<5月の花と香りを描く> 5月の活動 ー No.2 (6/9)

 講師をしている足立区の中学校は、今日が体育祭でしたがあいにくの天気・・・。娘の小学校では、昨日がプール開き。気象庁の予測では 6/8 、昨日が梅雨入りです。なので、何だか季節感がないなぁ・・・と思ってしまいます。田んぼの稲とオタマジャクシはすくすく育っています!

 今回は、この時期 毎年の様にやっている花を描く活動です。まずは、5/6 に東京方面から来てもらった、以前の教え子家族とそのお友達家族。もうすっかりみんな いい大人になりました! お昼前に着いたので、竹筒水さん(5/5 のリベンジ!)&焼き竹の子。竹の子は着いて早々、お父さんが桑を担いで裏山へ。みなさん 日長のんびり待ちます。前日の竹筒は水が少なかったので、たっぷり入れたら、炊き上がる前に筒の両脇が焼けて・・・! 結果、焼き竹の子もご飯も美味しく戴けました!
c0146127_102430.gif
 昼食も終え、活動開始です。外で5月の空気を一杯深呼吸してもらってから、画用紙にそれを表現します。刷毛でたっぷりの水を塗ったら、香りが広がっていく様に好きな色をたらしていきます。だいぶ強い色になっても、タオルを当てて水気を採ると程よい淡い感じになります。乾かしている間に、アトリエの周囲に咲いている花を採取してきました。前日、こどもの日スペシャルの昨日の今日で、花の種類は同様でしたが、まだ咲いていたツバキを採って来た人も!
c0146127_10172630.gif
 淡い香り漂う絵の上に、黒のコンテで自分のお気に入りの花を描きます。基本は一輪を大きく描く事にしてありますが、思いのままに・・。黒い線で作られた花たちは皆、それぞれ存在感があります。花を見つつ、絵の具で着彩していきます。タオルで拭いては色を重ねて、どんどん変わっていくのが見ていて面白かったです。
c0146127_10254485.gif
 下はクレマチスとシャスターデイジー。
      <花が咲いている> ことが素直に表現されていると思います!
c0146127_10302622.gif
 下左上は、葉っぱも含め採って来たものを全て描かずにはいられなかったようです。その下の作品は、一見花には見えませんが、たくさん集めて来た花や葉を机の上の置くと、色とりどりで、こんな感じを得たのでしょうか。作者は目をキラキラさせて絵の具を置いていました。右上の作者は、クレマチスと沢山のシャスターデージーを何度も塗り替えながら描き上げました。その下の作者は、十数年振りかで絵筆を握ったという、私に年が近いくらいの方で、以前は漫画を描いていたそうで、感覚が甦って色が目覚めた様な花でした。
c0146127_1053284.gif
 以下は 5/14 いつもの教室の活動で、まずは幼児から。
 同じテーマなので、言葉の言い回しは多少違うものの、導入の内容は基本的に同じです。アヤメやヒナゲシも咲きだし、少し花の種類が増えました。
c0146127_1171368.gif
 迷いのない力強い線が気持ち良い。「花びら何枚だっけ?」と言われ数えたら・・・『8まい!』下右の花の右側にある小さな形は花びらを足したもの。
c0146127_11122712.gif
 下左は対象に近づけようとして、よく捉えています。右は感覚的に捉えた<花>に色を塗る行為を楽しんでいます。
c0146127_11183663.gif
  お次ぎは小学生。 コデマリやヒニチニチソウもプラス。
                      それにしてもクレマチスは長もち!
c0146127_112215100.gif
 小学生ともなると、パレットで色を混ぜて同じ色づくり! 
                  ・・・や、重ね塗りで深みを出し・・・。
c0146127_11262787.gif
 『雌しべの毛の生えた感じは細い筆でっと!』
             『花や花びらもきれいだからボンドで貼っちゃえー!』
c0146127_11321080.gif
 下はクレマチス。それぞれにクレマチス!上の写真の、たくさん咲いているのと同じ印象を与えられます。
c0146127_11333978.gif
下はアヤメを上から捉えたもの。細かい模様の描き方にオリジナリティがあります。
c0146127_11374814.gif
 下左上は誰も描いていない絹サヤ、ヒナゲシ、アカバナユウゲショウ、デージーが描かれ、クレマチスの花びらでアクセントにしています。その下はアヤメを横から描いたもの。しっかりとした存在感は地面を感じさせます。右上のヒニチニチソウ、重なった構成が華々しさを感じます。その下のデージーは、空色を加えた事で、デージーの佇まいを感じます。
c0146127_11492522.gif
 4才から40代まで、それぞれが花になって、香りを放った様でした!

  
    <出逢い・・・>   下左から
・玄関の前にいつしか大きくなった植物で、葉の形から、ずっとアジサイだと思っていたら思いもよらぬ白い花が咲き、だんだんそれが赤くなっていくのです。さんざん調べたら「箱根ウツキ」と分かりました。なんで生えたかなぁ?!
・娘が見つけて来た変な生き物。身体はまるでウナギみたい! 足が8本あったのでクモで検索したら、ありました!「オナガグモ」と言ってクモを食べるクモだそうです。
・ジムグリ・・・だとばかり思っていたら<ヒバカリ>と判明! 無毒の大人しいヘビです。あえて逃げる様子もなく、可愛くなってしまいます。この 50cm 位のサイズのが、車に引かれて いるのをこれからの時期よく見かけます。
c0146127_1210352.gif

 50年以上も生きているのに、まだまだ名の知れぬものが沢山あるものです・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2012-06-09 10:55 | 絵画 | Comments(0)