カテゴリ:絵画( 46 )

<紅梅 と 窓から見る風景> 2月の活動 ーⅡ(3/31号)

 今年の桜は長もちでイイ!・・・でもこの花冷えでは、お花見も寒くて・・・などと、かなり人間よりの考え方。車であちらこちら走ると、芽吹いたウグイス色の新芽の林の中に薄桃色の桜が混ざって、景色の色が明らかに「春」の訪れを教えてくれます。3月も今日でおしまい・・・。

 今回はまだ2分咲きの頃の「紅梅」がモチーフです。(現在は新芽が吹き出し、小さな実が沢山ついていて、今年の実りはいい様です。)梅の花の甘い香りを嗅ぐと、寒くてもいっぺんに「春」の記憶に回路が繋がります。まずはみんなにも、この甘い香りを嗅いでもらって、そのイメージで水を塗った画面に好きな色の絵の具をたらしていきます。やっているうちに面白くなって、香りの事は気にならなく・・・。
c0146127_15315668.gif

 タオルを当てて水分をとって乾かしているうちに、「梅の花が咲いて喜ぶのは人間だけじゃないよね!?どんな生きものがいるかなぁ?」と、別紙にそれぞれが考えた生きものを描いて切りとっておきます。
 机の上には鉢植えの木と切った枝がありますが、それを観つつ自分のパレットに<木の色>になる絵の具を出してつくります。
c0146127_15404846.gif

 梅の花を描きたい気持ちを抑えつつ、木や枝を描きます。それぞれが共通して梅から感じているのは「勢い」だなぁ!とみんなの絵から感じました。木が描けたらいよいよ花です。みんな本物をよく観ながら、自分の絵の具のケースから選んだ色を混ぜて実験の様に色々やってみます。いい色が出来たら、花を咲かせましょう!
c0146127_1602429.gif

 花を一輪ずつ描きながら、自然にバランスをとりながら増やしていくのがスゴいんです!
右の絵は、はまだ入ったばかりの4歳児の作品ですが、自分でどんどん進めて、シベまで描き上げました。                       本当に梅の香りがしてきそうです!
c0146127_16153046.gif

 みんな自分の梅の花が咲きました。中)の梅はいろいろな色が咲いていますが、色を混ぜているうちに、その行為が面白くなったんですね。でもきれいな色をしっかり作っています。それぞれが作った<生きもの>からも個性が伺われます。
c0146127_1624092.gif


 小学生も同じ様に梅の香りを嗅いでから、そのイメージで画面を絵の具でぼかします。
水気をとったら自分の梅の<木>を描きます。色や絵の具の濃さ、描き方は自由です。
c0146127_1631952.gif

 3年生の女の子たちは目の前の木をよく観て淡い感じで描いていきます。
                         右2つはがっちりと構築的です。
c0146127_16344080.gif

     伊藤若冲の梅の絵なんかを参考に、一輪ずつ丁寧に描いていく女の子たち。
c0146127_1639773.gif

 下の作者たちは<印象派>という感じで、目の前の梅はまだつぼみの方がが多いのに、
    満開の梅!           色の変化がとてもキレイ! 
c0146127_16432446.gif

 今回はこの梅の絵を使って、もう一つの絵も作ってみます。スケッチブック<梅の絵>の1ページ前の画面に床と壁の空間を意識して、2色で色分けしておきます。で、裏の梅の花の位置を確かめつつ、カッターで切って四角い窓を作ります。別紙に描いた自分の後ろ姿を切り取って貼付けると、たったこれだけの作業で、まるで違う空間の絵になる・・・。という試みをしてみました。
c0146127_16531351.gif

         下の、窓から見えている梅の木は実際は横向きですが、山の様にも見えます。
            (両脇の絵の作者とまん中の子は違います。)
c0146127_16582763.gif

 下の作者は、枝から花やつぼみの生え方までよく観て丁寧に描いています。窓から外をのぞく女の子は内側にも顔が描かれてありました! 大きな梅の花!アリエッティの様・・・?!
c0146127_174310.gif

 少しの春の訪れを感じる頃に描いた絵でしたが、みんなの絵からはすっかり春を感じてしまいました。

 アトリエの庭には、まだ10年以内の木ですが4種類の桜があり、今、最後に咲く桜が8分咲きになっています。        あ〜〜まだまだ春の香り・・・!
c0146127_17124141.gif

 他にも、リキュウバイの丸いカワイイつぼみ・ヒウガミズキの淡い黄色・ユキヤナギとレンギョウはことのほか元気で、水仙やチューリップも咲き始め・ムスカリ・ヒヤシンスなども色とりどりの景色を作ってくれています。
c0146127_17203780.gif

5月の頃には梅も桜もツヤツヤした葉が茂り、緑の季節がやってきます。でもその前にフジが・・・! 今年はまたつぼみが一杯!一緒に絡んでるアケビはもう花を咲かせています。
c0146127_17232613.gif

     春になると単純に「自然の息吹き」に体がチューニングされている様で、
            力が湧いて来る 気がぁー  するー ! 

            明日は4月1日! 新年度 スタートー!!!
[PR]

by zoukeinomori | 2013-03-31 17:47 | 絵画 | Comments(0)

<リンゴを描く> 2月の活動ーⅠ(3/19号)

 だいぶ間が空いてしまいましたが、明日は春分の日!お彼岸です。例年はこの時期のお墓参りも「寒くなくなった」くらいの感覚ですが、今年は夏日な感じで、桜のお花見にも丁度いいという、珍しい年になりました。入学式前に早々と散ってしまうのも淋しいですが・・・。

 前回までにやった<自画像>は 紙を貼ったり、絵の具を重ねたりと、いろいろな工程を楽しみながら作り上げました。今回もその応用で、<リンゴ>を作っていきます。
 まずはリンゴを触って、においを嗅いだりしてみます。画用紙に「あとでリンゴを描くから、そのリンゴが喜ぶ様に色を塗ってあげよう!」と大きな机の角々に<絵の具のお店屋さん>を置き、画用紙を持ちながら好きな色の所に移動しながら塗っていきます。これがまた 何だか楽しそう。
c0146127_16115180.gif

