<炎を描く> 11月の活動 ー その1(11/27号)

 このところの日中は割と暖かですが、朝晩はすっかり冷えて車のフロントガラスは霜でガチガチです。イチョウの黄色が青空に映える・・・気が付けば、もうすぐ師走です。

 今回は、11月の初めの週の活動です。<火>を感じながら<炎>を描く活動なので、ついでに焼き芋会もやろうと、貰ったり掘って来たりしたサツマイモを洗って、一つずつに新聞紙を巻いたら水に付け、銀紙で巻いて焚き火の周りに置いて焼き芋の開始! 焚き火に1人ずつ薪をくべてもらいます。みんな熱いのが恐いのか、足早に遠くからポイッと放り投げるんです。まだ明るいので、あまり大きくは見えませんが、炎の熱さや動き、パチパチいう音などでみんなの心にも『描くぞぉー!』という炎が燃え始めます。「さあ、炎の踊りをクレヨンで描いてみよう!」男の子たちが『ボォ〜ボォ〜』言いながら線を描きなぐっているのに対し、冷静に形を描く女の子!
c0146127_1442834.gif
 教室に入って、更に大きな炎にするために・・・絵の具の道具を用意したら、
自分で決めた炎の色を3色 パレットの大きな部屋に1色ずつ出して水で溶き、
「ファイヤー!」       塗りながら『あちっ!あちっ!』言ってます。
c0146127_150470.gif
 続いて燃えている<薪>を作るために、画用紙をクレヨンで燃やして上から墨を塗っておきます。外の焼き芋どうなったかなぁ? そうだ!火で絵の具を乾かそう! 
乾いたら、墨を塗った絵を<薪>をイメージしてハサミで切り、炎の絵に張り付けていきましょう。                   「ワァ〜熱そぉー!」
c0146127_1565751.gif
    切った薪は自分の好きな所に置いて燃えている感じを作ります。
c0146127_15134817.gif
 絵の具を飛ばしたり水で延ばしたりして、火の燃える音や熱い感じの表現を工夫しています。
c0146127_15182425.gif
 みんな『あついっ!』『あちぃー!』とか言いながら、出来た絵を外にいるお母さんの所へ持っていきました。

焼き芋の具合は、竹串もスッと入った所で試食。ん〜OK! 大きいのは包丁で切って、小学生も集まって来た所で『いっただっきまぁ〜す!』  『うっめぇ!』『あっつ♨!』『何個食べていいの?!』と、芋姉さん・芋兄さんたち。中が黄色く輝いた色のが特に甘くて美味しかったようです。
c0146127_15321342.gif
 『オレ8個食べた!』なんて子もいて、身も心も温まった所で、小さくなった炎にみんなで順番に薪をくべていきます。もう日も暮れて焚き火の炎も赤々と、火の粉も空に舞い上がるのが見えてきました。「火に形ってある?」『ある・・・? ない!』「うん。でも、絵には?」 『描ける!』 もうみんなやる気満々です!
<自分の炎を描く>という事で、絵の具の好きな色2色を画面にたっぷり出し、手の指の表裏を使いながら、踊る炎をそこに表していきます。
c0146127_15455940.gif
 自分の炎が出来たら、炎の手で友達と握手!燃える友情?!『キャー気持ちい〜』 一旦手を洗ってから火でたっぷり塗った絵の具を乾かします。『わぁ湯気が!』「燃やさない様にね!」気を利かせてお家からマシュマロと竹串を持って来た子がいて、みんなに配ってくれて、少しの間 焼きマシュマロタイム!またみんなの目がキラキラ輝きだします。上手にあぶったマシュマロを口に入れると トロ〜リトロけてみんな病み付きになりそうな勢いです。
c0146127_1603074.gif
 充分に炎を体感した所で、自分の炎を更に熱くしていきます。まずは、幼児同様に<薪>をクレヨンと墨で塗ったもので作ります。
c0146127_164790.gif
自分の道具を用意して、炎の周りや中を 水で延ばしたり色を重ねたりしていきます。
c0146127_1610108.gif
 満足のいく炎になったら切っておいた薪を貼付けていきます。
最後にパチパチいうあの音を金や銀の絵の具で表現しています。
c0146127_16165355.gif
 みんなが心で感じて出来た炎の表現です。青や緑の火は印象がまた変わって面白いですね。
c0146127_16244315.gif

c0146127_16241791.gif
c0146127_16254058.gif
    上中右画像は本人の希望により載せました。正に炎と一体化!?
 
 実態のつかみにくいものでも、音や匂い、温度や湿度などからそれ自体を感じ、それを何でどう表すのかが<表現>の面白さで、そういう事を感じながら形にしていけたら世界はどんどん広がっていくんじゃないかな・・と、日々思っている次第です。
                
                   言葉を超えた世界・・・。

 前回のブログの最後に、今年も咲いた皇帝ダリアを載せました。昨年にも増して背も高く、つぼみも沢山付けたその皇帝ダリアが、先週19日の暴風雨で根元から倒れてしまいました。寄せ木にしていた竹が古くて折れてしまったのです。翌日、いたわる気持ちで茎を立て直したとき、無理が掛かったんでしょうね、ボキッ!っと鈍い音を立てて根っこが折れてしまったんです。それからは案の定、時間とともに葉がしおれていきました。 こんな事なら起こさなきゃ良かったと悔やみました。
c0146127_16543887.gif
 あれから1週間、上の方のつぼみはほとんど切ってしまったのですが、何と、残っていたつぼみから2輪花が開いたんです!完全には死んでいなかったんですね。
<皇帝ダリアの法則>は事故をも含んで<法則>と言えるのかも・・・と、大いなる<法則>という 人の力を超えたそのものに、希望の光を感じ始めています。
[PR]

by zoukeinomori | 2011-11-27 16:41 | 絵画 | Comments(0)