<シャボン玉で遊んで> 9月の活動−Ⅱ (9/30)

 本日、9/30は仲秋の名月だというのに大型台風17号の列島縦断で関東では拝めそうもありませんね。こういう時こそ想像力で雲の上の美しい満月を感じましょう!そう、金子みすゞの詩の様に・・・「みえないものでもあるんだよ・・・」と。
 
 さて、今回の活動も空に浮かぶ まぁるいもの・・・今までも何度かやっていますが、その都度みんな大喜び <シャボン玉> で遊んでの活動です。
 シャボン玉のお話をしてから、自分の画用紙に「少し秋になった風を吹かせよう!」という事で、色鉛筆で定規を使って直線引きに挑戦! やり方が分かれば、みんなすぐに上手!
 風が描けたら外に出て、シャボン玉を作りましょう!
c0146127_953423.gif
 
 シャボン玉を作る道具は、モールを丸めて竹枝の先にくくり付けたものを作りました。液を付けたら口で吹いても、腕を動かすだけでも10cmくらいの玉がいくつも出来ます。ちなみにシャボン液は<洗剤(界面活性剤40%以上が良い):洗濯ノリ:水=1:5:8>で作っています。みんなが夢中でシャボン玉を作ると、虹色の玉の中に天使が遊んでいる様な気がしてきます・・・。
c0146127_10103464.gif

 きりがないので、終わりにしてもらって、こんどは絵でシャボン玉を作ります。水性サインペンを使ってキッチンペーパーに3〜5個のシャボンのマルを描いてもらいます。マルを描く時はきちんと閉じられたマルになる様にします。描けたらハサミでマルを切り取ります。つぎは風の絵に切ったマルを1つ置いて、上から絵の具のいろいろな色を優しくにじませていきます。
c0146127_10215161.gif

 1つのマルが色で一杯になったら、剥がします。するとそこには、塗った絵の具と同じ色のマルが・・・シャボン玉1つ出来上がり!剥がしたマルを違う所に置いたら、こんどは上から水の筆でトントンします。そっと剥がすと、またシャボン玉が出来ました!これを何度か繰り返し、色が薄くなったら基のマルも画面に置いて、上からボンド水を塗って1つ目終了。残りの切ったマルも同じ様に色をつけながら、画面をシャボン玉だらけにしていきます。
c0146127_10314141.gif

        さっき遊んだ時みたいに、たくさんのシャボン玉が出来ました!
c0146127_10361215.gif
    今回は<シャボン玉>をモチーフにした<色遊びの活動>という事になります。
         初めに引いた線が、マルとのコントラストになっています。
c0146127_10401872.gif

 小学生は四つ切りの色画用紙を使います。まずは風を吹かせる事から・・・。新聞紙にこすり付けたクレヨンをティッシュペーパーでこするとティッシュに色がつきます。画用紙の下に麻ひもを置いて、このティッシュでこすると、その色のヒモ模様が浮き出てきます。(こすり出し=フロッタージュ)これをいくつか作った後に幼児同様、定規で直線を構成します。
c0146127_10552027.gif

 さあ!外に出て、シャボン玉を作って遊びましょう!さすがに小学生は動きがいろいろです!
 自分を中心にくるくる回ると、自分の周りがシャボン玉だらけになったり・・・。
c0146127_11059100.gif

 道具も、大きな玉が出来るのをやらせてあげます。そうこうしているうちにシャボン液が少なくなり、道具でやりにくくなってきたせいか、手に直接付けてやり始めました!これがまたお上手!
c0146127_1153782.gif

 手でやり出したら、またいろいろな遊びが出来る事を発見!
                   浮かんでいる大きな玉をキャッチする事だって・・・!
c0146127_11102384.gif

 シャボン液を全部使い果たして、ようやく終了。何だかんだで外は夕暮れ、40分も遊んでしまいました!その余韻を保ちつつ、画面の上に自分のシャボン玉の世界を現していきましょう!
 やり方は幼児と同じです。でも、バランスを考えながら、切り取ったマルは全部使いながら構成していきます。
c0146127_11192994.gif

   画面から外に出て行く様に、半分だけのを作ってみたり、玉を重ねてみたり・・・。
c0146127_11231285.gif

 最後は遊んでいる自分たちを登場させたり、キラキラのイメージでスパンコールを貼ってみたり、出来る子はもう一工夫!
c0146127_11262351.gif
c0146127_11272331.gif
 みんな玉の1つ1つを丁寧にバランスよく現しているので、浮遊感がよく表現出来ています。
c0146127_11335637.gif

 上右の写真・・・ <虚>と<実> の面白い写真。
   その瞬間<実>であるものも、次の時間にはもう無くなっていたりするんだなぁ・・・。

              儚い・・・って、なんてポエジーな 日本語・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-09-30 11:52 | 絵画 | Comments(0)