 いよいよリンゴです。別紙にクレヨンで大きく形を描きます。つぎに「リンゴの香りを形の中に塗ってみよう!でも赤は使わないでね!」と、塗ってから形を切り取ります。
                    切り取り方は、ハサミ1回で形を切り抜きます。
c0146127_16215930.gif

 香りを塗ったリンゴ2個を画面の好きな所に置いてみて、決まったら糊で貼ります。
 次に、貼ったリンゴの上に切り取った周りの紙を戻し合わせ、リンゴの上当たりにアクリル絵の具の赤をローラーします。周りの紙を取ると「ジャーン!」赤い実になりました!絵の具が乾かない内に割り箸ペンでリンゴの模様を引っかきます。すると下に塗ってあったクレヨンの色が出てきました。
c0146127_16564940.gif

 リンゴの<棒>も作って貼り付けたら、全体を見て、自分のリンゴとお話しながら周りに絵の具を塗り足していきます。右)は始めたばかりの4歳児の作品。ピンクが大好きだけど、沢山の色も使えて楽しそうでした!
c0146127_1743325.gif

 こちらは年中(左)と年長(右)の作品。
       美味しそう・・・と言うよりも、絵全体からリンゴへの<愛>を感じます!
c0146127_1773141.gif


 小学生も導入は同じです。「リンゴが喜ぶ様に」・・・とは、つまりリンゴを描いた時をイメージして、バックをつくる自分を楽しめばいいのです。右の作者は極めて直感的!でもそこにオモシロさがある。
c0146127_17144034.gif

 別紙にリンゴを描くのに、実際は2個しかありませんが、3個以上で、重ねて遠近感を出す様にしよう!ということで構成してもらいました。リンゴに描く香りもデザイン的。
c0146127_17211515.gif

      3個に切ったリンゴを画面に貼り、外枠の紙を戻してローラします。
c0146127_17234495.gif

 リンゴの模様を引っかく、と言うよりは、それを描くことによってより立体的に見える様に線を入れる様にしてみます。リンゴが出来たら、皿の上に乗っている感じをつくります。
c0146127_1728399.gif

 お皿が出来たら、全体を見ながら手を入れます。最後にリンゴの白っぽい粉を吹いた感じに近づけようと、薄い白を塗ってみました。         『私のリンゴ、完成!』
c0146127_1733937.gif

     それぞれの子が、自分と向き合いながら1つ1つの工程を進めていきます。
c0146127_17362538.gif
c0146127_1739136.gif

 左)は荒削りだけど、やけに存在感を感じる。バックの黄色と紫は最初に描いた時と逆に塗り重ねてあるところがまた憎い。
           右)のはバックの絵が活きていて、広角レンズで見た様な感じが面白い。
c0146127_17452048.gif


 一昨年震災のあとに、ハクモクレンが満開に咲こうとしたその日、真冬に戻って霜が降り、
    瞬く間に全ての花びらが茶色に変わってしまった。  悲しかった。
         そして去年は一つも花芽をつけることはなかった・・・。

   でも! 今年は見事に復活! 姫桜と並んで春の陽を喜びながら笑っているようだ。
c0146127_17552692.gif

       もう一つは名前が分からないけど、サボテン種の花。
                         なんて愛らしい!
c0146127_180635.gif

 なかなか前に進んでいる様には見えない 日本という国。
     四季の移ろいの中で、
        自然は多くの大事なコトを教えてくれている様に思うんだけどな・・・。
 
[PR]

by zoukeinomori | 2013-03-19 18:22 | 絵画 | Comments(0)

<紙版で自画像いろいろ> 1月の活動ーⅢ・小学クラス (2/27号)

 分かってはいたけれど、やはり2月は早かった・・・。1月の終わりには梅のつぼみがだいぶ膨らんでいたので、2月の中旬には一斉に咲くんじゃないかと思っていたけど、未だ1割も咲いていません。思いのほか寒かったんだなぁと・・・。

 さて今回は前回の<幼児クラス>の内容と同じ「自画像」の小学生編です。テーマは同じですが、小学生に見合った内容で取り組んでいます。
 一応鏡は用意しましたが、見なくても自分がどんな輪郭の形か分かっている様で、画用紙にどんどん鉛筆で描いて切って貼っていきます。髪の毛もそれぞれ工夫して紙を貼ります。洋服にも襟やボタンなどを・・・。
c0146127_14401610.gif

 パーツが全部貼れたら、スケッチブックの画用紙を1ページ戻して、上からクーピーでこすり出し(フロッタージュ)をしていきます。筆跡が一定方向になる様に描くと、ゴチャゴチャ感がしないので、手首を上手く動かしてクーピーを同じ方向に塗る様にしてみます。何も無かった所にいろいろな色で顔が浮かび上がって来るので、みんな新鮮な驚き! 
      4年生の男の子はあまりの感激に「帰りにクーピー買ってもらおう!」って!
c0146127_14504417.gif

 フロッタージュができたら、アクリル絵の具のホワイトをインクとして、版にローラーして
色画用紙に刷ります。水加減が少ないと色画用紙が版にくっついてしまうので注意します。
c0146127_1455411.gif

 版画は2枚刷り、フロッタージュと版とで、3種類の自画像が出来て1回目は終わりです。
c0146127_14593746.gif

   目の形、眉毛の向き、口の形などで いろいろな表情になっているのが面白いですね。
c0146127_152149.gif
c0146127_1533467.gif

 ここから2週目です。版と版画1枚を更に手を加えて展開させていきます。これから使うのはアクリル絵の具です。まず版の展開で、顔と体の周り、つまりバックに好きな色3〜4色をたっぷりたらし、金ノコの刃をペインティングナイフにして塗り延ばしていきます。金ノコを使うとギザギザが面白い跡(マチエール)をつくります。更に割り箸ペンで引っかくと最初に塗った色が出てきます。
c0146127_15183964.gif

