。 生き物2つに、植物3つ。

 1.2m 位のアオダイショウを見つけ、はしゃいで戯れていたら左手親指を噛まれ出血! 歯は硝子の様に鋭いんだとか・・・。毒がなくて良かったぁ。/ひょうきんな顔をしたナナフシの動きはカクカクしてロボットみたい。/もう出て来ないと諦めていたので、雑草の中にポツンと咲いた白の花菖蒲を見つけて感激!/今年はいつになくこの赤いアジサイが盛況です。/向かいの家の畑にはもうコスモスが!秋桜とは名ばかり。
c0146127_12593710.gif
 下は 6/20 台風一過の翌日の夕焼け。
             あまりの美しさに言葉をなくした20分間・・・! 
 <自然現象> とは 人間がその結果を体験して、あれこれと「物思う」のであって・・・
c0146127_13331285.gif


夕焼け ・・・ 虹・台風・地震 ・・・とか、オーロラ・地形 ・・・
                  星が丸い事 ・・・その位置 ・・・
そして、ものの存在 ・・・。
 よくよく考えれば、その因果は物理的自然(宇宙)の法則という事・・・なんだろうなぁ。
 地球というこの星の上で、ここ100年足らずで人間がやってきた事、これからやろうとしている事も、森羅万象 ・・・ すべては宇宙の摂理 ?! 
生き物は、<海>から生まれた。その現象への想いを胸に、自分が生を受けている意味を考えつつ ・・・ 生きていきたい  と思うのです。


 
[PR]

by zoukeinomori | 2012-06-27 16:59 | 絵画&立体 | Comments(0)

<My テレビジョン> 3月の活動 ー その3 (5/3号)

 ゴールデンウイーク中の記録的な大雨は滅多にない事の様ですが、こればかりは仕方ありません。でもグレーの空に新緑が輝いて見え、植物たちは嬉しそうな感じがします。

 さて今回は3月の終わりの活動・・・(だいぶ間が空いてしまいました・・・。)「みんなは夢をみる?! やりたい事や欲しいものがある時は、どこで考えるかなぁ?」 『あたまー!』というところで、<考えてるポーズ>で一人ずつ写真を撮ります。それからそれぞれに考えてもらいます。<食べ物・生き物・乗り物・その他なんでもから、好きなもの・欲しいもの・嫌いなものなど> 次に、思いついたものを思いついた色で画用紙にクレヨンでたくさん描き出していきます。下右の子の○の中に I とあるのは<お金>だそうです!
c0146127_1713362.gif
<頭の中にあるもの>を具体化するなんて難しい事だと思いますが、遊び感覚の子どもは迷いなく思いついたままに描いていくからすごいです!クレヨンが出来たら、頭の中の色を自分の絵の具の箱の中から3色選び画面に離してたらします。それぞれに絵の具の上からたっぷりの水をたらしてあげたら、筆で絵の具を延ばしていきます。
c0146127_1724878.gif
 続いてテレビの話。「テレビってすごいよね〜!あんな小さな四角の中に何でも入っちゃうんだから!」と言うと『ちがうよー、あれは電気で映ってるんだよ!』みんな小さい頃から自分をTVで見ているもんで、良く知っています。 
「これから自分の頭の中を映し出すテレビを作ります!」と、持って来てもらった箱の中をまた好きな色で塗ります。乾かしているうちに印刷した自分の写真の輪郭を切り取ります。
c0146127_17332854.gif
 自分の頭の中のものを描いた絵も、一つずつ切り取ります。小さい子には切り取る線を書いてあげました。切れたものに毛糸を付け、箱の天井からたらしてセロテープで貼って空間づくりです。
c0146127_1737313.gif
  最後に考えポーズの自分も登場させ、My テレビジョンの完成です。
c0146127_17395084.gif
        ゆらゆら動くところが面白いんです。
c0146127_17413580.gif

 小学生にも頭(心)の中を映すテレビを作るからと、まず考えてるポーズで写真を撮ります。
カッコつけてみたり(ロダンの・・・?)、自然体だったり、笑っちゃったり・・・。
c0146127_23553476.gif
次に画用紙に表現してもらうのは、心の中に強くあるもの。下左の子は最近ガウディにはまっていて、家から図鑑を持って来て見ながら描いています。具体的に描きたい子は動物や昆虫、植物の図鑑を観て描いています。
c0146127_031362.gif
 画材はマジック、色鉛筆、ポスカなど何でもOK です。描けたら、形を切り取っておきます。テレビにする箱にはそれぞれのイメージで色を塗っておきます。箱の左右(又は上下)にキリで8個くらいずつの穴をあけます。ここに毛糸を通すので、ハサミで穴をえぐって大きくさせておきます。
c0146127_0111231.gif
 毛糸を2m 位切ったものの端をセロテープで固定し、左右の穴に通していきます。全部の糸がピンと張るように引っ張りながら張っていきます。毛糸が張れたら、切り取った自分の絵をテレビに映った様に構成しながら糸に貼っていきます。
c0146127_022461.gif
 最後に自分の写真を付けて・・・それではみんなの<My テレビジョン>です!
立体的に見える感じが、夢の中の世界の様な・・・。
c0146127_21421476.gif
c0146127_2146796.gif
c0146127_21474116.gif
      <自分のアタマ劇場>といった感じの空間構成活動でした。

