<ロウ画の応用・パスミ画> 7月の活動 ー No.2 (7/30号)

 暑中お見舞い申し上げます・・・!
毎日毎日うだる様な暑さですが、まだ家では冷房のスイッチは入れていません。気持ちと工夫で乗り切りたいと思っています。

 今回は、以前にやった<ロウ画>の技法を応用して、溶かしたロウを使わない独自の技法で絵をつくります。今回はその技法で絵を描く事が大きなテーマなので、何を描くかはそれぞれの自由になります。その自由画の前に、特性を知るための練習となる試し描きをしておきます。
 スケッチブックの最後の厚紙のページに、クレパスで大きく四角を描き、その中に円を3つ描いたら好きな色で塗りつぶします。最後に白をかぶせ、ニードル(今回は長ネジ)で、線で絵を描いていきます。次ぎに墨を描いた線に刷り込む様に塗ります。
c0146127_1518446.gif
 ドライヤーで墨をよく乾かすのは、削った線から入り込んだ墨が乾かないうちに削り取ってしまうと紙が破け易くなるからです。練習では、中心から形を増やしていく絵か、外側から中心に形を増やしていく絵かに決め、線描をしました。
c0146127_15292699.gif
 練習が終わったら、今度は自分の描きたい絵を考えスケッチブックの表紙の裏の厚紙に鉛筆で描いていきます。図鑑を観たり、モノを見たり、想像したり・・・。鉛筆の下描きが出来たら、クレパスで色を塗っていきます。
c0146127_16281445.gif
 クレパスは混色すると味がでます。色のバランスなど感じながら絵を組み立てていきます。
c0146127_1743411.gif
 色を塗り終わった上から更に白をかぶせると、淡いパステルカラーになります。
  白をかぶせる事によって、クレパスの厚みが増し、ニードルでの線描がし易くなります。
c0146127_17491132.gif
  うっすら見えている鉛筆画の後をニードルでなぞります。出来たら、墨をかぶせます。
c0146127_1751654.gif
 ドライヤーでしっかり乾かした後に、ペインティングナイフで厚みをさらっていくと、クレパスの塗れていないすき間と線描が黒で現れてきます。
c0146127_17541952.gif


c0146127_17552151.gif


c0146127_17553439.gif


c0146127_17563954.gif
 ロウを使わないロウ画・・・ロウ=パラフィン→クレヨン <クレヨン>よりもねっとりしている<クレパス>の方が、描画には適しているのです。
今回の技法、名付けて『パスミ画』! いろいろと展開していけそうです。


 〜 アトリエの庭風景 〜
         今年の初タマムシ!
c0146127_1873645.gif
     雨上がりの宝石
c0146127_1892878.gif
           真夏なのにフジがたくさん咲き始めた ! ? ?
c0146127_18105683.gif
     

       18:15 ・・・ ヒグラシの声が清涼感をくれる、夕暮れ時・・・
                  やっと涼しくなってきました。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-07-30 18:15 | 絵画 | Comments(0)