 次は顔と体、それぞれ基本2色ずつの絵の具をたらし、今度は金ノコの刃ではなく、ペインティングナイフを使い塗っていきます。目や鼻、口、髪の毛など版の段差が分かる様に、最後はナイフで絵の具を取る様にしておきます。
 ここでこの厚塗り絵の具を乾かします。昔の石油ストーブが乾燥にはスゴく役に立つのです! 乾かしている間に、紙版画の1枚にクレヨンで自由に塗り絵をし、新たな顔を作ります。
c0146127_1526231.gif

 乾いたら、ここで一度 顔のことは忘れて、色彩のバランスを感じながら、色彩構成遊びをやりす。 画面を横にしたり逆さまにしたりして・・・。 『え〜、自画像がぁ消えてしまったぁ!』
c0146127_15305537.gif

 でも大丈夫です!よく観ると紙版の形で顔や体が分かります。それでは肌の部分と洋服の部分とバックを絵の具で塗りましょう。バックは1色にします。一度ストーブで乾かし、髪の毛も塗ります。今回あえて<黒>は使わないことにしました。
c0146127_15471967.gif

 更に乾かし終わったら、下に塗った色が程よく見える程度に、ぬれ布巾で絵全体を軽くこすります。次にいよいよ表情を描いていきます。    目は白を塗ってから眼の色を塗ります。
                       眉毛は髪と同じ色の方が自然かなぁ・・・。
c0146127_15535313.gif

 最後に水っぽいポスターカラーのホワイトを絵の上に塗り、乾かしてからぬれ布巾で軽く拭きます。そうすると絵の具の凸凹がはっきりして、初めに厚塗りをしたことが活かされるわけです。
c0146127_1601654.gif

           これで、全部で1人4種類の自画像の完成です。
c0146127_1631357.gif
c0146127_1652621.gif

 いろいろな技法で<顔>を表現しました。絵の具を何度も重ねて描いていったのは、そこに時間を感じてもらいたかったからです。トータルで見てみても、やったことの経験がそれぞれの自画像に対して、想いの詰まったものになっていると思います。
c0146127_16125248.gif

 1つ1つ丁寧にやっていけば、作品は答えてくれます。
自分でいろいろな選択をしながらつくって出来た作品は、その人の分身となるのです・・・。
 
 今回の様に重ね塗りをするにはアクリル絵の具がもってこいの材料ですね。
[PR]

by zoukeinomori | 2013-02-27 16:24 | 絵画 | Comments(0)

<紙版で自画像いろいろ>1月の活動ーⅡ・幼児クラス (2/19号)

 昨日18日は暦の<雨水> 温かくなって雪が雨に変わる頃・・・なのに今日は朝からポツポツ降っていた雨が昼から雪にかわり、せっかく咲きかけた梅のつぼみに積もり始めました。でも、花はつぼみの頃の咲きそうな時が好きなので、そういう意味ではいいかも・・・。でも、寒〜い!

 今回の造形は2回続きの活動で、自画像をたくさんつくります。(幼児クラス)まずは紙版画の版づくりから。色々な道具や技法で表現していくことが<ねらい>なので自画像といえども似ていなくても良く、想像力を働かせて作っていきます。八つ切り画用紙を半分にして、そこに大きく顔の形を描きます。小さく描いた時は「外側にもう少し大きく描こう!」と。もう半分の方に体と首の部分を描いて切り取り、台紙に組み立てて貼り付けます。頭・首・体とあるパーツで、首の上に頭と体を置く様に貼ります。「さあ、じゃお顔には何がある?!」と次に作るものを言ってもらい、目・鼻・口・眉毛・耳を余った紙で作ります。目は白目の上に黒目の丸を貼って段差をつる様にします。段差を付けることで版画の時に形が出ます。
c0146127_14462389.gif

 顔と体を貼った台紙を使って、「福笑い遊び」をしましょう!やる子は自分の顔のを前にして目をつぶります。「見ちゃぁダメだよ!」隣りの子が『はな』『みぎめ』・・・と言いながらパーツを渡し、他の子が『もっと下!』とか言ってあげます。目をつぶっている筈なのに、ばっちり出来てしまう子も・・・(笑)
c0146127_14571914.gif

 福笑いで遊んだら、顔のパーツを良い位置に貼り付けます。髪の毛はあえて作りません。特に幼児の場合、作業的な内容が増えると、目的が違う方向に行ってしまい飽きてしまうことがあるからです。貼り付け終わったら、スケッチブックの画用紙を1ページかぶせ、クーピーで上からゴシゴシ色を塗っていくと顔の形が浮き出てきます。この時の注意として、クーピーはいろいろな色で同じ方向にこすった方が形が出易い。面積が大きいので、お母さんと一緒にやる・・・方が、自分の中での達成感が味わい易い。このこすり出しのことを<フロッタージュ>とも言います。

 次に紙版画をやります。アクリル絵の具の白をローラーで版に塗り、色画用紙に刷ります。
c0146127_15111775.gif

 ローラーしたら色画用紙をかぶせ、手の平で全体を強くこすります。剥がすとぉ じゃ〜ん!髪の毛を作っていないので、カワイイお坊さんの出来上がり!フロッタージュと紙版画で2種類の自画像。でもまだ後で髪の毛を描き足します。
c0146127_15205024.gif
c0146127_15215663.gif

 ここからが2回目の活動になります。自分の顔を貼った版を更に展開させていきます。ローラーした白絵の具が乾いた状態の版の上に、顔があることは忘れて自分の好きな色を心のままに塗っていって、白い所を無くしていきます。机の角に数色の絵の具をお店屋さんとして置き、スケッチブックを持ちながらそのお店を回って塗っていきます。
c0146127_15301100.gif

    まさに心象画!色でカタチを埋めていく描き方は、みんなとても楽しそうです。
c0146127_15374932.gif

 絵の具を乾かしている間に、2枚刷った版画の1枚には、クレヨンを使ってぬりえ感覚で自分の顔を現していき、髪の毛も描きます。前回やったフロッタージュの顔にも髪の毛を描き足します。
         「ワァー!どんどんいろんな自分が出来てきたねぇ!」
c0146127_1543463.gif
 