 5月、元気な虫たち。下左から、可愛い目をしたヒメシロコブゾウムシ。/スィーツの様な黒アリの巣。/リキュウ梅に群がるミツバチ、画像の中に10匹は居ます。
/満開のフジには必ずクマバチ。
c0146127_221966.gif
 下左から、5/3にはすっかり花びらが落ちてしまったけど、長い間目を楽しませてくれたチューリップ。/ベランダから撮った新緑鮮やかモミジ。/地面に雪が舞い降りた様・・・だから雪柳って言うんだ!/トイレの窓からは<春の絵画>
c0146127_22142457.gif


明日はこどもの日。こどもの日に<柏餅>を食べるのは何故だかご存知ですか? 
柏の葉は殺菌作用があるから・・・だとばかり思っていたのですが、違うんです。
柏の木は春の新芽が出て来ないと枯れた葉が落ちないんだそうで、しっかり子どもが育つまでは親が死ぬわけにはいかない・・・ という縁起担ぎの<柏の葉>だそうです。モノのなかった時代には、自然から学ぶことから色々な教えが生まれたんですね・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-05-03 17:42 | 絵画&立体 | Comments(0)

<オモシロ自分をつくる> 1月の活動 ー その2 (2/22号)

 2月もあと1週間で終わり・・・何と時間の経つのは早いのでしょう! ブログも大分間が空いてしまいました。庭の梅のつぼみ、明日か明日かと待ちわびていますが、開花まであともう一息な感じです。でも!さっき、近くで弱々しいウグイスの鳴き声を聞きました! ホント 梅と沈丁花の香りが待ち遠しい・・・。

 今回はⅠ/23の日の活動なのですが、この頃インフルエンザが蔓延していて、幼児の当日キャンセルが続出! 結局の所、7人来る筈が全員お休みに・・・始まって以来でしたが、体験のお子さん1人での活動でした。 
 という訳で、今回は小学生のみの活動に・・・。
 
 小中学校でも全国的に学級閉鎖が増えていた頃でしたが、小学生クラスの子はみんな元気一杯でした。今回は<オモシロ自分>をつくる ということで、来たらまず1人ずつデジカメで顔写真を撮ります。私がプリントに行っている間に、みんなには<カラフルな絵づくり>として迷路の様に線を描きながら色を増やしていき、遊び感覚で余白を埋めていく絵を描いてもらいました。
c0146127_14194893.gif
c0146127_14205313.gif
 写真を撮るとき「面白い顔してね!」と言ったので、プリントしてきた自分の顔を見るとみんな大爆笑! 顔の輪郭だけ切り取っておきます。さっき描いた<カラフルな絵>の裏に16〜20個くらいのパズルのピースみたいにになる様に適当な線を引いてハサミで切り分けます。切れたら一度パズル遊び!たったこれだけのピースでも、みんなかなり苦戦!
c0146127_14313551.gif
 ここから構成です。まず自分の顔をどのピースの形に貼るか色々試しながら決めます。色画用紙の台紙に貼付けることを告げ、顔をどのように目立たせるか考えながら他のピースをホチキスで足していきます。
c0146127_14374436.gif
 台紙の大きさを頭に入れつつ構成していきます。(はみだしてもOK!) 構成して出来たのはいわば自分の体!という訳で、手を付けよう!と、自分の手を色紙に型取って更に構成します。台紙にも全体のバランスを考えて絵の具でデコレーションします。
c0146127_14454868.gif
c0146127_14465850.gif
 下左の作品、広がっていく感じが植物のツルの様です。面白い顔とマッチしていて手形が無いのが効果的でした。右のは足までついているので、体全体が感じられ、つま先で歩いている感じがします。
c0146127_14515671.gif
貼る時に折り曲げたり、浮かしたりしているので、かなり立体的なものもあります。
c0146127_14552934.gif
 色の構成・形の構成・・・自分の顔が入るだけで、イメージしていくことがより楽しくなっていくようでした。

 下の画像 左から2月15日、16、17、18・・・のアトリエから。19日は二十四節気の<雨水> 暦の上では雪が雨にかわる頃・・・なのに雪ばかり・・・。
 うちの暖房、基本薪ストーブですが、石油ストーブもちょこちょこ使っています。石油は今18Lで1500円強。 仮設住宅で暮らす震災で被災された人たち、3m以上も雪が積もっている地域で暮らす人たち・・・生活していくだけでも大変なのに・・・。 数年前、円高になった時ガソリンが一時1/L=80円台の時があった。石油は18Lで500円前後のときもあった。 経済のことは全くうとい私だが、<人為的>も<人道的>も人の想いからつくられるものだ・・・よなぁ・・・と。
c0146127_15234121.gif
                                   
