<セミを作る> 8月の活動ーそのⅠ (8/27号)

 昨日の午後のゲリラ的豪雨はすごかった!私はちょうど、足立区の学校からの駅に向かう帰り道で、簡易な折り畳み傘は全く意味がなく、池の中を歩いて来た様な感じでずぶ濡れ。東武線のホームでとりあえず靴下をしぼれるだけしぼる事くらいしかできず、JRに乗る頃は、冷房で体が冷たくなっていて、誉田に着いた頃は冷えきっていた。お隣りの市原では1時間に85.5ミリの雨量で史上最多だとか!
 今日は曇り空で涼しいが、そんな中でもセミの鳴き声は必死なほどにすさまじい。ほとんどがミンミンゼミとアブラゼミだが、ツクツクボウシも鳴き出し、晩夏を感じさせる。8月の初め頃の鳴き方とは、懸命さが違う様に聴こえるのは気のせいだろうか・・・。

 ブログ、やっと<8月の活動>になりました。8/1の活動・・・随分前の様な気がします。<セミ>を作りました。まず皆さんご存知、エリック・カールの「はらぺこあおむし」の絵本をみんなに見せながら読んで聴かせます。なんど読んでもステキな本です!アオムシが葉を食べて太って、サナギになって蝶になります。 
 続いてセミの話をするのに、生きた本物が手に入らず、抜け殻と死骸だけでしたが、見せながら「セミにもアオムシと同じ幼虫時代があってね・・・」と抜け殻を見せると『知ってるー!』って、みんな。「じゃ今から自分ゼミの幼虫をこの紙コップで作るので、マジックやクレヨン、絵の具で模様を描いていこう!」
c0146127_17251711.gif
 頭の方の模様ができたら、もう1つのコップにはお尻の模様を描きます。本物のセミのお尻を見ると段々になっていました。頭とお尻を接着する前に、足を作ります。「セミの足は何本かな?」自信を持って『6ぽん!』と言える子がいました!(居るんです幼児にも昆虫博士が!)アルミの針金を3本切って、キリで穴をあけた穴に通し、中からテープで固定します。そうしたら、子どもに指定された様にキャップに描いた目と、胴体をグルーガンで私が接着します。 立ち上がると生きているみたい!
c0146127_17362761.gif
 幼虫が完成! 続いて羽を作ります。「セミの羽って何枚かな?」『2まい!』って言う子と『4まい!』って言う子に分かれます。死骸のセミの羽をめくると、中に小さな羽がもう2枚ありました。「4枚が正解!」1枚ずつクリアファイルを配り、マジックで大きな羽と中くらいの羽を1枚ずつ描きます。セミの羽をよく観察すると葉っぱと同じ様に迷路がありました!みんなのにもそれぞれ面白く迷路を描いてもらいます。描けたら裏返すと、描いた線が透けて見えるので、それをなぞって同じものを描きましょう。
c0146127_175089.gif
 さて、クリアファイルをしっかり持って、羽の形をハサミで切り取ります。1枚を切ると、2枚の羽になりますね。羽が4枚で来たら、中を自由にマジックで塗りましょう!
c0146127_17542182.gif
 羽ができたら、幼虫の背中に付けます。小さい羽から順番に子どもと一緒にグルーガンで接着します。そして、それぞれの自分ゼミができました! 外の鉄棒の脇にとまらせてみます。羽を広げて飛んでいこうとするセミも・・・!
c0146127_17595226.gif
 これだけ大きなセミが、こんなに沢山とまっていると、怖い・・・かと思いきや、ユーモラスで、きれいで、愉快な感じがしてきます!セミは成虫で大人ですが、なんだかにぎやかな子ども達の様です。さすが、自分ゼミを作っただけの事はある!
c0146127_1841321.gif