 さて絵の具が乾いたところで、紙を貼った顔と首の形のところにペールオレンジ(肌色)を塗り重ねます。体とバックにも1色ずつで色を塗り重ねます。ここでまた一旦乾かし、髪の毛を描き、目や眉毛、口も絵の具で描きます。
c0146127_15503655.gif

 髪の毛の無かった紙版画の頭にも白クレヨンで髪を描き、全部で4種類の自画像の完成です。
版に絵の具で描いた顔は、薄らと下地の色が見え、たくさん手を掛けて作った感じが分かります。
c0146127_1557893.gif
c0146127_15582968.gif

       たーくさん作ったね! 全部自分だけど、どの自分が一番好き?!
c0146127_15593088.gif


  毎日の様にえのき茸の様な霜柱が立つものの、シジュウカラやジョウビタキ、メジロ等の歌声が「春はすぐそこ〜♪」って言っているみたい・・・。梅の開花も秒読み・・・!
c0146127_16223589.gif

      と思っていたら・・・細かい雪が今もまだ降り続いているぅ・・・!
c0146127_16244533.gif














 
[PR]

by zoukeinomori | 2013-02-19 16:25 | 絵画 | Comments(0)

<えがきぞめ> 1月の活動ーⅠ (2/7号)

 節分、立春と暖かな日が続き、雪もちらほら降ったものの春が近い感じがしてきました。昨日、鉢植えの紅梅が一輪花を咲かせました。去年ウメとサクラと一緒に花見をしたなんて、ウソみたいです。

 さて今回は年の初めの活動、<描き初め>です。幼児クラスでは自分が思う<今年の一文字>を絵として描いていきます。下画像、男の子が選んだのは「や」でした。けして<嫌>の「や」ではありません。自分の名字に付く字だからだそうです。まず鉛筆で画面に大きく書いたら、その上に<今年の初めの色>1色選んで、字の上にたらし筆でイイ形に太くしていきます。
c0146127_1704197.gif

 次に<今年の色>2・3・4・5番目までを選び、字の周りに出したら、ペインティングナイフで白い所を塗り埋めていきます。ケーキの時のクリームの要領で・・・。
                           色が混ざった方がオモシロイですね。
c0146127_1761236.gif

全体が塗れたら、ストーブの前で乾かします。「や」にもっと気持ちを入れるためにもう1色、 
これ!と思う色を字の上に出し、筆の尻で塗り延ばして形を作ります。厚塗りの絵の具の凸凹が分かる様に白絵の具を更に塗ってから、軽く塗れ布巾で拭きとって完成です!今年の<一文字>
c0146127_17324126.gif


 小学生の描き初めは<今年の漢字>一文字と、<自分のフルネーム>をひらがなで画面に配置するところから始めます。鉛筆で画面の中心に漢字を書いたら、その周りに名前を書きます。それぞれの字の端の部分同士を自由曲線でつなぎ合わせていきます。すると字も線の一部となって意味が隠れていきます。今度はその線の上を色を選びながらクレヨンでなぞっていきます。
c0146127_1883694.gif

 線の太さや質感を変えるために、絵の具も使ってみます。すっかり字は隠れ、見た目はパズルの様な感じに・・・。             具体的なものが出てきたりするのがまた面白い。
c0146127_18122621.gif

           出来た空間を、思いのままに色で埋めていきます。
c0146127_181526.gif

名前や漢字が一体どこにあるのか、全く分からなくなりましたが、思いもよらぬ絵になりました。
        改めてみんな人の絵の中に、漢字や名前を探してみてみます・・・。
c0146127_18232090.gif


c0146127_18243781.gif

画面の中に1ヶ所、黒クレヨンのところを作り、<今年の漢字>についてのコメントをスクラッチで書いているのです。例えば<翼>という漢字にした作者は『今年は最高学年という広い空をだれよりも高く翼をもって羽ばたこう!』 なんて! それぞれが想いを込めた<描き初め>です。
c0146127_18532332.gif

 鏡餅を割った訳ではありませんが、毎年恒例のおしるこ会です!
             みんな結構な食欲で、お餅の追加が重なります!
c0146127_1904010.gif

 甘〜くて、温かい おしるこ。お腹の空いた子どもたちには、もってこいのおやつでした!
                            ちなみに私は1杯で胸焼け・・・。
c0146127_1951640.gif

 
    春のたより
      初咲き 鉢植えウメ一輪・・・ と  庭の八重紅梅のつぼみたち 。
c0146127_1991673.gif

 アトリエの北側に見つけたフキノトウ  と 紅い新芽を付けたモミジに光るしずくたち 。
c0146127_19125488.gif

                      自然の循環に 感謝  ・・・ !
[PR]

by zoukeinomori | 2013-02-07 19:22 | 絵画 | Comments(0)

<石膏板版画で X'マスデコレーション> 11月の活動Ⅲ(1/6号)

 みなさま、明けまして おめでとうございます。
心が少しでも、平穏で豊かに過ごせる一年となります様に・・・。

あっという間のお正月!親、親戚と会っているとたちまち時間が経ってしまうものです。
今年は色々なことに先手先手でいきたい・・・いけたらいいなぁ と思っています。

気が付けば、ブログも貯まりっぱなしの11月の活動!?先手を取るには出だし遅すぎな感じ・・・。

という訳で、今回はもうすぐクリスマスだった11月の終わりの活動・・・まずは積み木を順番に崩さない様に積んでいくゲームから!高くなってくると慎重になるもの・・・ゲームを終えて、
「今日は絵で積み木をするよ!」と、色々な形の石膏板を見せ、そこから好きな形を5枚選びます。「これに絵の具を付けてペッタンしながら形の足し算をするんだぁ!その前に・・・」彫刻刀で石膏板に彫り・・・というより刻み込みをしていきます。あとで模様になって浮き出て来るのです。彫刻刀の説明をした後、もう片方の手は絶対に刃物の前に出さないことを注意します。
           初彫刻刀の二人!慎重に慎重に、そしてだんだん上手になっていきます。
c0146127_14501538.gif