              春よ  来い !      
                             来て下さい!
[PR]

by zoukeinomori | 2012-02-22 15:27 | 絵画&立体 | Comments(0)

<ポインセチアの X'masデコレーション> 12月の活動 - その1   (12/26号)

 クリスマスも過ぎ、本当に年の瀬です。 早かったなぁ2011年・・・と言うのが実感です。被災地の方々の事を思うと、温々と生活している事が申し訳なくなる思いがします。
 <クリスマス>と言えば、サンタがステキなプレゼントを届けてくれる、すべての子どもたちにとって幸せなひとときであって欲しいと思います。(自分が子どもの頃はその様な習慣は全くありませんでしたが・・・。)
 
 12月は X'mas をテーマにして造形をすると、その雰囲気が子どもたちのモチベーションを高めてくれるようです。今回はその第一弾、<ポインセチア>を見ながら作った材料を組み立ててソレを作り、飾りにしていきます。まずは画用紙に半分ずつクリスマスカラーのグリーンとレッドを塗り分けます。絵の具を乾かしている間に、厚紙の上に<ポインセチア>を咲かせたい所に紙皿を接着し、画面全体に飾る様に絵の具を塗っていきます。初めに緑と赤を塗った絵を縦半分に折り、そこにいろいろな大きさのポインセチアの葉の形を鉛筆で描きます。
c0146127_23242768.gif
 葉をたくさん描いたら2枚一遍にハサミで切り取っていきます。ポインセチアの様な服!(下中)2人並んでクリスマスカラー(下右)本物の葉を見ると筋(葉脈)が見えます。切り取った自分の葉にもクレヨンで筋を描き込もう!
c0146127_23381355.gif
紙皿の真ん中にキリで穴を開け、L に折った針金を通して裏からセロテープで固定します。作った葉の根元にはそれぞれキリで穴を開けてもらい、グリーンの大きい葉から針金に通しボンドで固定しながら、ポインセチアの形の様に組み立てていきます。最後に黄色のふわふわ粘土を小さく丸めて、イクラみたいに中央に接着します。
            あとはスパンコールなどで自由にデコレーションします。
c0146127_2349026.gif
 完成です。下左の作者はポインセチアの周りの厚紙を大胆に切って、周りに構成しました。レリーフ状になったポインセチアは、それぞれなかなかの存在感です。
 さんざん「ポインセチア」を口にしましたが、みんななかなか名前が覚えられないんです・・・。
c0146127_23591337.gif

 小学生も今回は同じ内容で制作しました。でも小学生ともなると色のバランスを考えたり、絵の具をたらしたり飛ばしたり、自分を楽しくする術を心得ているんです。
c0146127_0233058.gif
           葉の形もリアルだったり、アレンジだったり・・・。
 穴は形を切る前にキリで開けます。
c0146127_0274856.gif
 組み立てる前に、葉を半分に折ったり、くしゃくしゃにしたり、立体的にしておきます。
c0146127_0343589.gif
ポインセチアが組み立てられたら、小学生はここからが腕の見せ所!周りの厚紙をハサミで切って、切ったものでポインセチアを生かしながら空間を構成していきます。
c0146127_0383341.gif
 構成も立体的に工夫したりして・・・。
                 ラメのりで文字や絵も更に加え・・・。
c0146127_043588.gif
 下画像はシンプルに星形が作りたくて、硬い紙を頑張って切っている1年生。 
                      なかなかステキ・・・!
c0146127_0481231.gif
 それぞれの完成作品です! 
        毎年この時期やっている、<ケーキ de 造形>の感覚です。
c0146127_0513459.gif
c0146127_0523580.gif
 何だか賑やかなクリスマスソングが聴こえてきそうな楽しい作品が出来ました!

 深紅に色づいたモミジの葉が全て地面に落ちると、夏前から少しずつ大きくなったヘリコプターの翼の様な種子だけが残りました。これから一つずつ、風に乗って
くるくる回りながら地面に着床するんです・・・。
 一方、紅梅に目を向けると、もうこんなにつぼみが膨らんでいました。
c0146127_11385477.gif

 下は、25日の夕方。一瞬でしたが、大粒のあられがバサバサ降ってきて、でも遠くには夕焼け空があって、幻想的な空でした。
c0146127_11472091.gif

 1日の終わり、 1日の始まり・ ・ ・。
           
    1年の終わり、  1年の始まり ・ ・ ・。

             時間のつながりは、   命のつながり  。
[PR]

by zoukeinomori | 2011-12-26 00:08 | 絵画&立体 | Comments(0)