<仲秋の名月> 9月の活動 ーその2(10/2号)

 10月になったとたんでした!外に出ると、キンモクセイの甘い香りが どこもかしこも・・・。柿の実も色づきはじめ、秋本番です! 1週間前、田んぼ道を散歩するとトンボだらけで、歩いていても帽子や手にとまる有様。下右画像、左のはお尻から卵がこぼれているんです。♡に見えても、実は喧嘩しているみたいでした。
c0146127_15283112.gif
 さて今回は 9/12の活動で、この日は正に<仲秋の名月!>ってことで、満月の絵を描きました。
「お月様って何か住んでるのかなぁ?」『うさぎー!』と、他の子が『あれはね、ウサギに見えるけど、おばあさんとか違うものにも見えるんだって!』 などと月への想いを寄せつつ、丸く切った紙にみんなで尻取り絵をして絵のウォーミングアップ!「ウサギ→ギター→アリ→リス・・・」最後は文字まで出て来て・・・。「それでは自分で満月の形を切り取って、中に好きな絵を描きましょう!」しっかりウサギがお餅つきをしている絵を描く子が居れば、字が面白くてそれだけの子も・・・。
c0146127_15525542.gif
 いよいよお月様に色をつけます。5種類の黄色を用意し、自由に塗らせます。
「満月の晩はね、地球と月が引っ張り合う力が強くなって、海の水もすごく高くなって、動物たちもじっとしていられなくなって踊り出しちゃうんだって!」と、画面には自分で考えた何かが踊っている絵をクレヨンで描く事にしました。月をどこに置くか考えながらやる子も・・・。
c0146127_166987.gif
 絵が出来たら、薄い墨を刷毛でたっぷり塗って全体を夜にします。
「月夜は暗いけど明るいんだ!」と、自分の絵の具から好きな色3色をパレットに出し、多めの水で溶いて<夜>にたらしたり塗ったりしていきます。
             タオルで水気を取ったら満月を貼付けて完成です。
c0146127_16183126.gif
 地球と月の空間を感じる様なものあり、哀愁を感じるものあり、月を破壊して楽しむものあり・・・。
c0146127_1624137.gif

 小学生にも満月の夜のお話。ドラゴンボールの孫悟空の話から始まり(知らない子もいましたが)、オオカミ男、ポニョ等々、交通事故も満月の晩が多いとか! 引力の関係で、動物たちの血が踊るわけです。
 さて、貼付ける満月の形を何か丸いもので型どりして切り取ります。そこにキラキラが入った和室の壁材をまき、水をたらして広げ、更に月らしい彩色を施します。
 画面には、深みのある月夜にするために、まず好きな色3色のアクリル絵の具をチューブからたらしておきます。
c0146127_16471945.gif
 出した絵の具をペインティングナイフや金ノコの刃でバターを塗る様に延ばしていきます。混ざって色が濁っても、表面の絵の具を取れば、初めに紙に染みた鮮やかな色が出て来るのがアクリル絵の具の特徴です。
c0146127_16533497.gif
 絵の具を乾かしているうちに、地球である大地と、そこにたっている建物や生き物、または空に飛んでいるものなどを満月の引力を意識して、いろいろイメージしてもらいます。それを紺の色画用紙にシルエットになる様に鉛筆で描いてから切り取ります。
 厚塗りの絵の具はなかなか乾かないので、頑張ってドライヤーで乾かします。その上から薄墨と青系の絵の具をたらして夜の空にし、切り取ったものをノリで貼って構成していきます。
c0146127_1793290.gif
 最後に大地から遠い所に満月を貼り、その輝いた感じを薄く溶いた金色を塗って表します。タオルで水分を取ると、金色だけ残るんです!                             それぞれの仲秋の名月の夜の完成です。
c0146127_1713447.gif
 よーく見るとそれぞれの絵には物語があって、面白いんです。
 魔女やペガサス、人工衛星、ロケット、動物等が飛んでいて、地上には富士山、東京タワー、ウサギの餅つきやその行列など、様々です。
c0146127_17194593.gif
 鉛筆であまり細かく書き過ぎたものは切り取りきれなくて、よーく見るとウサギたちがいっぱいいるのが分かります。
c0146127_1723348.gif
みんなの描いた絵を見ていると、何だか体が引き寄せられてしまいそうになります!

 この12日の晩は、よく晴れて大変美しい満月が見られました。教室のお迎えがいつもより遅い子がいて、心配していた所にお母さん「お団子がどこも売り切れで、ジャスコに予約して来たもんで・・・」 お月見団子を食べるんだ!って言う子がけっこういました。うちは何も無かったのですが、そんな中1人のお母さんから戴いた乙なもの・・・京都の砂糖菓子(下左)。下中は0時頃。こんな夜中に飛行機雲? しかも2本 南の方角に・・・不思議な夜! 下右は翌日、天気豪雨!
c0146127_1743093.gif
下写真は本日10/2 午前中、この辺りを散歩して見つけた秋。涼しさのせいか、あれだけいたトンボがほとんどいなくなっていました。
左から、風にゆらゆらコスモス畑の一輪。/  落ちてたイガを割ったら出てきた
巨大栗!/  この辺りは道端に所々群生している曼珠沙華。
c0146127_17512670.gif
 そば畑、満開の時。/ 野アザミでしょうか、イソギンチャクみたいな・・・。/ 田んぼの上の道、やけにハチが多いなぁと思ったら ワァ〜! 初めて肉眼で見た黄色スズメバチの巣! ど、どうしよう・・・?!
c0146127_17594740.gif
 下は 9/11の十五夜1日前のこの近くの夕暮れです。9/11と言えば震災からちょうど半年。先日、原発の隣にある富岡町出身の短大の生徒が、実家に荷物を取りにいった時の携帯の写真を見せてくれました。見るからに普通の家庭の家の中。でもそこに写っていたのは 3月11日から時間が止まったままの姿。干されたままの洗濯物、一人暮らしのために用意した荷物。そしてその時着た貫頭衣の様な薄っぺらい簡単な防護服姿・・・「10/8にまた帰るんだ!」と屈託のない表情で話していました。 石巻の実家が全壊した生徒が同じクラスにいた事も知り、身近な女の子が、この若さで背負ったものの大きさを察すると、切なくなりました。

       地球から見る月は、何も変わっていないのに・・・。
c0146127_18321316.gif

[PR]

by zoukeinomori | 2011-10-02 16:24 | 絵画 | Comments(0)