 トレーに7色出した絵の具で、1つの石膏板にローラーで塗って、選んだ色画用紙の下から積み木の1つ目の様を置く様にスタンプしてみます。あとは積み木の要領で、絵の具を付けたらペッタンしながら形を増やしていきます。同じ石膏板で色を替えてやってみるのもOK! 彫刻刀で彫ったあとがいい感じの模様になっています。
c0146127_154339.gif

 石膏板の版画が出来たら、もうすぐクリスマスだからその時の飾りとして使える様にと、
さらに○や□の木口で別色のスタンプで飾っていきます。最後に好きなところに両開きの窓を作ってあげて、窓を開くと・・・?! で、別紙に絵を考えて描いてもらいます。
c0146127_15141433.gif

 色と形でしっかり構成された絵の中の <雪だるま> と <プレゼント(だったかなぁ)> が、
面白いアクセントを作っています!            何度も色を重ねた<版>がきれい!
c0146127_15211322.gif


 小学生も同じ活動。まずは積み木積みゲーム!人数が多い程、緊張感があってオモシロイ。
そして彫刻刀。石膏板はとりあえず8枚くらい選び、自由に彫っていきます。名前を彫ったり、高学年になると本格的版画の様な下描きをしたり・・・でも、木やゴムと違って石膏板は結構彫りにくく、苦戦!    でもオモシロイ様で、みんな夢中でやってます!
c0146127_15364040.gif

 台紙の色画用紙は幼児の倍の四つ切り。角を丸く落としたら、周囲を2cm幅でクレヨンで塗っておきます。塗った方を裏にして、いよいよ石膏板に絵の具を付けて、積み木のイメージでスタンプして、クリスマスな感じにしていきましょう!
c0146127_15432578.gif

 色と形のバランスを楽しみながらやるも良し。ツリーやお城、トナカイなど、具体的なイメージのある子は慎重に形作り。あとで更に○や□のスタンプと、キラキラスパンコールなどでデコレーション。
c0146127_15501794.gif

 幼児同様、絵に窓を作ります。窓を開けたら何が見えるのがオモシロイか想像してみます。
『見ちゃダメー!』って、机で描きなさいってーの!     切った窓の裏から貼り付けたら、初めに塗っておいたクレヨンのところを3cmおき位に切り込みを入れておきます。表に向けたら切り込みを交互になる様に起こして立体感を出します。   ツリーの中からマリオサンタの登場!
c0146127_1663162.gif

 あとの子たちもみんな、サンタの登場で、やはり自分に贈られるプレゼントを夢見たシーンになっている様です。
c0146127_16111881.gif
c0146127_1612242.gif

c0146127_1613727.gif

c0146127_16133018.gif

 今年のクリスマスシリーズ第1弾!    ぜひとも お部屋に飾ろうね!
             これから子どもたちは楽しい年末に向かうのでした・・・!

 昨年のクリスマス前後は厳しい寒さでした。水晶の様な霜柱。装飾品の様な植物。倒して切った丸太の木口。目を凝らせば、自然の中にはオモシロイ色や形がいつも満ちあふれています!
c0146127_16241659.gif


 元旦の日の空、この放射状の雲たちは、どっちから来たのだろう・・・
                          どっちへ行くのだろう・・・。

     日本は、 世界は、  人間は    何処へ向かうのだろう・・・?
c0146127_16313864.gif


 c0146127_16374463.gif





親類の家に行くと、何かにつけて手持ち無沙汰で、
いつも何かをつまみ食いしている・・・。

完全に運動不足のカロリー過多。

マズイマズイ!せめてものまき割・・・!
[PR]

by zoukeinomori | 2013-01-06 15:25 | 絵画 | Comments(0)

「紅葉の葉を使って」11月の活動ーⅡ (12/29号)

 年の瀬です! 落葉樹の木々はすっかり細かい梢まではっきりして、夕暮れ時にはシルエットが神経の様に浮き出て見えるようになりました。 今日29日は日中けっこう暖かく、外回りの窓拭きをやっと済ませました! 毎年の事ですが、12月は何だかんだと忙しくて、時間が1日48時間あるか、もう1人の自分が居てくれるか、なんて夢想しています・・・。

 そんなわけで、ブログも滞りがち。今回は紅葉のきれいな11月の中旬の活動です。
教室の窓から外の風景を見ると色とりどりの葉っぱの色がとてもきれい!「今日は森に棲む動物に変身して、きれぇーな宝の葉っぱを集めにいこう! みんなは何に変身する?先生は・・・じゃタヌキね!」(笑!)小さな画用紙にクレヨンで変身する動物を描いたらみんなで『へんしん!』「お宝葉っぱをゲットしに行くぞー!」 カキとモミジが紅くてきれい!
c0146127_17422376.gif

「森って言うとね、そこには美しい泉があったりするんだよ・・・みんなは<正直モノの木こり>のおはなし知ってるかなぁ?!」・・・とお話の始まり始まり! お話しに聴きいった後、自分のスケッチブックに泉をつくる事に・・・。大きな円い泉を描いたら周りをクレヨンで塗っておきます。そして自分の思う泉の色3色を円の中に3カ所に出します。その絵の具の上から私が
「泉クリームをあげよう!」と木工ボンドを加えます。更に筆に含ませた水を2回ずつたらしたら、指先でグルグル混ぜながら泉の水にしていきます。「泉クリーム、よく混ぜてね!」
c0146127_17592881.gif

出来た美しい泉の上に、集めて来たきれいな葉っぱを浮かべて(貼り付けて)みます。
                出来たらさっき描いた変身した動物の絵を切り取ります。
c0146127_1864127.gif

「これから寒〜い冬が来ると、泉はどうなる?!」『氷が張っちゃう?!』「その通り!」そこでみんなの泉の上にも氷を張ります!と、 ラップを被せたら一回プレス!浮いていた葉っぱもぴったり接着。泉の淵に切り取った動物を貼り付けたら、冷たい氷の上からポスカでデコレーションや動物の台詞を書きます。
下右のはオスの幼虫がメスの幼虫に『すみません けっこん してください』なんて愛の告白が書いてあります。何てロマンチックなシチュエーション!
c0146127_1824491.gif

