<アルミ缶をつかって> 1月の活動 ー その3 (3/4号)

 ひな祭りが終わってしまいました! 少しずつ暖かくなっている気も しなくもありませんが、未だ庭の紅梅は現在15輪ほどしか開いていません。二ヶ月遅れ・・・という感じです。でも、今日もひ弱なウグイスの声を聞きました。

 さて今回はまだ1月の活動・・・アルミ缶を切り開いて長方形状態にした材料を使っての活動です。まずは台にする木を切ります。切り込みが入れてあるので、すぐに切れるのですが、達成感を味わえる様です!押さえる方も真剣です。
 教室に入って、アルミの板2枚にマジックで絵や模様を自由に描きます。
c0146127_1665478.gif
 絵が描けたら「指2本分くらいの幅」でハサミで切っていきます。紙よりはさすがに硬いですが、みんなチョキチョキ!
 切り終わったら木の台を下敷きにして、それぞれのアルミに金槌で釘を打ちながら小さな穴をあけます。後でこの穴に針金を通します。
c0146127_16172589.gif
 さあ、ここから組み立てです。ホチキスで上にとめながら高くしていくのです。まずはアルミを台にとめます。とめた所を折り曲げると立つんです!そうしたら上につなげていきます。
 1本だとフラフラするので、2本3本と立てたアルミを上でつなげて丈夫にし、タワーの様にしていきます。上手くホチキスが出来ない事がしばしばで、イライラしてくる子もいました。でも悔しくて頑張るんです!
 タワーが出来たら、細いカラー針金を開けた穴に通して遊びます。
c0146127_16302512.gif

 完成です!マジックの発色や金属の質感がアルミならではで、面白い材料でした。 が、ホチキスでとめるのは、幼児には出来ずらい子もいたので、そんな時にはテープで代用させるべきでした・・・。
 針金の柔らかい曲線がいいアクセントになっています。
c0146127_16393084.gif

小学生はノコで台にする板をを切ったら、紙ヤスリでバリ取りまで自分でやります。
次は幼児と同じ、アルミ板2枚に絵や模様をマジックで描きます。
c0146127_16443338.gif
 アルミを切る前にここで穴をあけておきます。さすが小学生!慣れると早いです。アルミ缶の底や上蓋を金床の上で叩いていくと、おせんべいみたいにペチャンコになるのがまた面白い。
c0146127_16513389.gif
 ハサミでアルミを切りますが、小学生は幅も線の形(波線とか)も自分で考えて切ります。  一つ一つ組み立てながら切っていく子も・・・。
c0146127_16555968.gif
 はじめに想像した作りたいものに向かって形作っていく子。組み立てながら空間を作っていく子。それぞれに工夫しながら進めていきます。小学生はホチキスがとめにくい時はさっさと自分で上手にテープでとめていました。 さっすが!
c0146127_170390.gif
 アルミの組み立てが出来たらカラー針金を使って更に空間を展開させます。
                      台もマジックでデコレーション。
c0146127_1734350.gif
 やはり小学生くらいになるとこの素材を使いこなせて、いろいろな面白い作品が出てきます。
c0146127_1791136.gif
c0146127_17102169.gif
 このアルミ缶を切っての素材、まだまだ色々展開できそうです。でもひとつひとつ切り開くのに手間がかかるのが難点。これを子どもにやらせると、ハサミのあとがどうしてもささくれ立ってしまい、これガケの元になるので、危ないのです。
       平らになった板状のものを切るのは問題ないと言っていいでしょう!
c0146127_1718415.gif
c0146127_17192780.gif
     金属造形、これからどう展開させていこうか楽しみなところです。
 
 下画像は 2月27日の紅梅。それから1週間以上も経っているというのにあまり変わっていません。でもそうこうしているうちに、となりに植わっているサクランボのつぼみも大分膨らみ、地面のチューリップの芽が葉っぱらしくなってきました。生き物のシステムは着実に巡っています。
c0146127_17273916.gif

 この所また頻繁に地震がありますよね。うちはこの間 非常食をチェックしたら、
かなりのものが賞味期限が切れていたので、この2週間ほどで大分食してしまい、
まだその補充をしていません。
 3.11が近づくにつれ、テレビでは直後の関係者の事実が明らかになってきたり、ドラマ化されたり、現在の地盤の状態の事やら、放射性物質の状況やら、ドキドキする様な情報がいっぱいです。
自分が知りたい情報は何なのか? どこからそれを得るのか? そして、出来る事は何なのか・・・?! 焦点を合わせていかないと、何やらフラフラしてしまいます。

 大地震 ・ 原発放射能の拡散  あの日・あの時 からもう1年・・・
    確実に人々の日常の思いは変わった。 

 圧倒的に環境に受動的である中、能動的に生きていくっていう事に、
      子どもの創造力に触れる事で、きっと私は力を与えられている・・・。   
[PR]

by zoukeinomori | 2012-03-04 18:25 | 立体 | Comments(2)

Commented at 2012-03-11 23:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zoukeinomori at 2012-03-11 23:12
美月ちゃん!お元気ですか?そちらはまだまだ寒いよね!?
パソコン手に入れたの?
yuic_s43@yahoo.co.jp にメール待ってます! しみず