 小学生もはじめに「はらぺこあおむし」を読んでからの導入です。「セミは幼虫のとき7年間も土の中で生活して、成虫になったら2週間しか生きられない・・・。そう!今の1年生と同級生ってことだね!」 まずは幼虫を作ります。ペットボトルにアクリル系の絵の具を入れ、中に色を回して着けます。キャップの方をお尻側として、マジックやポスカで自分ゼミの模様を描いていきます。
c0146127_2127373.gif
 突然、近くを散歩していた生徒のお父さんが「今近くでセミが羽化している!」と飛び込んできました。「えぇ〜?まっさかぁ!まだ全然明るい夕方の5時なのに・・・。」とにかく、みんなで見に行く事に!「ホ・ホントだ!なんてタイムリィ!」初めて見る子がほとんどで『スッゲー!』とか『キレ〜!』とか・・・。5分くらいで丸まっていた羽が伸びました。
 でも、こんな時間になぜ??アブラゼミ君?! 何だか神がかり的です!
c0146127_21384179.gif
 何だか皆あのセミにパワーをもらえたようで、雰囲気がセミセミして来た ような・・・。次に足作りです。幼児同様アルミの針金をそれぞれ切って、キリで穴を開けたところに通し、外れない様にビニールテープで固定します。出来たらキャップで作った目をグルーガンで接着します。これで幼虫の出来上がり!
c0146127_21494817.gif
 「さぁ!みんなのセミも羽化させよう!」死骸とはいえアブラゼミの羽を観察してみると、ただの茶色だと思っていたのに、迷路の様な葉脈の様な線が何とも美しい黄緑色をしている事に、見た子はチョーびっくり!羽の大きさや枚数も確認して、それぞれクリアファイルに描いていきます。中にはかなり時間を掛けてステンドグラスの様な感じに・・・。
c0146127_21593967.gif
 下画像の子は、羽根の形もよく観察して、色も左右対称。こだわっています!
       羽をグルーガンで着けたら腕にとまらせて、「ハイ・ポーズ!」
c0146127_2245484.gif
 ほとんどの子が500mlのペットボトルで作ったので、ツクツクボウシやヒグラシの様な細身ですが、下中左側の子だけ、1Lボトルだったので、クマゼミの様なバランスがまた いい感じです。   まるで、自分の分身のよう・・・!
c0146127_22105915.gif
 一見皆同じような形に見えても、よく見るとボトルにもいろいろな形があり、色などの印象からも、作品の持つキャラが何となく作者に似ている様に思えるから不思議です。口はクリアファイルの余りで作りました。このセミたち、腕にもとまりますが、お家ではカーテンやのれんなどにとまっています!そしてこのセミは、今年の夏の思い出を吸って、みんなの心に静かな声で鳴いているそうです・・・。
c0146127_22221575.gif

 下画像は、8月前半のアトリエから近くの田んぼ辺りの風景。左から、去年のこぼれ種からここまで育った朝顔。・稲の花がちょうど咲いた!・カラスウリの不思議な花は早朝咲いてすぐしぼむ。・落ちたばかりの鮮やかな色の山栗のイガ
c0146127_22292983.gif
 上画像から約10日後の田んぼの風景。・稲は穂をたらし始めた。おいしいお米が出来ます様に!・<瓜坊!>って感じの可愛いカラスウリがもう出来てました。
・見事なまでのコガネグモとその巣・今年生まれたであろう、小さいけど丸々したアマガエル
c0146127_2238240.gif
 画像だけ見ると、むか〜しからある、何でもない当たり前の、のんびりした田舎の夏の風景です。

 昨日26日、菅首相が退陣しました。 震災以降、壊れた心やモノの回復・復帰・復興、汚染されたものの処理、保証問題、原発等々・・・そこのところだけでも山の様な途方もない課題が進行形で終わりが見えない今の日本。 誰が首相になってもどうこう言える立場ではないが、当たり前の四季の暮らしを取り戻すべく、未来のために、党利党略・私利私欲を捨て、一致団結するべき時が今だという事に・・・気が付けないものか・・・

 7年後、14年後、21年後の夏・・・今日と同じ様に、けたたましく蝉が鳴いています様に・・・。
[PR]

by zoukeinomori | 2011-08-27 18:11 | 立体 | Comments(0)