          みんなとってもステキな森の泉が出来上がりました!
c0146127_18253948.gif


 小学生も森の動物に変身して、お宝葉っぱを集めに行きます。クヌギ・モクレン・ヤマクワ・サクラ・ケヤキ・ハナミズキ・・・そんな中ひときわ真っ赤な葉っぱが! 気が付かず知らないうちに成長しているハゼノキ。ウルシ同様負ける人はかぶれてしまいます。知らないと、きれいなのでつい触ってしまいます。それだけ注意して、カラフルなお宝が集まりました!
c0146127_2203896.gif

 教室に戻ったら絵の具の道具を用意して、集めて来た葉っぱにある色の絵の具をパレットに全部出します。そして画用紙にその色全部を使いながら自由に画面を埋めていきます。(平面構成)
c0146127_2262273.gif

次に集めて来た葉っぱをなるべく無駄なくハサミで四角形に切っておきます。実はこれをパーツに組み立てて<木>を作っていくのです。切ったら一度組み立ての練習。では、いよいよ葉のパーツを組み立てますが、画用紙に秋の空の色の絵の具3色を出し、幼児の泉の時同様、木工ボンドを加えます。そして指先で延ばしていきます。
c0146127_2215553.gif
 ボンド混じりの絵の具が乾かない内に、葉のパーツを組み立てて、木にしていきます。自然の色はやはり美しい。木が出来たら、初めに葉の色をモチーフに平面構成した絵の裏に鉛筆で葉の形を描きます。形は自分で考えます。紙を折って重ねて切ると一度に数枚同じ形が出来る事も伝えておきます。
c0146127_2222449.gif

      空間作りの制作なので、作った葉をどこに貼るかはその人のセンス。
               きれいなムラサキシキブの実も・・・。
c0146127_22262121.gif

 最後に自分が変身した動物を別紙に描き、切り取って配置させて完成です。動物をどこに置くかで画面の感じが微妙に変わるので、いろいろ考えて決めていました。まるで、絵本の1ページ!
c0146127_22301061.gif

バックの絵の具の指の跡と、デザイン的な葉っぱと、自然の葉の葉脈の感じと動物キャラと・・・それぞれがマッチして、どの作品もとてもユニークな仕上がりになっています。
c0146127_22345586.gif
c0146127_22354347.gif

               紅葉の葉でたくさん遊ぶ事が出来ました!

     下画像は12月の中頃、まだまだ紅葉が美しく、澄んだ青空に輝いていた頃。
 
c0146127_22393589.gif

                そして、枝だけが残った・・・。
c0146127_22431389.gif

    でももう、梅やモクレンのつぼみは、だいぶ大きく膨らんで来ている・・・!
     今年は何故か、いつになく時の経つのが今までで一番早く感じられた年でした。
     世の中、様々な変化がみられる時・・・
    己の信念を持って、誠実に、前向きに、ふつうにガンバっていきたいと思います。
               
               今年も有り難うございました。
              みなさ様も、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

      
[PR]

by zoukeinomori | 2012-12-29 18:26 | 絵画 | Comments(0)

<紙版画ー海の中のオモシロ魚> 10月の活動 -Ⅲ (12/1 号)

 今日から師走です!ここのところアレコレ忙しく、ブログが滞ってしまいました。ついこの間電飾クリスマスツリーを片付けたと思ったら、もうクリスマスです・・・! 今月のアトリエは、またクリスマス関連での造形の予定ですが、今回はまだ紅葉前の10月の終わりの活動です。

 だいぶ前にも2回に分けてやった活動ですが、今回は1回で完結・・・
「秋になると、脂がのって美味しくなるお魚がいるんだけど、知ってるひとー?!」幼児でもしっかり分かっているんですね! そう<サンマ>です!そこからみんなに、知っているお魚の名前を挙げてもらいます。次に<お魚に付いているもの>を黒板でみんなに描き入れてもらい、目や口、ヒレなどの確認をします。「今日はみんなに自分のお魚を作ってもらいます!まずは海の中を作ろう!」という事で、画用紙に刷毛で水をたっぷり塗った上から、青系の絵の具をポタポタたらして滲ませていきます。海が出来たら魚作りですが、別画用紙に縦横に数本の線を自由に描き、その線をハサミで切り分けていきます。
c0146127_1162125.gif

 切り取ったピースを重ねたりつなげたりしながら、面白い魚の形を作っていきます。『よーし!これでOK ! 』となったら、作ったイメージを大事に1枚ずつホチキスでつなげて形を作っていきます。出来たら、何色の魚にするか考えて、絵の具を塗って別紙に版画します。
c0146127_11162999.gif

 刷った魚の形をハサミで切り取り、目をクレヨンで描きます。目の位置をどこにするかで、表情が変わるのがまた面白い・・・。使った版の方にも目を描き、出来た2匹の魚を描いた海の中のどこに置くかを考えます。同じ形の魚でも、目の位置や上下を変えたりすると、別ものになるのがまた面白い・・・。
c0146127_11232035.gif

    2匹が配置されると、お話ししている様で、物語的になり想像力が膨らみます。
c0146127_1126692.gif

 下画像の右下の魚は、版画を切り取った余りの紙で作った2匹!作る意欲は止みません・・・!
c0146127_11283982.gif


 小学生も同じテーマですが、画面の大きさが倍になります。切り取るピース数も多いので、作る魚も2匹、又は大きい魚1匹にしました。
c0146127_11322286.gif

 版画も一版多色刷りにし、試し刷りを実演した後に、全部自分でやってもらいました。
          下画像は1年生ですがとても上手にできています。
c0146127_11383622.gif

 色がつくとまた、思いがけない面白さが出てきたりしますが、更にサインペンやクレヨンで、
目やヒレだけでなく、ウロコや模様なども描き加えていきます。
c0146127_1143576.gif

       版画と版の魚に模様などを施したら、海の中への配置を考えます。
c0146127_11464316.gif

 魚を貼り付けて、海の中の空間を想像しながら、まだ何か描きたい人は好きなものを描き足していきます。              下のウミヘビの様な魚、微妙な違いが面白い・・・。
c0146127_11524892.gif

   貼り付けてからは、もう絵作りです。1つ描いたら、次に描くものが生まれてきます。
c0146127_11575889.gif

 色々なストーリーが展開していきます。下右の作品は、版画で魚とイカとクラゲを作りました。
                   それを重ねて貼っているので、奥行きが感じられます。
c0146127_1213364.gif

                水族館に来た様な気も・・・?!
c0146127_1225984.gif

       <紙版画>という技法を使って、たくさんの空間構成を遊びました!

