<壺とセイタカアワダチ草> 10月の活動 ーⅡ (11/17号)

 庭の木々もだいぶ色づいてきました。早朝には車のフロントガラスが霜で、お湯をかけて溶かして出発!という季節になりました。ここの地名は高田町と言うくらいで、千葉でも高地なので、寒さが厳しいのです! アトリエの南の空き地はセイタカアワダチ草で真っ黄色でしたが、だいぶ色あせて種の季節に入ります・・・。

 今回はそのセイタカアワダチ草全盛期の頃の活動です。まずは机の真ん中に大きな壺を置いておきます。子どもには見慣れぬその壺の口から中に向けて大声で私が叫びます。「おぉ〜いぃ!だぁれかぁ いるかぁ〜!?!」すると遠くから聴こえる様に壺の中から響いてきます。 覗き込んで
「あれ?!底が見えないぞ〜?」と右手を突っ込んだその瞬間、ググッと壺底から引っ張られる
<演技>!子ども達の表情が暗転!力を振り絞って腕を抜くと、うっそだ〜!と思いつつも半信半疑な子どもたち。恐る恐る壺の中を覗いてから、叫んでみたり・・・男の子は手を入れて『水じゃん!』と平常心!さすが! 大きな壺の奥行きが分かったところで、色画用紙にクレヨンで大きく壺の形を描き、好きな色の絵の具を2色たらしたら、筆で中を塗っていきます。うっすらとある壺の模様の様に、厚塗りにした自分の壺にも筆の尻で模様を描きます。
c0146127_1024935.gif
 
「これからこの壺にお花を生けるので・・・」と水を注ぎます。ボトン・ボトンと太く音が響きます。ここで<花>の登場!みんなは花の名前は知りません。「このお花、首の長い黄色い動物に似てない?」『きりん?!』「そう!だから<キリンソウ>っていう言い方もあるんだけど、本当は<セイタカアワダチソウ>って言うんだよ。ハイ、じゃみんなで・・・!」
『せいたかあわだちそー!』1人3本ずつくらい生けていくことにしました。なかなかのセンス!
c0146127_10344495.gif

 壺を描いたときは画用紙1枚の大きさでしたが、あらかじめ縦に繋げておいたもう1枚を出し、クレヨンでセイタカアワダチ草の茎を壺の口からぐんぐん描きます。生けたセイタカアワダチ草は下から見ると覆いかぶさる様に巨大に見えます。次に絵の具で葉っぱを描いていきます。
         葉っぱが出来たら、自分で花の色をパレットに作って花を咲かせていきます。
c0146127_10435433.gif

 葉っぱの描き方も、花の描き方も、それぞれが感じたそのままがリアルに現されています。
 最後にアクリル絵の具で塗った壺の上に薄いホワイトを被せます。すると描いた模様が際立って立体感が出てきます。
c0146127_1051477.gif

 「この花の名前、なんだっけ?」『きりんそー!』「もう1つは?」『え〜と・・・?』
「セイタカアワダチソウ! じゃみんなでぇ・・・!」
    『せいたかあわだちそー!』 を何度か繰り返して、みんな覚えて帰りました・・・!
c0146127_1055312.gif


 小学生もだいたい同じ様な導入で、壺と触れ合います。なかなかみんな、ノリがいい!
色画用紙は幼児の倍、四つ切りを縦に2枚つなげて、1枚分を折り返しておきます。
 この色!と思う3色を描いた壺の形の中にたらし、塗っていきます。
c0146127_1123647.gif

      ほぼ実物大の壺は、みんな重量感があって、感じを良く捉えています。
c0146127_1144672.gif

 また新たに<セイタカアワダチ草>の登場です。小学生は名前を知っている子もいました。みんなで賑々しく生け花タイム! アクセントにムラサキシキブも加えてみました。
                 巨大な生け花が出来たら、後はもうそれぞれにお任せです。
c0146127_11101348.gif

 じっくり観て、感じたままに筆を走らせていきます。パレットでいろいろ混色も試みます。
c0146127_11144669.gif

   小さい花がたくさん集まって出来ている感じをそれぞれが工夫して表現しています。
c0146127_11165091.gif

 ムラサキシキブが黄色をより一層 引き立てている感じがします。壺の感じも、それぞれ良い感じに花とマッチしていますね。 もっと大きな画面でやらせてあげられたら、空間意識もまた展開したことでしょう・・・反省。
c0146127_11235670.gif
c0146127_1124460.gif


 アトリエの庭、秋が深まる中、ぽつりと咲いていた <カイドウ> 。
                          間違えて咲いてくれたんだね・・・。
c0146127_11285524.gif

 今年は例年以上に、異常に高く伸びた<皇帝ダリア>。毎年花をつける頃、霜でやられて咲かないうちに、しおれてしまう・・・。学習しろよ!と言いたくなるが、この花、何故花の時期が今頃なのだろう? どんな良いことがあるのかなぁ・・・と、考えてしまうのです・・・。
c0146127_11335359.gif

                嗚呼 彩りの季節・・・  。














 
[PR]

by zoukeinomori | 2012-11-17 09:01 | 絵画 | Comments(0)