 ちまたではだいぶ紅葉も深まり、自然の織りなす様々な色彩が心を高揚させてくれる気がします。               庭のモミジ・・・下の方はまだ緑なのが、かえってきれいな
                       グラデーションになっているんです・・。
c0146127_1295380.gif

 11月の終わり、もうかなりキツい霜が降りました。下左は木の橋の画像。白い点は霜がキラキラ光ってきれいだったのです。中央はシロツメクサ。こうして1年の終わりを迎える風景が見られる中、その昼にお腹のぺちゃんこになったカマキリと目が合ってしまいました・・・。
                                よくぞ今日まで・・・!
c0146127_1219540.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2012-12-01 12:31 | 絵画 | Comments(0)

<壺とセイタカアワダチ草> 10月の活動 ーⅡ (11/17号)

 庭の木々もだいぶ色づいてきました。早朝には車のフロントガラスが霜で、お湯をかけて溶かして出発!という季節になりました。ここの地名は高田町と言うくらいで、千葉でも高地なので、寒さが厳しいのです! アトリエの南の空き地はセイタカアワダチ草で真っ黄色でしたが、だいぶ色あせて種の季節に入ります・・・。

 今回はそのセイタカアワダチ草全盛期の頃の活動です。まずは机の真ん中に大きな壺を置いておきます。子どもには見慣れぬその壺の口から中に向けて大声で私が叫びます。「おぉ〜いぃ!だぁれかぁ いるかぁ〜!?!」すると遠くから聴こえる様に壺の中から響いてきます。 覗き込んで
「あれ?!底が見えないぞ〜?」と右手を突っ込んだその瞬間、ググッと壺底から引っ張られる
<演技>!子ども達の表情が暗転!力を振り絞って腕を抜くと、うっそだ〜!と思いつつも半信半疑な子どもたち。恐る恐る壺の中を覗いてから、叫んでみたり・・・男の子は手を入れて『水じゃん!』と平常心!さすが! 大きな壺の奥行きが分かったところで、色画用紙にクレヨンで大きく壺の形を描き、好きな色の絵の具を2色たらしたら、筆で中を塗っていきます。うっすらとある壺の模様の様に、厚塗りにした自分の壺にも筆の尻で模様を描きます。
c0146127_1024935.gif
 
「これからこの壺にお花を生けるので・・・」と水を注ぎます。ボトン・ボトンと太く音が響きます。ここで<花>の登場!みんなは花の名前は知りません。「このお花、首の長い黄色い動物に似てない?」『きりん?!』「そう!だから<キリンソウ>っていう言い方もあるんだけど、本当は<セイタカアワダチソウ>って言うんだよ。ハイ、じゃみんなで・・・!」
『せいたかあわだちそー!』1人3本ずつくらい生けていくことにしました。なかなかのセンス!
c0146127_10344495.gif

 壺を描いたときは画用紙1枚の大きさでしたが、あらかじめ縦に繋げておいたもう1枚を出し、クレヨンでセイタカアワダチ草の茎を壺の口からぐんぐん描きます。生けたセイタカアワダチ草は下から見ると覆いかぶさる様に巨大に見えます。次に絵の具で葉っぱを描いていきます。
         葉っぱが出来たら、自分で花の色をパレットに作って花を咲かせていきます。
c0146127_10435433.gif

 葉っぱの描き方も、花の描き方も、それぞれが感じたそのままがリアルに現されています。
 最後にアクリル絵の具で塗った壺の上に薄いホワイトを被せます。すると描いた模様が際立って立体感が出てきます。
c0146127_1051477.gif

 「この花の名前、なんだっけ?」『きりんそー!』「もう1つは?」『え〜と・・・?』
「セイタカアワダチソウ! じゃみんなでぇ・・・!」
    『せいたかあわだちそー!』 を何度か繰り返して、みんな覚えて帰りました・・・!
c0146127_1055312.gif


 小学生もだいたい同じ様な導入で、壺と触れ合います。なかなかみんな、ノリがいい!
色画用紙は幼児の倍、四つ切りを縦に2枚つなげて、1枚分を折り返しておきます。
 この色!と思う3色を描いた壺の形の中にたらし、塗っていきます。
c0146127_1123647.gif

      ほぼ実物大の壺は、みんな重量感があって、感じを良く捉えています。
c0146127_1144672.gif

 また新たに<セイタカアワダチ草>の登場です。小学生は名前を知っている子もいました。みんなで賑々しく生け花タイム! アクセントにムラサキシキブも加えてみました。
                 巨大な生け花が出来たら、後はもうそれぞれにお任せです。
c0146127_11101348.gif

 じっくり観て、感じたままに筆を走らせていきます。パレットでいろいろ混色も試みます。
c0146127_11144669.gif

   小さい花がたくさん集まって出来ている感じをそれぞれが工夫して表現しています。
c0146127_11165091.gif

 ムラサキシキブが黄色をより一層 引き立てている感じがします。壺の感じも、それぞれ良い感じに花とマッチしていますね。 もっと大きな画面でやらせてあげられたら、空間意識もまた展開したことでしょう・・・反省。
c0146127_11235670.gif
c0146127_1124460.gif


 アトリエの庭、秋が深まる中、ぽつりと咲いていた <カイドウ> 。
                          間違えて咲いてくれたんだね・・・。
c0146127_11285524.gif

 今年は例年以上に、異常に高く伸びた<皇帝ダリア>。毎年花をつける頃、霜でやられて咲かないうちに、しおれてしまう・・・。学習しろよ!と言いたくなるが、この花、何故花の時期が今頃なのだろう? どんな良いことがあるのかなぁ・・・と、考えてしまうのです・・・。
c0146127_11335359.gif

                嗚呼 彩りの季節・・・  。














 
[PR]

by zoukeinomori | 2012-11-17 09:01 | 絵画 | Comments(0)

<2012年 仲秋の名月!> 9月の活動−Ⅳ (10/24号)

 二十四節気の「霜降」も過ぎ、夜になると冬の匂いがする時も出てきました。何だか夏から急に季節が変わった気がしてなりません。「秋の夕暮れはつるべ落とし」とはよく言ったもので、あっという間に夜になります。 10/21 オリオン座流星群がピークとの事で、10時頃ベランダに行くや否や、北から南にピカーッと流れました!かなり明るいのが・・・。それから10分位で細かいのを3つ観ました。「宇宙を観てるんだなぁ・・・」としんみり想いにふけりました。

 ここ千葉のオヘソ<誉田>には、まだ闇があり、東京に比べると「満点の星」が見えると言っていいかもしれません。さて、今年の仲秋の名月は9月30日。毎年この時期になると、季節感を感じてもらうためもあり、このテーマに取り組みます。今回は、満月になる約1週間前の活動でした。   まずは幼児から・・・。

「秋になるとね、空気が冷たくなって来てまん丸お月様がとぉーってもきれいに見えるって知ってた?!」・・・から続いて、ウサギやらオオカミ男やらポニョやら海の水の話やら・・・月の力がどれだけスゴいのかってことをお話ししていきます。 そして、みんなにはクレヨンで自分の思う<月>を描いてもらい、切り取ります。海から昇った月の絵を作るので、図鑑なんかも見ながら、海の生き物も余った所に描いてもらいました。
c0146127_11495027.gif
 
   5種類の寒色系の絵の具を用意し<月の力>で海の水も生き物の様に動き出す感じで、
  海の絵を描いていきます。
c0146127_11544234.gif

 海が描けたら、いよいよ描いた月を空のどこに付けるかを考えて、貼付けます。まだ夜になっていませんので、自分の絵の具の箱から黒とあと2色を考えて、空に直接出します。海以外、月も一緒に絵の具を水の筆で混ぜながら延ばしていきます。すると黒と色が混ざって、明るい感じの夜空が出来ました。最後にはじめに作った海の生き物も配置して貼付けて完成です!
              下右)動き回る水の中で、小さな魚達も楽しそうに踊っています。
c0146127_1262983.gif

 下左)水かさも増え、満月の中のウサギが海の生き物とお話ししている様です。
 下右)こちらは虹色の三日月です。カニの形になった波の周りを沢山の生き物が踊っています。
c0146127_1215790.gif


 続いて小学生。
小学生にも満月の引力の事なんかをいろいろお話しします。目に見えるもの、見えないものも影響を受けるイメージを感じてもらいます。夜空にある、空気や風の流れなどをイメージして、マジックでその動きを描いてみます。ゴッホの夜空の絵も参考までに見せたりして・・・。
c0146127_14211681.gif

次に遥か彼方まで広がる宇宙を想いながら画面に水を塗った上から絵の具をたらして、色をボカシていきます。マジックの曲線とフワ〜っと広がる色に、何やら奥行きを感じます。
c0146127_14255227.gif

少し絵を乾かしたら、更に上に3〜4色の絵の具を出し、金ノコのギザギザの刃の方を使って全体に延ばして<夜空>の感じを作ります。この時、下地に描いた渦巻きや色も少し浮き出る筈だったのですが、絵の具の量が多すぎて、ほとんど見えなくなってしまいました。
c0146127_1431755.gif

でもでも、これで宇宙空間=夜空が出来まして、いよいよ主役の満月を登場させます。アクリル絵の具のレモン・黄・山吹・白を自由に使ってそれぞれ現します。満月が出来たら、月のエネルギーを感じて<空を飛ぶ生き物>を紺の色画用紙で、シルエットで作って配置していきます。
            図鑑を参考にして何にしようか考えている様子・・・。
c0146127_14381259.gif

更にここで、絵の具の薄い金と銀を用意。下地の模様が見えなくなってしまった事もあり、新たに夜空にこれで模様を付けます。切り取ったシルエットの生き物達にも塗ります。
                     右下)さすが5年生。やる事がリアルで細かい。
c0146127_1444039.gif

下左)オオカミと龍、そしてカラスが満月と重なっています。何か神がかりな感じがする絵。
下右)まるで大地まで描かれた様な広大な感じがする絵。蝶や人間、イカとマンタが舞っています。
c0146127_1452120.gif

下左)月の光が溶け出して、まるで海の中から見ている様な・・・。クラゲと何故か自動車が?!
       下右)飛んでいる鳥と、銀の雲の上でペアになっている鳥。光の感じが面白い。
c0146127_1456175.gif

下左)4匹繋がった亀・女の子・人・それから妖精?絵本の1ページの様なファンタジックな絵。
下右)この絵にもイカやカメ、龍や動物いろいろ混ざっていますが、満月の夜には何が起こっても不思議じゃぁないって事かな・・・!
c0146127_1541540.gif


 9月30日は台風が接近していて、満月は見られない・・・と思っていたら、雲の切れ間に!
                強い南風で、雲が南から北へ猛スピードで流れていく・・・。
c0146127_1572443.gif

 <初秋の出会い>
・小動物編: 太ったアマガエルと、捕まって文句言いたげなアカガエルかなぁ?
       ザリガニは温泉気分?じゃなくて、あっち行け!って威嚇しているところです。
c0146127_15105070.gif

・秋の味覚編:
裏山で見つけた巨大キノコ(と小3の娘の手)食べられるかなぁ?調べたけれど、分からなかった!
八街産、巨大落花生!真ん中のが普通サイズ。けっこう美味しいけど、大きすぎて茹でた食感はお芋の様でもある。
c0146127_15201457.gif


去年、100個以上も実を付けた柿! 今年は1コだけ色づいていたのに、気が付いたら鳥にやられていて、収穫0! 柿ってやはり隔年なんでしょうか? 

          紅葉だけが美しく、オレンジの実が無いのが何か変な気がする・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-10-24 15:30 | 絵画 | Comments(0)